【チュチマ・グラスヒュッテ】2020年新作/グランドフリーガー エアポート

 ドイツの伝統的なパイロットウオッチのDNAを受け継ぐ実用時計コレクションと、パトリアを筆頭とする自社製ムーヴメント搭載コレクションの2本柱で展開する古豪チュチマ・グラスヒュッテ。

 そんな同社から発表された2020年の新作第1弾が、伝統的なグランドフリーガーを現代的にリデザインしたエアポートシリーズのニューカラーだ。

実用性とファッション性を融合したニューフェイス

 

 特徴は、同社のラインナップで好評を博したカラーグラデーション仕様の文字盤をエアポートに与えた点にある。
 この文字盤は、中央から外周にかけて黒く落とし込んだ特徴的なグラデーションカラーを採用したもので、2019年から同社のラインナップで採用され人気を博している文字盤カラーだ。

 単色のカラー文字盤ではポップになりすぎてしまうところ、黒になじませることで実用時計らしい硬派な雰囲気に仕上げられている本作。ファッショナブルでありながらも、軍用時計を手がけた実績をもつチュチマの時計らしい仕上がりと言えるだろう。
 加えて、ベゼル素材にはシリーズ初となるセラミックを採用。文字盤と同色で表現し、デザインに統一感をもたせている。

グランドフリーガー エアポート。この3針モデルとクロノグラフモデルで各2色、計4モデルが展開される

 また文字盤だけでなく、今回新たにナイロンの7倍の強度をもつコーデュラ製のベルト仕様が追加された点も見逃せない。耐久性はもとより、見た目にもタフな印象が高められている。

 タフネスさとファッション性を融合させたエアポートの新作は、往年の軍用時計を現代的にアップデートしたモデルと言えるだろう。

グランドフリーガー エアポート クロノグラフ
■(左)Ref.6406-01。(右)Ref.6406-03。ともにSS(43mm径)。自動巻き(Cal.310)。20気圧防水。各46万2000円(6月発売予定)

 

 

グランドフリーガー エアポート
■(左)Ref.6106-01。27万5000円。(右)Ref.6106-04。34万1000円。ともにSS(43mm径)。自動巻き(Cal.330)。20気圧防水。6月発売予定

 

【問い合わせ先】
モントレックス
TEL:03-3668-8550
チュチマ・グラスヒュッテ公式サイト
https://tutima-japan.com/

オススメ記事

  1. 実は904Lスチールを使ってるって知ってました? SINN(ジン)の人…

  2. “ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名…

  3. 振り子式自動巻き機構をもつドイツ時計“ハマティック”、その2020最新…

  4. ドイツ時計に継承される軍用時計のDNA

  5. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.006| 電波時計…

  6. ノモス30年目にしてついに出現した30気圧防水にブレス仕様の本格派スポ…

  7. 【開発責任者インタビュー】新天地ラング&ハイネで目指すイェンス氏の時計…

  8. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計