【185ブランド、592本を収録】これを読めば日本国内で正規流通する本格機械式時計ブランドがわかる。『腕時計年鑑 2021~2022』が発売

 日本国内で正規展開している高級時計ブランドのイヤーブック『機械式腕時計年鑑 2021~2022年』が絶賛発売中です。2021年の新作情報とともに各ブランドを歴史や特色を解説したカタログページをメインに、全212ページ、185ブランド、592本の時計を収録。

2021年12月22日(水)発売/定価2750円(税込)

 巻頭では「困難を乗り越え動き出した新鋭たち」と題して、新たな展開を見据えて前に進み始めた高級腕時計産業のいまを、2021年発表モデルとともにお伝えする特集を掲載。時計産業に広がるサステナビリティ化の波や、多くのブランドが採用した“グリーン”のモデルなどにフォーカスしています。

 また今回、表紙を飾るビッグ・バン インテグラル カテドラル ミニッツリピーター トゥールビヨン ブラックセラミックをはじめとしたウブロの複雑機構モデルの紹介記事や、全国の優良高級時計店を紹介した「Special Shop Selection」なども必見。高級時計ブランドのいまがわかる腕時計好きにオススメの1冊です。

 

【機械式腕時計年鑑のご購入はコチラ】

 

【2021~2022 機械式腕時計年鑑 CONTENTS】

●新たな展開を見据えて前に進む
困難を乗り越え動き出した新鋭たち
●唯一無二のモノクロームの世界観を描く
ラグジュアリーを極めたウブロの別注モデル HUBLOT ウブロ
●2021年に見せた伝統と革新の行方 パテック フィリップが開くニューステージ

●2021-2022 ブランド別機械式腕時計カタログ
●2022年、新たな動きは見られるか? 新展開への期待高まるウオッチブランド
●新展開&新上陸 2021-2022 話題のウオッチメーカー

2021 HOT TOPIC
●欧州で活発化している老舗の復活と新興勢力の濫立
●世界中の業界関係者などが投票“GPHG 2021”受賞作が決まる。
●MORELLATO モレラート 編集部がおすすめするアイテム サステナブルなストラップ3選
●LA JENE ラジェンヌ 一つひとつ手作りで弓カンを製作する高品質のメタルブレスブランド
●TUTIMA GLASHÜTTE チュチマ グラスヒュッテ 愛好家たちを唸らせたSSパトリアに待望の新色
●ローカルで個性的な時計を製造 次世代のアメリカンウオッチ
●独創性と品質を兼ね備えるアジア発の新興ブランド
●“オンリーウォッチ”が物語る高級時計に対する価値の変化

Special Shop Selection
●PATEK PHILIPPE PRESTIGE SHOP 至高のタイムピースを、至上の空間で味わう。
●YOSHIDA 東京本店 YOSHIDAが作り上げた豪奢なウブロの新世界
●オーデマ ピゲ ブティック 大阪 ハイ・コンプリケーションまで揃う関西圏唯一のオーデマ ピゲ ブティック
●COMMON TIME 横浜元町本店 歴史が息づく港町、横浜元町で愛され続ける時計専門店
●TSホリウチ 日本最大の宝石の街、御徒町に拠点を置く正規販売店

 

【問い合わせ先】
シーズ・ファクトリー
TEL:03-5562-0841

オススメ記事

  1. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

  2. 【4月25日】A.ランゲ&ゾーネ、カルティエ、パネライなど、30ブラン…

  3. 【店舗スタッフとユーザーがオンラインでつながる】“カシオ”のウェブサイ…

  4. 【クロノグラフ好き必読】『アンティーク・クロノグラフ大全』がクラウドフ…

  5. 【見逃し厳禁】5月27日にクロノトウキョウの設立3周年モデルが12分間…

  6. 【ロレックスの賢い買い方指南も!】パワーウオッチ最新号(No.119)…

  7. 【いま中古が狙い目!?】パワーウオッチ最新号(No.120)が発売開始…

  8. 【新たなノウハウを吸収】テンプス・アルテがドイツのブランド“ストーヴァ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計