【ブティック限定モデルも!】西日本エリア初の路面店である、“A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋”がオープン

 日本有数の経済都市である大阪の中心街に、国内5店舗目となる“A.LANGE&SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)”のブティック、“A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋”が7月30日(金)にオープンする。日本を代表する建築家、“安藤忠雄”氏がデザイン監修を手がけ2021年にオープンした“Wホテル大阪”の1階に構える、西日本エリア初の路面店だ。


 A.ランゲ&ゾーネの時計を知る最良の方法は、時計を実際に手に取って、その時計の特徴の説明をしっかりと聞くことだ。新しいA.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋は、それに最適な場所である。

 ブティックの販売面積は67.75平方メートル、大きなガラスのファサードが道行く人々を招き入れる。中に入ると、四角く区切られた空間が連なる光景が好奇心をそそり、希少なウオッチコレクションの展示エリアから商談エリアまで、変化に富んだ空間が楽しめる。


 透明性と明快さを特徴とするインテリアデザインの無数のディテールには、ブランドのタイムピースと同様、完璧を追求する姿勢が反映されている。

 見どころの中心となるのは、エクスペリエンス・ライブラリー。マニュファクチュールの歴史を物語る品々が展示されたこのエリアは、いわばA.ランゲ&ゾーネの世界への入り口だ。

 エリアに入ると、壁には、2017年に他界した新生ランゲの設立者、ウォルター・ランゲの座右の銘である、“Never Stand Still”(決して立ち止まらない)という言葉が書かれている。

 また壁に組み込んだ金属製の装飾帯などのディテールでは、A.ランゲ&ゾーネの時計に施されている、手作業による仕上げを表現。装飾帯のエッジは、自社製キャリバーの洋銀製の受け部品と同じように、45度の面取りが施され、表面は光沢研磨で仕上げられている。

 このようにインテリアデザインの細部においてもブランドの品質、機能性、永続性を表しているのだ。


左:シルバーカラーにブルーが映える“1815クロノグラフ”ブティック限定エディション/右:同時に二つのタイムを最長12時間まで計測、比較できる世界初の機械式ラトラパント・クロノグラフ“トリプルスプリット”

 さらにブティック限定モデルをはじめ、ブティックだからこそ手に取ることのできる、希少性の高いタイムピースを手に取って見ることができる。

 

A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋
■オープン日:2021年7月30日(金)
■住所:大阪府大阪市中央区南船場4-1-3 W Osaka 1F
■営業時間:11:00~19:30
■定休日:水曜日
■E-mail:lange-soehne.osaka.s@jw-oomiya.co.jp
■電話番号:06-6243-1845 (7月25日(日)開通予定)
※7月24日(土)までは06-6251-0077(oomiya 心斎橋店)にお問い合わせください

 

【問い合わせ先】
A.ランゲ&ゾーネ
TEL.0120-23-1845
https://www.alange-soehne.com/ja/

オススメ記事

  1. SEIKO が何と世界 4 位に! 世界最大の高級時計ECサイトが20…

  2. ラング&ハイネ初の角形、ゲオルク

  3. 【あの“ラグスポ”の名作からインスパイア!?】ロベルト カヴァリ バイ…

  4. 【ダイバーズと防水時計は違う!?】意外と知らない時計の基礎知識-第2回…

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】ゴールドウオッチが時計素材の最上位に位置…

  6. 【俳優・木下ほうか氏監修】往年の名機をモチーフにした日本製機械式時計が…

  7. 勝手に実機でインプレッション【5回】ラング&ハイネ/ドイツ時計

  8. 【人気ベスト1〜5を発表】2020年上半期、リアルに売れたG-SHOC…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計