勝手に実機でインプレッション【3回】ノモス・グラスヒュッテ

個性的なデザインもさることながら新ムーヴメントにも注目

 バウハウス的なデザイン哲学を取り入れ、ある意味で画一的スタイルを貫いてきたノモス・グラスヒュッテだが、近年は積極的に外部のデザイナーを起用するなどして、毎年、新しいエッセンスを取り入れた新モデルを発表している。そして、今回の新作もこれまでにないとてもユニークなものだ。

 デザインを手がけたのは、ニューヨーク近代美術館やパリの国立現代美術館に作品が収蔵されるほど、世界的にも活躍するプロダクトデザイナー、ヴェルナー・アイスリンガー氏。そして、その独特なデザインは、アウトバーンというネーミングやスピードメーターを彷彿とさせる文字盤など、ヴィンテージカーをイメージしている。

 最初に見て最も印象的だったのは、サーキット場のバンク(コーナーのせり上がった部分)をイメージしたという、文字盤外周部がすり鉢状になっている点だろうか。時計の場合、ボンベ文字盤としてこの逆はよくあるが、すり鉢状はまずない。その意味ではなかなか斬新なスタイルと言えるだろう。極細の時分針、スペースを生かしたレイアウトなど、とてもミニマルで洗練されたデザインにも関わらず、そこには強い個性すら感じるから不思議だ。

 さて、そんなデザイン力もさることながら、今回はムーヴメントも新しくなっている。2015年に開発した、厚さ3.2mmという、かなり薄型の自動巻きムーヴメント、Cal.DUW3001(このムーヴメントについての詳細は、本誌紙版「ドイツ腕時計No.3」の88ページに現地取材記事として掲載。よかったらそちらも参照ください)を、ベースにカレンダー機構を追加して新たに開発されたDUW6001である。

 このムーヴメント、カレンダーディスクを外周部にセットすることで、厚さをわずかに4mm増に留め3.6mmに抑えている。確かにこの点も技術的にスゴイが、それ以上に筆者が注目したのは、そのカレンダー機構にクイックチェンジ機能がついた点だ。読者の皆さんは意外に思うかもしれないが、これまで同社が展開するデイト表示付きモデルは、日付けの調整を行う際、リューズで時針を10時と2時の間を往復させるという昔からの手法をとっていた。

 そのため、長期間使わなかったりすると、日付けを合わせるのに、何往復もさせなければならず、結構大変だったのである(実はかくいう筆者もそれを実感していた一人)。巻き上げ効率といい、精度といい、申し分のない素晴らしいムーヴメントなのだが、このクイックチェンジがないのだけは欠点だったと言わざるをえない。その意味では今回、性能だけでなく実用という面でもこれで完成域に達したといえるのではないだろうか。

 しかも、今回はそれだけではなかった。独自開発の日送り機構によって、日付け操作禁止時間帯をなくすことにも成功。そのためクイックチェンジだけでなく24時間いつでも日付け調整が行えるようにもなっている。これも大きな魅力といえるだろう。

ご覧のように8時から4時にかけてあしらうブルーのバーデザイン発光には、青く発光するスーパールミノバが使われており、暗所で装飾的に浮かび上がる

ローターのブランド名などの文字は、彫り込みではなく、浮き彫りにゴールドメッキを施した仕様とし、より高級感を増した仕上げになっている

実は筆者が今回、最も感心したのがこのナイロンベルト。素材自体しっかりしているのだが、とても柔らかい。そのためナイロン特有のガサガサ感がない

ケース径41mmとサイズ的にはすごく大きいというほどではないのだがノモス・グラスヒュッテ特有の極細ベゼルのためか、サイズ以上に大きく感じられる。また時計単体で見るときよりも、着けたときのほうがよりデザイン的主張を強く感じた

INFORMATION
ブランド名:NOMOS GLASHユースTTE/ノモス グラスヒュッテ
モデル名:アウトバーン ネオマティック 41 デイト
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:ナイロン
サイズ:41㎜
防水性:10気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.DUW6101、毎時2万1600振動)/約42時間パワーリザーブ
税込み価格:59万4000円※写真のスポーツグレーのほかにホワイトシルバー、ミッドナイトブルーの文字盤がラインナップする
問い合わせ:大沢商会 TEL.03-3527-2682
https://nomos-glashuette.com/ja

 

 

その他の記事はこちら

【第4回】THOMAS NINCHRITZ/トーマス・ニンクリッツ

【第5回】LANG & HEYNE/ラング&ハイネ

【第6回】MORITZ GROSSMANN/モリッツ・グロスマン

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

 

関連記事

  1. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  2. バーゼルワールド2018<シャウボーグ>

  3. セネタ・エクセレンスの新作

  4. クラシックブルーをまとったジンの500本限定

  5. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  6. A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデルに特別エディションが…

  7. モリッツ・グロスマン初のレクタンギュラーモデルが登場

  8. ノモスが2018年度のジュネーブ時計グランプリ「チャレンジ」部門賞を受…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計