【10万円台までの予算で編集部が厳選】時計界の最新トレンド、“グリーン文字盤採用モデル”3選

 近年、ラインナップを増やしているカラーダイアル。様々なカラーが登場しているが、今回は、トレンドのグリーン文字盤を採用したモデルをピックアップした。

時計界の最新トレンド、グリーン文字盤の魅力とは

 時間を表示する道具として進化を続けてきた腕時計。携帯電話が普及して時計がなくとも時間を知ることができるようになったこともあり、近年は、本来の道具としてのニーズに加えて、ファッションアイテムとしても存在感を高めている。

 そうした状況を受けて数を増やしているのがカラーダイアルだ。ファッション要素の強いカジュアルウオッチのみならず、高級時計でも幅広いブランドに採用されているブルー文字盤がその代表格だが、今季は “グリーン文字盤”が最新トレンドとして注目を集めている。

 正直、これまで時計ではあまり積極的には採用されてこなかったカラーであるため、いざ着けるとなるとハードルが高い印象だが、明る過ぎない深みのあるグリーンであれば、意外にも落ち着いた雰囲気もあり、ブルー文字盤と同じような感覚で着けられる。

 今回はデイリーで着けやすい10万円台の価格帯から、 程よく個性を主張しつつ大人でも着けやすい、“グリーン文字盤”モデルを紹介していこう。


》編集部おすすめのグリーン文字盤-其の1
SEIKO PRESAGE(セイコー プレザージュ)
プレステージライン シャープエッジドシリーズ
 2020年にリリースされたシャープエッジドシリーズ。麻の葉文様をモチーフにした立体的な装飾を文字盤に施しており、深みのあるグリーン文字盤が美しい陰影を生み出す。クラシカルな印象が強かった従来のプレザージュと異なる現代的でスタイリッシュなデザインに仕上げられており、幅広いユーザーから支持を集めた。70時間パワーリザーブの Cal.6R35を搭載しているのも魅力。

■Ref.SARX079。SS(39.3mm径)。日常生活用強化防水(10気圧)。自動巻き(Cal.6R35)。11万円

【問い合わせ先】
セイコーウオッチ お客様相談室
TEL:0120-061-012
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/presage


》編集部おすすめのグリーン文字盤-其の2
MIDO(ミドー)
オーシャンスター200C
 耐傷性に加えて美観にも優れたセラミックインサートの逆回転防止ベゼルを採用した、オーシャンスターシリーズの新作。波紋のようなテクスチャーを施したマットなグリーン文字盤が特徴となっており、ブラックの逆回転防止ベゼルと抜群のコンビネーションを生み出している。最長80時間パワーリザーブを備えており、デザイン性に加えて、実用性も高い。

■Ref. M042.430.11.091.00。SS(42.5mm径)。200m防水。自動巻き(Cal. 80)。13万3100円

【問い合わせ先】
ミドー / スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7190
ミドー公式サイト
www.midowatches.com


》編集部おすすめのグリーン文字盤-其の3
SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)
アルピニスト
 2006年に発売され、ロングセラーを誇ったアルピニストのアップデート版。コブラ針、方位計を備えた文字盤などアイコニックなデザインを受け継ぎながら、約70時間パワーリザーブのCal.6R35を搭載することで、実用性がさらに高められた。深みのあるグリーン文字盤が、クラシックなデザインにトレンド感と程よいアクセントを加えている。

■Ref.SBDC091。ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径39.5mm。日常生活用強化防水(20気圧)。自動巻き(Cal.6R35)。8万2500円

【問い合わせ先】
セイコーウオッチ お客様相談室
TEL:0120-061-012
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【台湾の人気ブランドが日本に初上陸!?】 “コンクリート文字盤”を採用…

  2. ゼンマイ切れを“動き”で抑止するユニークな腕時計を発見!/PEDROZ…

  3. 【WLN女子部発】秋に映える新色“バーガンディー”、ジャケ・ドローを実…

  4. 【懐中時計の魅力に開眼!?】英国の時計文化を継承する、ジョセフ…

  5. 【WLN女子部が実機レビュー】ワントーンで魅せる、ICE-WATCH(…

  6. ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマス…

  7. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/SINN(ジン)

  8. 【アンティークファンも必見!?】復活を遂げた実用時計の名手“ニバダ・グ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計