A.ランゲ&ゾーネ史上かつてないコンセプトの新作【オデュッセウス】

 新生A.ランゲ&ゾーネがアイコンモデルであるランゲ1を含む、第1号コレクションを発表し再出発したのが1994年10月24日のことだ。
 この記念すべき日から25年を数える2019年10月24日(現地時間)、A.ランゲ&ゾーネ史上、かつてないコンセプトの新作“オデュッセウス”が発表された。

 

新しいプロダクトファミリー

 A.ランゲ&ゾーネは現在、ランゲ1、サクソニア、1815、リヒャルト・ランゲおよびツァイトヴェルクという五つのプロダクトファミリーを擁している。

 新作のオデュッセウスは、2009年発表のツァイトヴェルク以来、10年ぶりに登場した六つ目のプロダクトファミリーで、アクティブなライフスタイルに向けたモデルだ。同社の慣例に従い、この時計のためだけに開発されたアウトサイズデイト表示と曜日表示を備えた自動巻きムーヴメントを搭載するほか、特筆すべきはスタンダードモデルとしては初めてステンレススチールケースが採用された点である。

 直径40.5ミリ、厚さ11.1ミリのステンレススチール製ケースはスリーパーツ構成となっており、中央部が少し突出する立体的なデザインが採用された。ブラシ仕上げでツヤを消したケース表面には面取りした稜が鮮やかに浮かび上がるなど非常に凝った造形に加えて、同社で初めてネジ込み式リューズを装備。12バールの試験圧をかけて防水性能を検査した防水仕様のケースだ。

 他方、ステンレススチール製ブレスレットはラグとコマの一つひとつにも表面のブラシ仕上げと角の面取りを施し、全体の調和が図られている。2時と4時位置にある日付けおよび曜日調整ボタンは防水仕様で、ピラミッド状の独特な形状だ。

 さらにブレスレットのフォールディングバックルには、落下防止機構が組み込まれており、最大7ミリまで長さを調整できる。“A. LANGE & SÖHNE”の文字が刻印されたボタンを押して、ブレスレットを引き出したり押し込んだりして調整する仕組みだ。なお、長さ調整のためにバックルを開く必要はなく、さらに必要であればブレスレットのコマを追加して長くすることも可能になっている。

 

立体感のある文字盤

 ダークブルーの文字盤を見ると、まず日付け表示と曜日表示が目に飛び込む。右側におなじみの2窓式ランゲ・アウトサイズデイトが配置され、左側にはそれに対峙するように同じサイズの曜日表示が配置されている。そのフレームの縦の縁は緩やかな弧を描き、ベゼルの曲線と違和感なく調和している。これらの表示の文字と数字はA.ランゲ&ゾーネの時計におなじみの書体だが、このモデルではブルーの背景にホワイトの文字と数字が浮かび上がる。なお、この機構は新たに開発されたもので、99個の部品で構成されている。


 真鍮製文字盤は表面仕上げの異なる複数の層で構成されおり、造形は複雑だ。
 垂直に溝を刻んだホワイトゴールド製のバータイプのアプライドインデックスの背景と、スモールセコンドの目盛り部分には、レコードの溝のように同心円が幾重にも刻まれている。これはアジュラージュと呼ばれる装飾模様だ。

 メインダイアルとサブダイアルの内側にはアジュラージュとは対照的に、光沢のないザラつきを出す仕上げが施されている。外に向かってせり上がるように傾斜が付いたシルバーカラーのリングには分目盛りがプリントされ、12時の位置に赤色でプリントされた60の数字がアクセントを添える。ランゲ独特の槍形の時針と分針はA.ランゲ&ゾーネの他の時計よりもいっそう際立ち、バーインデックスの中心の溝の表面と同じく夜光性となっている。

 

アクティブなシーンにも対応するムーヴメント

 オデュッセウスのために新しい開発されたキャリバーL155.1 DATOMATICを搭載する。ローターに刻まれた“DATOMATIC”という名前は、日付け機構と自動巻き機構の組み合わせを意味する造語だ。またプラチナ製分銅を備えた片方向巻上げ式センターローターを搭載。丹念な手作業で仕上げたムーヴメントのディテールが見えるように、ローターはスケルトンタイプとなっている。

 香箱は、完全に巻き上げると50時間のパワーリザーブを蓄えることができる。外部からの振動や衝撃があっても安定した歩度を約束するため、この新しい自動巻きキャリバーは毎時28,800振動(4ヘルツ)で動き続ける。
 また新しく設計したテンプには、テンワの外側と同じ高さに収められた4個の埋込み式調整用ビスが取り付けられている。この構造により、振動数が高くても乱流の発生が減少し空気抵抗が最低限に抑えられる。その効果と、自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイとを組み合わせることによって、歩度の安定性およびムーヴメントのエネルギー効率が向上するというわけだ。

 

オデュッセウス

型番 363.179
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
サイズ 40.5mm(11.1mm厚)
防水性 最大12気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.L155.1 DATOMATIC)
備考 2020年3月まで全世界のA.ランゲ&ゾーネ ブティックのみで展開予定
税抜き予価 310万円(2019年11月以降発売予定)

【問い合わせ先】
A.ランゲ&ゾーネ
TEL:03-4461-8080

A.ランゲ&ゾーネ公式サイト
https://www.alange-soehne.com/ja/

関連記事

  1. 三越ワールドウオッチフェア 開催中!

  2. 時間に縛られた現代に着けたい、ゆとりを感じられるワンハンドウオッチ

  3. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  4. ドイツ時計に継承される軍用時計のDNA

  5. ドイツの時計ブランド“ドゥッファ”からバウハウス100周年記念モデルが…

  6. GERMAN WATCH.jpサイトプレオープンのお知らせ

  7. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

  8. ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計