【画像】新作3モデルの精緻なムーヴメントを見る

ランゲ 1・パーペチュアルカレンダー搭載 Cal.L021.3

自社開発した67個目のキャリバーとなるL021.3。A.ランゲ&ゾーネの開発技師たちは、ランゲ1のオフセンターデザインの文字盤にカレンダー要素が重ならないようにバランス良く配置したいという想いから、新しいタイプの月表示を設計するという課題に取り組んだ。サブダイアルを追加したり月表示窓を開けたりすることは問題外だったため、この時計のための解決策として、48カ月車によって4年周期で1周する伝統的な月表示に代わる機構、文字盤をぐるりと取り囲む回転式月表示を採用した。


トリプルスプリット搭載 Cal.L132.1

3組の針の動きを同期させたり、別々に動かすための機構を実現するのは、ランゲの開発技師たちにとって途轍もない難題だった。単純なラトラパント機構ですら、2本のクロノグラフ針を固定する軸が二重構造になっているのだが、Cal.L132.1には、その構造が同時に3つも組み込まれています。これらの多重軸をムーヴメントに組み込んでゆく作業には、最高度の正確さと指先の繊細な感覚が求められる。


リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ搭載 Cal.L121.2

リトル・ランゲ1・ムーンフェイズに搭載するCal.L121.2は、1本の腕時計に精巧さと気品漂う外観を両立できることを示すべく、緻密な計算に基づいて設計されたムーンフェイズ表示を備えている。それは、時計が休みなく動き続けたとすれば、朔望月の誤差が積算されて表示との誤差が1日分に達するのに122.6年かかるという精度の高さだ。現実の世界では、長期間時計を巻き上げなかったために修正が必要になるのが通常となる。ただし、そのような場合でも、7時と8時の間にある調整プッシャーを操作すれば簡単に素早くムーンフェイズ表示を修正できる。

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計