新生オリエントスターを象徴するモデルはこれだ!

 1951年の誕生以来、国産時計の伝統を継承するオリエントスター。

 まもなく70年に達する歴史をもつブランドが新たに掲げているテーマが“着ける悦び、魅せる喜び、繋ぐ慶びの三つのよろこびを追求した時計作り”だ。
 そしてこのテーマを体現する旗機として展開されるのが、メカニカルムーンフェイズである。

メカニカルムーンフェイズ
2017年に発表されたブランド初の機械式ムーンフェイズ機能搭載モデル。1971年(昭和46年)に開発されたロングセラー、46系キャリバーをチューンナップした新ムーヴメントを搭載する。また古典的なディテールを随所に取り入れる一方、ロゴパターンを施した文字盤やセミスケルトン仕様など、オリエントスターらしい意匠を盛り込み、オリジナリティーが発揮されたデザインも人気を集める。
■SSケース、レザーストラップ。ケース径41mm。5気圧防水。自動巻き(Cal.F7X62)。18万7000円

 ブランド初の機械式月齢表示など本作の注目点は多いが、なかでも特筆は魅せ方にこだわり、ディテールにいっそう上質な仕上げが与えられた点であろう。

 秀逸なディテールワークの好例には、職人の手作業で先端をカーブさせ、長く美しい弧を描く長針。伝統のOSマークをモチーフにしたパターンを施し、適度な立体感を演出した文字盤などが挙げられる。またスケルトン部分も然り。可能な限り肉抜きして抜け感を強調し、エレガントな雰囲気をまとわせている。

 ケースの仕上げも入念だ。ちなみに本作では、レザー仕様の場合はポリッシュ、ブレスレット仕様ではサテンと、雰囲気に合わせてラグ部分の仕上げを使い分けている。同価格帯のモデルではまず見られない配慮と言えよう。

 他方、ムーヴメントでも魅せてくれる。
 ダイヤモンドカットにより輝きを与えたローターやブリッジは、ストライプやペラルージュの表面仕上げを施し高級感をプラス。ブルースチールネジとのコントラストがまた美しい。

 機械式を持つ喜びを再認識させてくれる時計、それがオリエントスターだ。

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修

【問い合わせ先】
オリエントお客様相談室
TEL:042-847-3380
オリエントスター公式サイト
https://www.orient-watch.jp/orientstar/index.php

オススメ記事

  1. 3万円台から編集部がセレクト、デイリーユースで使いたい“国産ブランド”…

  2. コストパフォーマンス最強、1万円台のG-SHOCK(ジーショック)売れ…

  3. 【セイコー プロスペックス誕生55周年】“ナイトダイビング”をテーマに…

  4. 【グランドセイコー新作は9SA5搭載で初のスチールモデル】ムーヴメント…

  5. 【大人から圧倒的な支持を集める】メタル系G-SHOCK(ジーショック)…

  6. 【先行発売された北米市場で大ヒット!?】シチズンの最新作“シチズン コ…

  7. 【なんと1万円台から狙える】最新のカーボンコアガード構造を採用したG-…

  8. 【セイコーミュージアム 銀座で展示も】国立科学博物館“未来技術遺産”に…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計