【イタリア時計は好きですか?】“トノーモデル”と“イタリア海軍コラボ”、LOCMAN(ロックマン)から二つの新作が登場

 イタリアンブランドならではのファッショナブルで存在感のあるデザインと、本格時計のクオリティを兼ね備えた人気ブランド、ロックマンから、まったくテイストが異なる二つの新作をお届け。

イタリアらしい伊達さが光る二つの新作に注目

 ロックマンは1986年、イタリア・エルバ島に創業した時計ブランド。イタリアらしい美しく存在感のあるカラーリングやデザインを特徴とする一方、スイスのメーカーと共同で自社製ムーヴメントの開発を行うなど、イタリアでは珍しい本格時計ブランドとしても知られている。本拠地としているエルバ島の色鮮やかな街並みや青い海などからインスピレーションを受けたコレクションを展開しているが、今季は、エポックメイキングな存在となっている二つのモデルから新作がリリースされている。

 ひとつ目は、約20年前に初代が発売された“スポーツトノー”のリバイバルモデル。往年のファンにはおなじみの特徴的なトノーフォルムを継承しつつ、ケース、文字盤、ストラップをブラッシュアップしており、計8種類の多彩なバリエーションがラインナップされた。

 二つ目は、人気のマリンウオッチ“マーレ”をベースにしたイタリア海軍とのコラボレートモデル。高品質な316Lスチールケース、アレルギーを起こしにくく耐食性に優れたチタン製の裏ブタ、最先端のシリコンシールシステムを採用したネジ込み式リューズに加え、湾曲した風防にはサファイアコーティング処理を施したクリスタルガラスを採用。

 自動巻き、クォーツ3針、クォーツクロノの3種類を展開し、それぞれロックマンが運営する研究所兼時計学校“S・I・O”が開発したムーヴメントを搭載する本格派のモデルとなっている。


》編集部のおすすめモデル-1
LOCMAN(ロックマン)
スポーツアニバーサリー

2000年頃に発売され、エルトンジョン、マドンナなどのポップアイコンからも支持を集めた“スポーツトノー”をベースに生まれたリバイバルモデル。ドーム形風防を備えたトノーケース、キャッチーなカラーストラップというアイコンデザインを受け継ぎつつ、文字盤のグラフィック、ケースともに、現代的な感覚でアップデートが施されている。

■(左)スポーツ アニバーサリー3針。Ref.471。アルミニウムケース、コルデュラ×レザーストラップ。ケースサイズ37×49.8 mm。50m防水。クォーツ。3万8500円
■(右)スポーツアニバーサリークロノグララフ。Ref.470。アルミニウムケース、コルデュラ×レザーストラップ。ケースサイズ37×49.8 mm。50m防水。クォーツ。5万2800円

》3針とクロノグラフの2タイプで多彩なバリエーションを展開

 文字盤は、アイボリー、ブラック、ブルーで、針は文字盤と対照的なカラーを採用。クォーツクロノグラフ4種、クォーツ3針4種の計8種。左から順番に、Ref.470、5万2800円。Ref.470、5万2800円。Ref.471、3万8500円。Ref.471、3万8500円。


 スポーツアニバーサリー最大の特徴が軽い着け心地とメタリックな質感を備えたアルミニム製のトノーケース。曲線を描くデザインがエレガントな要素を加えている。


 トノーケースとともにデザインのアイコンとなっているのがカラフルなベルト。表面は耐久性に優れたコーデュラナイロン、裏面は肌触りの良いカーフレザーを採用。


 クロノグラフのサイズはファッションアイテムとしても存在感を主張する37×49.8mm。大きめのサイズだが、アルミニウムケースなので見た目よりも軽くて着けやすい。


》編集部のおすすめモデル-2
LOCMAN(ロックマン)
マーレ マリーナミリターレ

イタリア王立海軍の英雄であり、ロックマンと同じくエルバ島にルーツをもつ“テセオ テセイ”の名前を冠したモデルを2007年にリリースしているロックマン。このマーレ マリーナミリターレは、そんなイタリア海軍とのコラボレーションで生まれた最新モデルだ。ウォータースポーツの世界からインスピレーションを受けた人気モデルマーレ(イタリアの海を表す)をベースにしつつ、6時位置にイタリア海軍の紋章を配置するなど、特別なデザインに仕上げられている。

■Ref.556。SS×TI(44×50mmサイズ)。100m防水。自動巻き(Cal.S.I.O.1)。11万円

》クォーツモデルでも3針とクロノグラフをラインナップ

 機械式ムーヴメント搭載モデルよりも手頃な10万円以下の価格帯で購入できるクローツモデルもラインナップされている。右から順に、Ref.555、9万3500円。Ref.557、8万2500円。


 曲面を描く風防は、特別に開発したサファイア処理により耐性と透明性を強化。ヘアライン仕上げでメタル感を際立たせたスチールケースとの組み合わせが魅力的だ。


 レギュラーコレクションのマーレにはサメのアイコンがデザインされているが、このモデルにはイタリア王立海軍の紋章を6時位置にデザインし、アクセントを加えている。


 サイズは44×50mm。ヘアライン仕上げのケースがカジュアルななかにも重厚な雰囲気を感じさせる。ラグのないケースとベルト一体型のデザインにより手首をしっかりとホールドしてくれる。


》LOCMAN銀座本店内に、エルバ島を体験できるBARスペースがオープン

 LOCMAN の本社があるイタリアのエルバ島は、ティレニア海に浮かぶイタリアで3 番目に大きな島。人口は約3万人と少ないが、6~9 月のバカンスシーズンには観光客で人口が30 万人に急増する人気の高級リゾート地として知られている。ロックマンは、エルバ島を代表する企業としてこの美しい島の魅力を日本に広めるべく、“LOCMAN 銀座本店”内に設けるエルバ島を体験できるスペースをバースペースを2020年12月4日オープンすることとなった。希少な品種を使ったエルバ島のワインやイタリアンフードが楽しめるので、気になった人はぜひ訪れてみよう。

》BAR L’ ELBANA(バール エルバーナ)
営業時間:金、土 17:00~22:00 日 13:00~20:00
金額:一律1 名様 ¥5,500 税込( LOCMAN Watch の新規購入者は当日無料)
メニュー:LOCMAN オリジナルマスク 1 枚
フリードリンク:エルバ島のワイン、リキュール、エスプレッソなど
フード:エルバーナプレート(サラミ、生ハム他、イタリアンフードを日替わりで)

【問い合わせ先】
ロックマン ジャパン
TEL:03-6264-5552
ロックマン公式サイト
https://www.locman.jp

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. ジン(SINN)の新作受注会&フェアが開催

  2. 【イタリアらしい遊び心を感じさせるデザインが魅力】LOCMAN(ロック…

  3. 【悲報】そして誰もいなくなる? LVMHグループのウブロ、タグ・ホイヤ…

  4. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第3回“ice…

  5. 【サイズダウンでより使いやすく!】“フォッシル”の新作スマートウオッチ…

  6. 【セイコー プレザージュの新作は麻の葉がモチーフ!?】新コレクション、…

  7. “究極のトゥールビヨン”も、ついに10作目! コンプリモデルから実用機…

  8. 【WLN編集部 Recommend】no.005|タフな作りはそのまま…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計