新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第5回“ZIIIRO(ジーロ)”

新米女性編集者の松本由紀が、ユーザーの方と同じ第3者の目線で、“ちょっと変わった面白い腕時計”を毎週紹介! 今回はドイツで生まれたカラフルな回転ディスク式ウオッチをクローズアップしてみた。

 第5回目となったこの企画。前回紹介した、グルグル巻きのヒモのような時間表示のナバデザインをはじめ、様々なジャンルのアイテムをセレクトしてきたが、今回紹介するユニークウオッチは第1回目に紹介したピクトと同じ、文字盤が回転するタイプの腕時計、“ZIIIRO(ジーロ)”の“CELESTE(セレステ)”だ。

 ジーロはドイツ人デザイナー、ロバード・ダビ氏が2009年に立ち上げた新進気鋭のブランドで、“時間を楽しむ”ことをコンセプトに揚げてユニークなデザインウオッチを手掛けている。

 手頃な価格のデザインウオッチなのだが、ユニークでありつつシンプル、しかもソリッドなケースの無機質さがモードっぽくて、ヨーロッパではセレクトショップを中心に展開され、男女問わず多くのファッションスタイルにマッチする時計として若者を中心に人気を高めている。

 一番の特徴は、無駄な装飾や要素を排除したミニマリズムをベースに、自然や天体などから着想を得た回転ディスクによる時刻表示を採用している点だろう。一般的な針を使わずに、色で時間を表現したカラフルな文字盤が、圧倒的な個性を放っている。

》ジーロのフラッグシップモデル

 今回紹介するセレステは、自然の偉大さを表現するオーロラの不思議な配色を再現しているモデル。2枚のグラデーションディスクの色の変化によって時刻を表示しており、スタイリッシュな雰囲気を醸し出している。時表示がブルー、分表示をイエローのディスクで示しており、ふたつのディスクが重なった部分がグリーンに変わるユニークな仕組みなのだ。

 多くのデザインウオッチを展開するジーロのコレクションの中でも、セレステはメッシュベルトとケースでパッと見ソリッドな印象を与えつつも文字盤を遊び心あるデザインにすることでユーモラスあふれるイメージに。色の移り変わりを楽しみつつ、ベゼルにインデックスが記されているので視認性も良いので、全体のバランスが素晴らしいと思いセレクトした。今回は特に気に入ったガンメタルとクロム、そしてローズゴールドを紹介しよう。


■CELESTE GUNMETAL / COLORED。SS(40mm径)。日常生活防水。クォーツ。2万3800円


■CELESTE CHROME / PURPLE。SS(40mm径)。日常生活防水。クォーツ。2万3800円

 ローズゴールドは可愛らしいデザインなのでペアウオッチやシェアウオッチとしても使用できるだろう。また、プレゼントとしてもピッタリなモデルだ。


■CELESTE ROSE / GOLD。SS(40mm径)。日常生活防水。クォーツ。2万3800円

 セレステには他に、文字盤にブラックカラーを配色したモデルもある。今回紹介するモデルは不思議な配色を施したモデルのみ掲載しているが、気になった方はブラックが配色された、よりソリッドなモデルも見てみてほしい。

 ファッション性が高いセレステは、スタンダードな3針モデルとは別に一本持っておいても損はないので、ぜひオススメしたい。

文◎松本由紀(編集部)

【問い合わせ】
エックスカントリー
https://xcountry-jp.com/

ジーロ オンラインショップ
https://www.ziiiro-japan.com/

オススメ記事

  1. メンズ腕時計の王道はコレ! 狙い目スポーツモデル特集-フィールドウォッ…

  2. 女性編集者厳選! 梅雨もゲリラ豪雨もへっちゃらな“防水時計”

  3. 【ケースの中身まで実機レビュー】名機レマニア5100の系譜を継ぐ、“ダ…

  4. “スウォッチ”からトロピカルでエネルギッシュな新シリーズが登場!

  5. COVID-19と闘う医療従事者への支援を示すスーパーオーシャン ヘリ…

  6. 【編集部が実機レビュー】日本初上陸のドイツブランド|DETOMASO(…

  7. 大阪発、シンプルでおしゃれな機械式時計“KLON(クローン)”に注目!…

  8. 【京都発】国産時計の新ブランド、KUOE(クオ)ってなんだ?

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計