国産時計 小スライド 新作時計ニュース

【“カシオ”時計事業50周年記念】G-SHOCKからカシオトロンまで、6ブランド横断モデル“スカイアンドシー”とは!?

2024/5/22

カシオは、時計事業50周年を記念するブランド横断モデル“Sky and Sea(スカイアンドシー)”を発表。“CASIOTRON(カシオトロン)”“G-SHOCK(ジーショック)”“OCEANUS(オシアナス)”“EDIFICE(エディフィス)”“PRO TREK(プロトレック)”“BABY-G(ベイビージー)”の6ブランドより、明るい光が降り注ぐ空と海を表現したモデルを発売する。 【画像】ブルーとゴールドのアクセントが光る6モデルを全部見る 1974年に、デジタルウオッチとして世界初のオートカレンダー機 ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【日本発のファッションウオッチ“エンジェルクローバー”】ブランド15周年を記念するスペシャルセットを発売

2024/5/22

“SENSE OF FUN(遊び心)”がコンセプトの腕時計ブランド“ANGEL CLOVER(エンジェルクローバー)”は、ブランド創立15周年を記念したスペシャルセット“TIME CRAFT DIVER AUTOMATIC-15th ANNIVERSARY LIMITED SET(タイムクラフト・ダイバー・オートマティック‐15周年記念限定セット)”を発表。2024年5月20日に、公式オンラインショップでの販売を開始した。 【画像】フルスケルトンの文字盤と交換用のベルトをもっと見る 2009年の誕生以来、 ...

ReadMore

ダイバーズウオッチ アイキャッチ画像

ライフスタイル

10万円以下も【200m~300m防水】国産ブランド・セイコーなどダイバーズウオッチ

2024/5/22

アウトドア、マリンスポーツのシーンに活躍するダイバーズウオッチ。人気であるがゆえ、各メーカーからさまざまなダイバーズウオッチが登場しており、結局何がいいのかわからない、とハードルを高く感じている方もいるのではないだろうか。今回はダイバーズウオッチ初心者が入門編として手に取りやすいダイバーズウオッチを紹介していく。 【基礎知識】ダイバーズウオッチとは?人気の理由 ダイバーズウォッチとは、200m以上の潜水に耐えられる防水性と防圧性、耐衝撃性、時間管理システムなどの項目をクリアしているもの。国内ではJIS規格 ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【世界限定1200本、オシアナスの20周年記念限定モデル】二つのアナログ電波ソーラーウオッチが登場

2024/5/22

カシオは、アナログ電波ソーラーウオッチ“OCEANUS(オシアナス)”発売20周年記念モデルとして、紺碧の大海原をモチーフにした“OCW-S7000BV”を発表。世界限定1200本を2024年6月14日に発売する。 【画像】全部で2種類、オシアナス20周年記念モデルを見る 2004年に世界初となるフルメタルのクロノグラフ電波ソーラーウオッチとして誕生した“オシアナス”。“Elegance, Technology”をコンセプトに、高度な機能性と洗美しいデザインで人気のブランドに、誕生20周年を記念する限定モ ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【“アニエスベー”ウオッチ35周年記念】全4種類、ブランドのアイコンを取り入れた限定モデル

2024/5/22

セイコーは、35周年を迎えたブランド“アニエスベー”ウオッチより、ブランドの象徴的なアイコンをデザインモチーフにした限定モデルを発表。“ボーダー”をテーマにした2モデルを2024年6月21日に、“星”をテーマにした2モデルを2024年7月19日に発売する予定だ。 【画像】アニエスベーの定番モチーフを取り入れた四つのモデルを見る 1989年の誕生以来、シンプルなフォルムとさりげないディテール、着ける人の個性によって魅力が広がるデザインで親しまれているアニエスベーウオッチ。35周年を迎えた今年、ファンへの感謝 ...

ReadMore

小スライド 編集部セレクション

【昭和レトロな腕時計、ポストヴィンテージの名作に浸る】ブレゲの“アジェンダ”短期間で生産終了となった異色モデル

2024/5/21

機械式時計が復活を遂げた1980年代後半。その原動力となったのが復活した往年の名門であった。高級時計を代表するブランドとして知られているブレゲもそのひとつだ。 同社は天才時計師アブラアン・ルイ・ブレゲが創設した工房を原点としているが、実際には一時期休眠状態に陥っており、70年に経営権を買い取ったショーメにより、高級時計メーカーとして復活。その後、ショーメとともにPPR(現ケリング)に買収され、87年にインベストコープ、99年にスウォッチグループへ買収されるなど紆余曲折を経た歴史をもつ。 70年代後半からは ...

ReadMore

小スライド 編集部セレクション

【昭和レトロな腕時計、ポストヴィンテージの名作に浸る】IWCの異色モデル“GSTアラーム”の魅力を深掘り

2024/5/21

休眠していた名門の復活とともに機械式時計の価値が再評価され始めた1980年代後半の時計界。機械式時計復活の要因となったのがクォーツのカウンターともいえる古典的な機構や伝統的な職人技術であったのは広く知られているが、90年代に入ると機械式時計の需要が高まるにつれてニーズも多様化し、各社がスポーツモデルの開発に力を入れるようになっていく。 この時代にはブランパンのトリロジー、ジラール・ペルゴのGP7000、ゼニスのレインボーフライバックなど、アイコンといえるモデルがいくつも輩出されているが、そんな中で突出した ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【完売した『呪術廻戦』コラボスマートウオッチ】虎杖、伏黒、五条の3モデルで追加生産を決定!

2024/5/21

コラボ専門ブランド“GARRACK (ギャラック)”は、今年3月に発売して完売した“『呪術廻戦』スマートウォッチ”の追加生産を決定。2024年5月27日の一般発売に向け、5月21日より予約受付を開始した。 【画像】呪術廻戦スマートウォッチ、伏黒モデルと五条モデルを見る 『週刊少年ジャンプ』で2018年3月から連載が開始され、シリーズ累計発行部数が9000万部を突破している漫画作品『呪術廻戦』。その世界観を楽しめるコラボスマートウオッチが人気に応えて再登場する。 追加生産となるのは、完売となった“虎杖悠仁モ ...

ReadMore

小スライド 新作時計ニュース

【SEIKO(TMI)の機械式ムーヴメント搭載】10万円以下でコストパフォーマンスに優れた“HEMEL(ヘメル)”の新コレクション

2024/5/21

ニューヨークを拠点に活動を続けるウオッチブランド“ヘメル”は、ブランドの背景を巧みに織り込んだコレクション“Eylandt(アイランド)”を発表。文字盤デザインの異なる5モデルの販売を開始している。 【画像】全部で5モデル、アイランドコレクションの特徴をチェック! かつてオランダ語でとしてニューアムステルダムと呼ばれたアメリカの大都市“ニューヨーク”を拠点に活動を続けるウオッチブランド“ヘメル”。その新たなコレクションは、オランダ系ルーツが色濃く反映され、オランダ語で“島”を意味する“Eylandt(アイ ...

ReadMore

SWATCH_TOP

小スライド 編集部セレクション

【80年代の熱気が蘇る】キース・ヘリングなどアートウオッチ”の魅力とは?いまでは絶版となったモデルも

2024/5/20

歴史と格式を備えている高級機械式時計の世界。近年はカラーダイアルに象徴されるようにデザインの自由度が増しており、アーティストとコラボした個性派モデルもリリースされるようになってきたが、それでもやはり、カジュアルウオッチに比べるとデザインの制約は多い。 70年代以降、クォーツムーヴメントの普及によって拡大した新ジャンルであるカジュアルウオッチは、機械式時計ほどの伝統がない反面で、実験的な表現を行えるという魅力がある。アーティストとのコラボレートモデルも、そうした自由な表現のひとつだ。 今では様々な時計ブラン ...

ReadMore




編集部チョイス

【TiCTAC限定コラボ】アウトライン “GMT-1950”がいよいよ9日全店舗先行発売こちら

週間アクセスランキング

PICK UP

人気の記事

1

時計を作っているなかで「なぜ」と感じた国産汎用ムーヴメントの意外な点についてお届けしている当連載。先週は GMT機能を装備した国産外販用自動巻きが、セイコーとシチズン・ミヨタから2023年になって初め ...

2

近年、海外の時計界では、越境ECによるビジネスモデルを活用することで、小規模の時計ブランド、いわゆるマイクロブランドの創設が増加している。10万円前後の手頃なモデルから高額モデルまで様々なブランドが登 ...

3

この時期に活躍する“トレンチコート”。そもそもこれの由来は何かご存じだろうか。英語のトレンチとは「溝」のことである。 第1次世界大戦は平地が多く、敵の銃弾から身を守るために塹壕(溝)が掘られ、この塹壕 ...

4

PR:IDA Watch ルースターは、明治36年(1903年)に横浜元町で井田友太郎が創業した井田時計店を原点とする“IDA Watch”のオリジナルブランドだ。“腕時計”というアイテムをライフスタ ...

5

昨年7月にリリースした腕時計の人気セレクトショップ“チックタック”とアウトラインとの限定コラボ企画第3弾“2レジスタークロノ”。おかげさまで、チックタック店頭でも発売後あっという間に完売となるモデルが ...

6

PR:HAMILTON 1892年にアメリカのペンシルバニア州で創業。現在はスイス製の本格時計として幅広いユーザーの支持を集めるハミルトン。ビジネスシーンにもマッチする“ジャズマスター”、エルヴィス・ ...