小スライド 新作時計ニュース

【“ボン・ジョヴィ × ジャケ・ドロー”】世界で1本だけ“ボン・ジョヴィ”結成40周年モデルを発表

1721年に生まれたピエール-ジャケ・ドローを起源とする“ジャケ・ドロー”は、ボン・ジョヴィ結成40周年を記念し、ジョン・ボン・ジョヴィ氏が仕様を監修し制作されたユニークピース“トゥールビヨン スケルトン レッドゴールド ボン・ジョヴィ”を発表した。

【画像】ボン・ジョヴィ40周年記念ツアーオリジナルロゴを文字盤にデザイン

40年のキャリアにおいて、1億3000万枚を超えるアルバムを売り上げたロックバンド“BON JOVI(ボン・ジョヴィ)”。リーダーのジョン・ボン・ジョヴィは、思慮深い企業家、献身的に活動に取り組む慈善活動家としてもその年月を過ごしてきたロックスターだ。

そのジョン・ボン・ジョヴィとの緊密なコラボレーションによって開発された本作は、ボン・ジョヴィのDNAとジャケ・ドローの本質である“JD8.0 :ディスラプティブ・レガシー(受け継がれる遺産の破壊と創造)”が共存するモデルに仕上げられた。

ケースは41mmのレッドゴールド製。文字盤には40周年記念ツアーを通して使用されるオリジナルデザインのロゴが大きくレイアウトされた。このロゴは一見一体化しているように見るが、実はいくつものパーツに分かれており、2枚の羽と短剣、ハート、そして数字の4と0のパーツを組み合わせたもの。個別のパーツを組み合わせることで、特別な仕上げを施すことができたという。

ソリッドゴールドの塊に手作業でエングレービングを施した翼の下には、サテン仕上げ、ポリッシュ仕上げ、グレイン仕上げが施され、トップのプレートに刻まれた“BON JOVI”の文字もシンプルに見えて非常に精緻な作業で仕上げられている。

時針と分針は文字通り時計の“心臓部”に取り付けられ、アーティストとしてジョンが特に大切にしてきた魂と時間、心と精神を象徴する意味深いシンボルとなっており、まさにファン垂涎の腕時計といえるだろう。

残念なのは、本作がボン・ジョヴィが自身のために創ったユニークピースであり、ョン・ボン・ジョヴィだけが所有することができる時計ということだ。しかし、ファンがそこからインスピレーションを得て、自分だけの時計をつくることも不可能ではないはず。憧れとともに参考にしてみよう。

 

【問い合わせ先】
ジャケ・ドロー ブティック銀座
TEL.03-6254-7288

 

文◎Watch LIFE NEWS編集部

【そのほかのニュースもチェック!】
■【2000年代に蘇った時計の名門“ジャケ・ドロー”】サファイア&オパールの光り輝くユニークピース
■【全10種!サイズちがい5色のバリエーション】ハミルトンの新作アウトドア向けウオッチが一挙に登場!
■【世界で1本だけ製造される超希少な腕時計】パネライの歴史を注入したユニークピース

次のページへ >

-小スライド, 新作時計ニュース
-