インタビュー ロレックス ロレックス通信 小スライド 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

「ロレックス認定中古プログラム」海外の業界関係者が指摘するメリットとデメリットとは!|菊地吉正の【ロレックス通信 No.240】

2024/3/3

2022年12月に突如としてロレックスが発表した“認定中古プログラム”。日本での実施は見送られているが、ヨーロッパを中心に展開されている。 当連載では実施から7カ月後の現地の状況について、実際に実施店舗に行ってきたという人の話として2023年7月30日の当連載で取り上げた(関連記事参照)。そして今回は視点を変えて、そもそも海外はこの認定プログラムについてどう見ているのかを紹介したい。 話を聞いたのは、ドイツに本拠を構え、毎月900万人が利用する世界最大級の高級腕時計のECサイト“クロノ24(Chrono2 ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【スイスの高級時計“フランク ミュラー”世界限定50本】植物モチーフの新作登場

2024/3/2

スイスの高級時計ブランド“FRANCK MULLER (フランク ミュラー)”は、太古から生命の再生を繰り返し、悠久の時を刻む植物の時間を表現した“ロングアイランド マザー オブ パール ダイヤモンド”を発表。世界限定50本で2024年3月1日に発売を開始する。 【ロングアイランド マザー オブ パール ダイヤモンドの画像を見る】 圧倒的な技術を元に“時の哲学”“洗練された美学”そして“卓越した遊び心”といった精神性を融合させたタイムピースを次々と生みだすフランク ミュラーの新作は、植物たちの時間、豊穣な ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【高級時計の最高峰“トゥールビヨン”を二つも搭載!?】虹色に輝くユニークピース

2024/3/2

スイス高級時計ブランド“LOUIS MOINET(ルイ・モネ)”は、2024年秋に発売予定のユニークピース“アストロネフ テクノ”を発表した。 【新作“アストロネフ テクノ”の画像をもっと見る】 ルイ・モネが掲げる四つのバリュー、“独自性”“創造性”“アート&デザイン”“希少性”を象徴するニューモデル“アストロネフ テクノ”は、伝統的な時計製造の技術と現代のマイクロエレクトロニクスを融合し、機能とビジュアルの両面を堪能することができるユニークピースだ。 半導体の基板に使用されるシリコンウエハーを使用した文 ...

ReadMore

スペシャル スペシャル タイアップ記事 人気の記事 小スライド

【“ハミルトン” ×ミリタリーウオッチ】“カーキ”シリーズの歴史と魅力を深掘り

2024/3/2

PR:HAMILTON 1892年にアメリカのペンシルバニア州で創業。現在はスイス製の本格時計として幅広いユーザーの支持を集めるハミルトン。ビジネスシーンにもマッチする“ジャズマスター”、エルヴィス・プレスリーも愛用した“ベンチュラ”など、多彩なコレクションを展開しているが、なかでも同社を象徴するモデルとして人気を集めているのがフィールド、アビエーション、そしてネイビーと三つのコレクションを展開する“カーキ”だ。 今回の記事では、アメリカ軍のオフィシャルウオッチサプライヤーとして信頼性の高いミリタリーウオ ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【スイスの時計ブランド“ノルケイン”】二つの限定モデル、モチーフはスイスの山々

2024/3/2

2018年創設のスイス時計ブランド“ノルケイン”は、大自然に挑むスリルの体現をコンセプトとする“Adventure Sport コレクション”より、二つの数量限定モデルを発表した。   【ノルケイン新作2モデルの画像を見る】 スイスの山々からインスピレーションを得たNORQAINパターンの文字盤が特徴の“Adventure Sport コレクション”。文字盤を鮮やかなセルリアンブルーで仕立てた“Adventure Sport Chrono 44mm Limited Edition”は、ブラックD ...

ReadMore

OUTLINEニュース 小スライド 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

【4万円台大ヒットの理由】7カ月ぶりに再入荷した“2レジスタークロノ”を菊地吉正が「YouTube」で徹底解説|OUTLINEニュース no.133

2024/3/2

昨年7月にリリースした腕時計の人気セレクトショップ“チックタック”とアウトラインとの限定コラボ企画第3弾“2レジスタークロノ”。おかげさまで、チックタック店頭でも発売後あっという間に完売となるモデルが出るなどかなり高い評価をいただいた。 そのため昨年8月より買えないという状態が続いていたが、このほどようやく再入荷。7カ月ぶりに3月4日(月)よりチックタックの店舗とオンラインショップで販売が再開される。そこでまずは店頭で評価の声が高かった横二つ目のレトロ顔と37.8mm径の絶妙なサイズ感を実機で確かめていた ...

ReadMore

-特集記事- スペシャル スペシャル 国産時計 小スライド 新作時計ニュース 特集記事

【隕石の裏ブタ×アベンチュリン文字盤!?】東京、西荻窪発の国産時計ブランド最新作

2024/3/1

PR:THE NISHIOGI 製造機器が発達したことにより、従来よりも製造コストを抑えながら高品質な時計を製造することが可能となった近年の時計界。10万円〜20万円台と、頑張れば手が届く価格帯で、ひと昔前であれば一部の高級時計で使用されるような素材を採用した時計が数を増やしている。 ハンダウォッチワールドが2022年に創設した“THE NISHIOGI (ザ・ニシオギ)”も、そんなブランドのひとつ。ザ・ニシオギは文化人に愛された歴史、高級住宅街と雑多なカルチャーが混在する文化風土など、同社が本拠地とする ...

ReadMore

OUTLINEニュース 小スライド 編集部セレクション 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

【安っ! 2万8800振動の高性能機で4万円台】60年代の特殊ケースを使った潜水時計を再現|OUTLINEニュース no.132

2024/3/1

いよいよ3月、ということでこれから迎える春に向けたアウトラインのオススメモデルをひとつ紹介。古典的で落ち着いたデザインのため、ビジネスシーンでもさりげなく着けて楽しめるうえ、ほどよいスポーティさを兼ね備えたコンプレダイバー1960である。 コンプレダイバー1960は、1960年代に開発されたコンプレッサーケースと呼ばれる防水ケースを使って作られた潜水時計、通称コンプレッサーダイバーを再現したモデルである。 防水ケースの開発が難しかった当時、ロンジンやジャガー・ルクルトといった名だたるスイスの時計メーカーも ...

ReadMore

タイアップ記事 国産時計 小スライド 話題のトピックス

【創業120周年!】横浜の老舗時計店が手がける機械式のオリジナルウオッチに注目

2024/3/1

PR:IDA Watch ルースターは、明治36年(1903年)に横浜元町で井田友太郎が創業した井田時計店を原点とする“IDA Watch”のオリジナルブランドだ。“腕時計”というアイテムをライフスタイルの中で身近に感じ楽しんでもらえることを目標に掲げ、手の届く価格で品質の高いクラシックウオッチを生み出している。 【画像】120周年記念モデルの画像をもっと見る 今回注目したレトログラフM120は、井田時計店の創業120周年を記念した特別なモデルだ。10年ほど前に発売されたモデルから特徴的な縦長の楕円形ケー ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【復活したスイスの高級時計“ダニエル・ロート”】LVMHウオッチウィークで新作発表

2024/3/1

独立系時計メーカーの先駆者である“ダニエル・ロート”は、LVMHウオッチウィーク期間中にメゾン復活の一環となる新作“ダニエル・ロート トゥールビヨンスースクリプション”を発表した。 【“ダニエル・ロート”1990年頃の時計をもっと見る】 フランスの時計職人の家庭に生まれ、オーデマ ピゲなどで修業を積んだのち、ブレゲに採用されブランドの再開発を率いたダニエル・ロート。1988年に立ち上げた自信の名前を冠したブランド“ダニエル・ロート”が“・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン”の支援を得て発表した“ダニエ ...

ReadMore



編集部チョイス

【TiCTAC限定コラボ】アウトライン “GMT-1950”がいよいよ9日全店舗先行発売こちら

週間アクセスランキング

PICK UP

人気の記事

1

先週14日に世界の経済、金融情報を配信するブルームバーグが「ロレックスなど中古高級腕時計、2年ぶり安値-さらに下落の可能性」と題した記事を掲載した。読んだ読者も多いのではないか。 ロレックス、パテック ...

2

国内外から小規模独立時計メーカー170社以上を掲載 “MICRO BRAND攻略BOOK”が発売開始 時計界の新たな勢力として存在感を増している“マイクロブランド”。日本ではまだ耳なじみのない言葉です ...

3

時計大好き、Watch LIFE NEWSの営業担当、寺田がお届けする実機レビュー企画。第2回は、自身が所有する1番のお気に入りのクロノグラフ“オメガ・スピードマスタープロフェッショナルRef.310.30.42.50.01.001(ヘサライト風防モデル)”をレビューします。

4

見取り図 リリー/芸人 1984年6月2日、岡山県出身。2006年にNSC大阪校に入学。盛山晋太郎と出会って07年に漫才コンビ見取り図を結成。14年には「THE MANZAI」認定漫才師に輝き、18年 ...

5

昨年スタートした“アウトライン”と全国に40店舗以上を展開する人気セレクトショップ“チックタック(TiCTAC)”とのコラボレーション企画。その第4弾最新作が“アウトライン GMT-1950”である。 ...

6

近年、5万円前後までの手頃なカジュアルウオッチでもチタン、カーボン、セラミックなど様々な外装素材が用いられるようになった。なかでも、注目を集めているのがチタンである。実はチタンが時計業界で使われはじめ ...