【1970年代に最盛期を迎えたダイバーズウオッチ】普及の立役者はスイスのケースメーカーだった!?

 高い防水性を備えた本格的なダイバーズウオッチが登場したのは1950年代。多くの人がご存じのロレックスが発表したサブマリーナー(53年)がその最初と言われている。その後、いくつかの時計メーカーが本格的なダイバーズウオッチを発表していることはしていたのだが、その数は多くなかった。なぜなら開発には非常に高い技術力を要したためだ。

 しかし、その後の60年代から70年代にかけて、ダイバーズウオッチは急激に数を増やし、“最盛期”と言われるほどに市場が拡大している。技術が進化したということも理由としてあるのだが、実はこの背景にはあるケースメーカーの存在が大きく関係しているとも言われる。

 そのケースメーカーというのが、スイスのERVIN PIQUEREZ S.A.(以下EPSA社)である。
 同社は50年年代半ばに画期的な構造で高い気密性を実現したコンプレッサーケースの特許を取得。そして同社はこのケースを様々な時計メーカーに供給したのである。これにより、様々なブランドからダイバーズウオッチが発表されたというわけである。このなかにはIWCやロンジンといった有名ブランドから、エニカやオルマといったマイナーブランドまである。

EPSA製ケースを採用したブランド(一部)
アルピナ/ベイラー/ベンラス/ブランパン/ブヘラ/ブローバ/ドロー/エドックス/エニカ/フォルティス/ジラール・ペルゴ/グライシン/ハミルトン/IWC/ジャガー・ルクルト/ル・シェミナン/リップ/ロンジン/ニバダ/グレンヘン/オルマ/テクノス/ティソ/ユニバーサル ジュネーブ/ウィットナー/ゼニス…etc.

 なおこのスーパーコンプレッサーケースは文字盤内に回転リングを備えており、その操作用と時刻調整用で二つのリューズを有していたため、ひと目でそれとわかるフォルムとなっている。探してみると、似たケースフォルムをもつダイバーズウオッチをかなりの数、見つけることができるはずだ。

EPSA社の潜水夫モチーフ。同社のケースにはこのモチーフが刻印されている

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【個性際立つ国産時計界の異端児】誕生70周年を迎えたオリエントが生んだ…

  2. 【ビギナー必見】アンティーク時計の選び方講座|第1回 防水

  3. 【第2回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|1970年代に誕生したラグジ…

  4. かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第3回|カルティエ パシャ …

  5. 【ロレックス】通信 No.011|え、ロレックスが20万円台から狙える…

  6. かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第4回|ゼニス レインボー …

  7. チューダーなど、古典的な味わいをグッと深める“くさび形インデックス”の…

  8. 10万円台から狙えるアメリカンウオッチ「角金時計」の魅力!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計