日本公演も大成功!ギター1本で9万人を魅了したエド・シーランの愛用時計とは?

<写真提供:ジュリアーノ・マッツオーリ>

 「彼は、自分の孫であるかのような眼差しで私を見ています。そしていま、彼は私のことをジュリアーノじいちゃんとして覚えてくれています」とエド・シーランとの関係をこう語るのは、彼が愛用している時計ブランド、ジュリアーノ・マッツオーリの創業者でありデザイナーのジュリアーノ氏自身だ。

 エド・シーランといえば、世界中の音楽ファンを魅了し続けるトップ・アーティストのひとり。去る4月に行われた東京ドームと、京セラドーム大阪でのワールドツアー日本公演には計9万人が詰めかけるなど、日本にも多くのファンをもつ若きシンガー・ソングライターだ。

 そんなエド・シーラン、実は時計も好きらしい。そして、現在愛用しているのがイタリア・フィレンツェに本拠を置く時計ブランド、ジュリアーノ・マッツオーリの“マノメトロ コンプレスト”なのである。

マノメトロ コンプレスト。SS(45.2mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.ETA 2824/2)。35万6400円

 この“マノメトロ コンプレスト”という時計。特徴的なシリンダー型ケースに、リューズは2時位置という特徴的なスタイルだが、このデザインを見て何か思い浮かばないだろうか。実はこのデザインを手がけたジュリアーノ氏は元プロのテストドライバーで大のクルマ好き。つまりタイヤの空気圧を測る圧力計からインスピレーションを得て作ったものなのである。名前のマノメトロとは圧力計を意味するイタリア語だ。

ジュリアーノ・マッツオーリ(中央)とエド・シーラン、そしてラッセル・クロウとのスリーショット。フィレンツェ音楽祭「Firenze Rocks」開催中の 6 月 14日、公演のバックステージにて撮影。<写真提供:ジュリアーノ・マッツオーリ>

 そして、エド・シーランにこの“マノメトロ コンプレスト”をすすめたのが、なんと2000年公開の『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を受賞したハリウッドスターであり、ジュリアーノ氏の友人でもある“ラッセル・クロウ”だったというからさらに驚いた。

 それにしても、時計が好きだというエド・シーラン。ほかにどんな時計を持っているのか。仕事柄、筆者の場合はそちらのほうも俄然気になってしまうのである。

文◎菊地吉正(編集部)/協力◎ノーブル・スタイリング

関連記事

  1. 松尾 諭-男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.106)

  2. 勝手に実機でインプレッション【3回】ノモス・グラスヒュッテ

  3. ドイツ時計の伝統と革新を探る<3/4プレート>

  4. 安齋 肇 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.62)

  5. 清水 アキラ-男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.101)

  6. 渡辺 徹 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.48)

  7. 【実機で本音レビュー】ケースの大きさわずか34mm、70年代テイストの…

  8. オカダ・カズチカ-男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.105)

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計