【写真】エクスプローラー、Ref.14270の細部をチェック! - Watch LIFE NEWS|ウオッチライフを楽しむ時計総合ニュースサイト

【写真】エクスプローラー、Ref.14270の細部をチェック!

バーインデックスに使われている夜光は1998年頃まではトリチウムが使用されていた。その場合はインデックスの「6」の下にT<25と表示されている


ラグとブレスをつなぐフラッシュフィット(弓カン)は、当初は写真のような別体パーツだったが後年生産分からは後継機(Ref.114270)と同じ一体型となった

搭載されているのはCal.3000。現行よりも三つ前のキャリバーだ。心臓部であるテンプを支えるブリッジが一方向からだけだった。後継機からは両方向から支えるタイプに変更


36mm径は大柄な人にとっては物足りないかもしれないが、57年間ずっとこのサイズだったこともあって、文字盤のバランスなどエクスプローラーはやっぱりこのサイズが落ち着く

記事に戻る

オススメ記事

  1. 【画像】今夏から発売開始、リップの新作2モデルをさらにチェック

  2. 【写真でチェック】さらに細部を写真で確認する!

  3. 【オンラインストアの売れ筋ランキング1位と2位をチェック】

  4. 【写真】BABY-Gの人気ベスト4と5を見る

  5. 【画像】“オーシャンスター 600 クロノメーター”のディテールとバリ…

  6. 【写真】マスター・ウルトラスリム・ムーンの細部をチェック

  7. 【写真】ブレゲのファースト、セカンドモデルと他メーカーのタイプXXはこ…

  8. 【グラフ】いっきに下落! デイトナとエクスプローラーの気になる実勢価格…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計