【バーゼル2019】アーティア史上最高の“グランドコンプリケーション”を発表

アーティア史上最も複雜、そして最高級、最高額の製品として過去に製作された2モデル、“3ゴング ミニッツリピーター”と“レギュレーター & ダブルアクシス トゥールビヨン”の最新モデルが、バーゼルワールド2019で発表された。

最新作“3ゴング ミニッツリピーター、レギュレーター&ダブルアクシス トゥールビヨン”

3ゴング ミニッツリピーター、レギュレーター&ダブルアクシス トゥールビヨンは本モデルが最終作となることが公式に発表されている。前作の2本は、既に売れてしまっているので、これが手に入れる最後のチャンスになりそうだ。

【アーティアについて】
アーティアは、45のブランドのプロデュースやデザインに携わってきたイヴァン・アルパ氏(Yvan Arpa)が立ち上げたブランド。これまでウブロ、ジェイコブ、ロマンジェロームをはじめとする人気ブランドをプロデュースし、現在もサムスンのスマートウォッチのデザインを担当している。
アーティアは、先日開催されたバーゼルワールド2019にて、ミニッツリピーターとトゥールビヨンを組み合わせた、同ブランド史上で最も複雑なモデル“グランドコンプリケーション”をリリースした。

正式名称は“3ゴング ミニッツリピーター、レギュレーター&ダブルアクシス トゥールビヨン ゴールド&チタニウム エディション”。3つの鐘で時刻を知らせるリミッツリピーターと2軸回転のトゥールビヨンを搭載している。

独特な形状をしたミニッツリピーターの3つの鐘は、クリアな音色で時刻を告げる。
ミニッツリピーターは、鐘を調整することで、購入後も音色をカスタマイズすることができる。

異なる10の素材で構成された2軸トゥールビヨンは、水平方向に60秒で1回転、垂直方向に30秒で1回転する。

ムーヴメントを製作したのは、コンプリケーションのスペシャリストであるスイスのMHC社。使用されたパーツ数は何と450点で、プロダクションにはゆうに1000時間以上を費やしているとのこと。内部画像を見ると複雜なメカニズムが確認できる。

なお、ミニッツリピーターの澄んだ音色は、すでに公開されている第1作目の動画で試聴できる。

個性的なケースデザインについて、アーティアのオーナー&デザイナー イヴァン・アルパ氏は、1959年に生産されたグレッチのビンテージギター“Bo Diddley”からインスピレーションを得たと語っている。

【問い合わせ】

グローバルブランディング
アーティア 日本公式サイト
http://artya.jp

 

関連記事

  1. ティソから新型アルピーヌの発売を祝う特別版が登場

  2. 端正でシックな印象が魅力。ビクトリノックスの新作時計

  3. ゼロからわかる、大人のデジタル時計選び【第1回-意外に知らないデジタル…

  4. ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

  5. テキサス発の腕時計ブランド“JACK MASON”から日本限定モデルが…

  6. これからの季節にこそ似合うパネライのルミノール マリーナ|SIHH20…

  7. ケーブル充電不要!自動巻き自己充電が可能な世界で最も“スマート”なスマ…

  8. RADO(ラドー)の新作限定モデル、コンセプトは“フグのトゲ”?

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計