【メテオライトウオッチが10万円以下!?】京都発の新鋭国産ブランド、“ニス”が新作モデルを先行発売

 個性あふれる時計を探すことが日課になりつつある女性編集・松本。今回もまた、目を引かれるユニークなモデルをクラウドファンディングサイトの“Makuake(マクアケ)”で見つけたため、掘り下げていく。

 

》日本から世界に発信。希少なメテオライトモデル

 今回紹介する“KNIS(ニス)”は、流行に左右されない質の高い製品を生み出すという製造理念を掲げつつ、伝統的でありながら洗練された京都のものづくり精神を踏襲した国産ブランド。

 自社で企画から生産、販売まですべて管理することで、日本製の高品質な腕時計を手頃な価格で販売することを実現している。

 腕時計の組み立ても国内で行われており、時計業界で30年以上のキャリアをもつパートナー企業へ依頼して品質を追求している。購入後のアフターフォローを安心して任せられるというのも国内で組み立てを行うメリットだろう。

 国内最大のクラウドファンディングサイトである“Makuake(マクアケ)”で実施しているプロジェクトでは、宇宙から飛来したメテオライト(隕石)を文字盤に贅沢に使用した機械式の最新モデルの先行発売を実施。

 メテオライト文字盤に使用するのは地球に飛来した隕石だ。その希少性から、これまではメテオライトを採用するのは高級時計に限られていたが、企画から生産・販売までを一貫して行うビジネスモデルを採用することで、10万円以下の手の届く価格で、高品質なメテオライトウオッチを実現している。

 メテオライト独特の模様は、宇宙空間において約100万年以上の時を経て生み出され、その神秘的な模様はひとつとして同じモノがないというのも大きな魅力。このメテオライトウオッチについても、すべてが1点モノという点が、所有欲と男心をくすぐる大きなポイントといえるだろう。

 

》隕石のなかでもより希少な“ムオニナルスタ隕石”とは?

 “KNIS(ニス)”が文字盤に使用しているの北極圏内で産出される“ムオニナルスタ”と呼ばれる隕石だ。ウィドマンシュテッテン構造(表面に現れている幾何学模様)を非常に美しく観察できるのが特徴なのだが、発掘の困難さにより流通量が非常に少なく、希少価値がかなり高い。

 このモデルでは、ムオニナルスタ隕石の美しい模様を最大限に引き出すため、あえて余計な要素を省いたノンデイト仕様のデザインを採用。カレンダー表示のシンプルでクリアなデザインにより左右対称性が高まり、デザイン的な美しさと、時間の見やすさも高められている。

 高価なメテオライトは偽物が出回っていることもあるのだが、“KNIS(ニス)”では本物のメテオライトを使用している証明として、宝石鑑別団体協議会A.G.Lに加盟している、日本彩珠宝石研究所での鑑別実施。安心してメテオライトウオッチを購入することができる。(鑑別書は商品には付属しません。また鑑別書はサンプル品に対する鑑別になります)

 

》文字盤だけじゃない、時計自体の作りこみも必見

 力を入れているのはなにも文字盤だけではない。風防には純度と高度の高い、サファイアガラスを採用。一般的に使用されるミネラルガラスに比べて傷が付きにくいだけでなく、その優れた透明感で文字盤がより見やすくなる。


 装飾などの無駄を省いたケースは、立体構造が際立つシンプルなデザインを追求し、繊細さとエレガントさを同時に表現。


 ブレスはヘアライン仕上げとポリッシュ仕上げを組み合わせた、5連のステンレスブレスレットを採用。奥行きのある質感を生み出し、エレガントさに磨きをかけている。

 

》クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で先行発売

 “KNIS(ニス)”のメテオライトウオッチは、クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で7月29日まで実施している、先行発売プロジェクトで発売中。期間中は一般発売予定価格よりも20%オフのお得な価格で購入することができる。かなり人気を集めており、目標額の2000%を達成。30%、25%オフは受付終了となっているので、気になった人は早めにチェックしてみるのがおすすめだ。

【先行発売サイト:ニス メテオライト腕時計プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/knis/

 

KNIS(ニス)
メテオライト腕時計

 隕石を1部だけでなく、文字盤全面に使用しているのもうれしいポイント。部分使用でも一つひとつ異なる表情が楽しめるが、全面だとまたガラッと印象が変わる。


また、素材、品質にこれだけこだわりをもちながら、10万円を切っているというのも魅力。ムーヴメントにはMiyota製の国産自動巻きを採用している。

■SS(38mm径)。10気圧防水。自動巻き(Miyota製)。〜9万9000円

 

 

文◎松本由紀(編集部)

【問い合わせ先】
ライム
https://www.makuake.com/member/index/637847/

オススメ記事

  1. 【WLN 女子部発】新連載! ゼロからわかるレディースロレックス 基本…

  2. 【オメガの2019年新作】充実の素材バリエーションを大量投入! 豊富な…

  3. 【これぞまさに価格破壊!?】ドイツブランド、ヴァルドホフの“手巻き”ト…

  4. 【これぞ時計界の新勢力】 独自路線を突き進む“フランス時計”、狙い目の…

  5. 【父の日】 予算2〜3万円台で選んでみた! クラシック系の腕時計7選

  6. 【“憧れ、こだわり、実用”の3テーマで厳選】編集部員が本気で選んだ、い…

  7. 【ロシア最古の工場でムーヴメントまで製造】日本未上陸のロシアンウオッチ…

  8. 手頃な2万円台から編集部が厳選、70年代スタイルを継承した“ツーカウン…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計