なんと全部数万円で買えちゃいます! コスパ抜群のジャーマンブランド、CARL VON ZEYTEN(カール・フォン・ツォイテン)ってなんだ?

メカ好きにはたまらないギミック時計が楽しめる

 ドイツ・シュヴァルツヴァルト地方の西、ビュールに誕生した腕時計ブランド、CARL VON ZEYTEN(カール・フォン・ツォイテン)。

 カール・フォン・ツォイテンは19世紀末から20世紀初頭にかけてドイツで活躍した、ヘルマン・カール・クリーグという時計職人への敬意を表して誕生したブランドで、“カール・フォン・ツォイテン(=時のカール)”という彼の異名をブランド名とした。

 彼はシュヴァルツヴァルト地方のフロイデンシュタットで活躍したドイツの時計職人のひとり。伝統的な壁掛け時計や鳩時計の開発・改良、そして晩年は後進の時計師育成に尽力したと言われている。

 そんなカール・フォン・ツォイテンの腕時計は、彼が活躍した時代のクラシックなデザインやスケルトン仕様の文字盤、丸みを帯びたカーブガラス風防を採用し、 上品な雰囲気漂うコレクションを特徴としている。

 シンプルデザインのクォーツウオッチから、デュアルタイムやムーンフェイズなど多機能な機械式モデルまで幅広くラインナップするが、特に人気なのが機械式モデル。なかでも注目度が高いのが、機械のもつ美しさにフォーカスしたスケルトンウオッチ、そして実用的な機能、個性的な機能を備えるモデルだ。

 いずれも3万〜4万円台の価格帯で購入可能。これまで高級時計でしか楽しめなかったようなメカニズムのモデルがリーズナブルに楽しめることから人気が高まっている。

人気モデル1
ELZACH エルツァッハ

極限まで削ぎ落とした個性派スケルトンモデル
文字盤のみならず、ムーヴメント自体も極限まで削ぎ落としたユニークなスケルトンウオッチ。一見、手巻きモデルのようにも見えるが、実は自動巻きローターも大胆にスケルトナイズ加工を施しているのがなんともユニークだ。
■Ref.CvZ0031WH。SS(42mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.412)。3万5800円

ネジ留め式のシースルーバックを採用。大胆なスケルトンデザインは非常に現代的だが、ストラップを固定するラグは懐中時計のボウ(紐やチェーンをかける環状の部品)を彷彿とさせるクラシックなディテールを採用している

 

 

人気モデル2
NEUKIRCH ノイキルヒ

機能性と装飾性が両立した120秒スモセコウオッチ
3時位置に昼夜を判別するサン&ムーン表示、9時位置にデュアルタイム表示(時針と連動。単独可動は不可)を備えた多機能ウオッチであることに加えて、スケルトンデザインを取り入れた高級感漂うユニークなモデル。
■Ref.CvZ0005GBL。SS(イエローゴールドカラーPVD加工、45mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.415)。世界限定2999本。3万9800円

シースルー仕様のスクリューバックを採用。3時位置にはサン&ムーン表示に加えてスモールセコンドを装備するが、これが非常にユニークなスモールセコンドで、目盛りが示すように60秒ではなく120秒で1周する

 

 

人気モデル3
BLACK FOREST ブラックフォレスト

振幅する二つのテンプに釘付け!魅惑の“ダブルテンプ”ウオッチ
オフセットにレイアウトされた文字盤の下に、二つのテンプを備えたユニークなダブルテンプウオッチ。本モデルが採用するダブルテンプ機構は、あくまでも見た目のギミックを楽しむことを優先したものだが、通常は超高級時計でないと見ることができない。そんなダブルテンプウオッチが楽しめるのは魅力的。
■Ref.CvZ0017SGY。SS(46mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.224)。世界限定2999本。4万9800円

シースルー仕様のスクリューバックを採用。一般的な機械式ムーヴメントとは異なり、本モデルは文字盤側にテンプがある。シンプルな見た目ゆえ、地板と自動巻きローターに施された装飾の存在感が光る

 

文◎佐藤杏輔(編集部)/写真◎水橋崇行

 

【問い合わせ先】
ゼロタイム
TEL:050-3656-4608
カール・フォン・ツォイテン公式サイト
http://www.carl-von-zeyten.jp

オススメ記事

  1. ナチュラルな質感が魅力的、天然石を使った個性派ウォッチに注目

  2. 三越ワールドウオッチフェア 開催中!

  3. グラスヒュッテ・オリジナルの過去といま

  4. “テンデンス”が不良漫画の金字塔キャラたちをモチーフにした限定モデルを…

  5. 吉田カバンとコラボで生み出されたオシャレな時計ケース

  6. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第2回“TAC…

  7. 数量限定の特別感も魅力、イタリアの時計ブランド“UNIMATIC(ウニ…

  8. 連載記事-時計デザインの原点を辿る、古典顔愛好会“ワイヤーラグ編”

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計