【骨格スタイル別で調和するステンレスウオッチを提案】プロが教える!時計を"もっと"楽しむための雑学 vol.2 | Watch LIFE NEWS|ウオッチライフを楽しむ時計総合ニュースサイト

【骨格スタイル別で調和するステンレスウオッチを提案】プロが教える!時計を“もっと”楽しむための雑学 vol.2

 時計修理技能士の資格をもつ現役のイメージコンサルタントが、様々な視点からおすすめするコーディネイトや、色と時計に関する雑学をわかりやすく発信する同企画。
 第2回目は三つの“骨格スタイル”別にあった時計とイヤリングを紹介していきます。

 骨格スタイルとは、持って生まれた骨格を基に“ストレート”、“ウェーブ”、“ナチュラル”の3パターンに分類されます。この骨格によって、筋肉・脂肪のつき方などが変わってくるのです。
 また自身の骨格タイプを知ることで体のどの部分が重くなり目を引きやすくなるか(重心)がわかり、見合ったネックレスの長さ、素材感などがわかりやすくなります。

 ストレートタイプは筋肉がつきやすく、上半身と下半身のボリュームが均等です。筋肉より脂肪がつきやすいウェーブタイプは骨が細く華奢な体型で、バランスは重心が下です。そしてナチュラルタイプはしっかりとしたフレーム感のある体型が特徴。腰の位置が高く、上に重心があります。
 簡易的ではありますがこのように骨格スタイルを見分けることが可能です。

 今回はハミルトン協力のもと骨格スタイル別に時計をピックアップ。
 骨格別のおすすめの時計をイメージしやすく、デザインのまったく異なるモデルを選びましたので参考にしてみてください。

 

》骨格ストレートタイプ

■ボルトン。Ref.H13321611。SS(23.5×27.4mmサイズ)。5気圧防水。クォーツ。7万400円

 カシミアやレザーなどのハリ感のある素材を着こなすのが得意な“ストレートタイプ”。クラシックな革ベルトを上品に着けこなせます。
 イヤリングは正統派のデザインや直線を意識して選び、重心はジャストウエストがスタイルアップして見えます。

 

》骨格ウェーブタイプ

■レディ ハミルトン ヴィンテージ。Ref.H31271113。SS(14.5×28.4mmサイズ)。5気圧防水。クォーツ。6万500円

 シフォンやサテンなどの柔らかい素材を着こなすのが得意な“ウェーブタイプ”は、華奢なブレスレットタイプの時計をキュートに着けこなせます。
 イヤリングは曲線や繊細なデザインを意識して選び、重心はハイウエストがスタイルアップして見えます。

 

》骨格ナチュラルタイプ

■カーキ ネイビー スキューバ。Ref.H82221310。SS(37mm径)。10気圧防水。クォーツ。8万3600円

 エコファーや麻などの天然の素材を着こなすのが得意なナチュラルタイプ。大き目フェイスのラバーベルトをかっこよくつけこなせます。
 イヤリングは存在感のある大きさで素材感を重視して選び、重心はローウエストがスタイルアップして見えます。

 

 今回は時計の素材をステンレスで選んでみました。次回はピンクゴールドカラー素材を骨格スタイル別で紹介します。

【時計の問い合わせ先】
ハミルトン / スウォッチ グループ ジャパン
TEL.03-6254-7371
http://www.hamiltonwatch.com/ja-jp


文◎伊藤むつよ
時計修理技能士資格をもつ、異色のトータルイメージコンサルタント。長きにわたり百貨店、ブティックで時計・宝飾に携わる。豊富な知識とイメージコンサルティングを融合させた、“あなただけのアイテムとの出会い”をロジカルに提案する、新しいサービスを広めるべく全国を回る。

Instagram◎mutsuyo.ito_parakeito

オススメ記事

  1. 【WLN女子部】インスタ“#女子時計部”のハッシュタグで話題、女性の時…

  2. 【WLN女子部実機レビュー・前編】人と被らないスマートウオッチを楽しむ…

  3. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第12回「デン…

  4. 【パーソナルカラー別オンオフコーディネイトを提案】プロが教える!時計を…

  5. 【“私らしく”を叶える】働く女子に向けた新しい“カシオ シーン チタン…

  6. 【WLN女子部の“スマートウオッチ”レビュー・後編】女性におすすめ、“…

  7. 【WLN女子部発】女性がときめくブルー文字盤3選

  8. 【WLN女子部発】PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計