予算3万円以下で発見! 70年代テイストの“レトロデジタル”な腕時計/編集部:船平のカジュアル時計レビュー

 編集部のカジュアルウオッチ担当:船平が、実機を見て“コレは欲しい!”と思ったモデルを本音でレビュー。今回は、“VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)”のデジタル時計をお届けしよう。

VAGUE WATCH CO.
ヴァーグウォッチカンパニー

 針でインデックスを指し示して時間を表示するアナログ時計に対して、数字を直接表示して時間を示すデジタル時計。皆さんは、デジタル時計と聞いてどんなイメージを思い浮かべるだろうか。

 時計好きな人にとって、デジタル時計は伝統的なアナログ時計と対比されるジャンルなので、現代的、カジュアル、スポーティという印象が強いかもしれないが、筆者の印象は少々異なる。

 デジタル時計の原点のひとつとして知られる世界初のLED表示式デジタル時計、“パルサー”が1971年に登場してからはや48年。

 近年、アナログ時計の世界では70年代のレトロな機械式時計を復刻するトレンドが見られるのだが、誕生から半世紀を経たデジタル時計に関しても、この“レトロ”というニュアンスがプラスされているように思えるのだ。

 実は、時計ブランドからも、ちらほらと1970年代〜80年代のデジタル時計からインスパイアされたモデル(このレビューコラムで以前紹介した、“VOID WATCHESなど)がリリースされている。現在はまだマイナーだが、この“レトロなデジタル時計”は、今後、勢力を拡大する可能性を秘めた注目のジャンルといえるのだ。
今回、レビューする“VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)”の時計もそんな“レトロデジタル”なモデルのひとつ。
V-1
 あくまでも筆者の感想だが、1979年に某有名ブランドから発売された伝説的デジタル時計を彷彿とさせるデザインに仕上げられており、ディスプレイのデザイン、小ぶりなサイズ、外装のラフな仕上げなど、細部まで70年代のレトロなテイストが再現されているのだ。

 

》デザインの印象は?
 時刻表示のほか、ストップウオッチ、アラーム、バックライトと、搭載する機能を3つに絞りこみ、4時位置のボタンでストップウオッチ、8時位置のボタンでアラームや時刻の調整、10時位置のボタンでバックライトを操作。情報過多な近年のデジタル時計と一線を画す、シンプルで見やすく、操作しやすいディスプレイが魅力的だ。
V-1d
 また、このモデルは現行のデジタル時計では異色といえる、34mmの小振りなケースを採用しているのもポイント。アンティークウオッチを思わせるサイズ感に加え、クォーツでありつつ、あえて適度な厚みを持たせたシリンダー型に仕上げることで、オーセンティックな雰囲気を演出している。

 ヘアライン仕上げで統一した小振りなケースと3連オイスターブレスのコンビネーションが、良い意味での無骨さを醸し出し、どことなくロレックスのエクスプローラーIを彷彿とさせるのも、マニア心をくすぐるポイントだろう。

 

》装着感は?
 ケースのサイズは34mmで厚さは約10mm(筆者が計測)。
V-1c
 程よい重量感を備えたシリンダーケースと、軽量な巻きブレス(ステンレススチールの板を折り曲げて成形したレトロなブレスレット)のコンビネーションを採用しているが、現行のデジタル時計に比べるとかなりコンパクトなケースに加え、ブレスレットのコマをわずかに湾曲させた形状にしているため装着感はとても良好だ。
V-1a

 

 

》ベルトの作りもチェック!
 このモデルの特徴のひとつといえるのが、1960年代から70年代のアンティークウオッチに見られる、巻きブレスを採用している点。
現行の時計に採用されることの多い、ステンレススールを削り出して作られるコマとは違い、ステンレススチールの板を折り曲げてコマの形に成形しており、軽い着け心地に加え、側面からみると、板を巻き込んだ独特の形状を備えているのが特徴だ。
V-1b
 ソリッド(削り出し)のブレスレットとは異なるシャカシャカした質感は好みが分かれるところだが、この良い意味でのチープ感がアンティークウオッチを思わせる、なんとも言えない味わいを生み出している。

【総評】
 シンプルで見やすくバランスの良いディスプレイと、アンティークウオッチを思わせる小振りなケース、オーセンティックなブレスレットのコンビネーションが素晴らしい。
現行のデジタル時計は、スポーティもしくはカジュアルなスタイルが主流のため、大人が違和感なく着けられるものは以外に少ない。
 その点、このモデルならば、悪目立ちせずに着けられ、しかも70年代のレトロな雰囲気でこだわりも主張できる。
 ラフなスタイルはもちろん、ジャケットスタイルとの相性も良いため、大人のセカンドウオッチとして、大いに活躍してくれるモデルといえるだろう。

》編集部のオススメモデル
VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)
DG2000 ステンレスベルト
ムーンウオッチで知られる某ブランドが1970年代後半に製作した伝説的デジタル時計を思わせるレトロなデザインが印象的。シンプルなディスプレイ、小振りなサイズ、オーセンティックな外装と、手頃な価格ながら、細部までデザインと質感に対するこだわりが光る。
V-TT
■Ref.DG-L-001-SR。SS(34mm径)。5気圧防水(50m防水に相当)。クォーツ。2万2680円

文◎船平卓馬(編集部)

【問い合わせ先】
ヨシダトレードカンパニー
TEL.03-5774-9042
》VAGUE WATCH CO.公式オンラインショップ
http://www.vague-w.co.jp

関連記事

  1. 【新作レビュー】SSケースのレアな“カラトラバ・ウィークリー・カレンダ…

  2. オリスのポップアップショップが期間限定で表参道にオープン!

  3. 日本を代表するパルクールとヘディスの2選手をZIIIRO(ジーロ)がサ…

  4. 【同じオーダーは2度と受け付けない】スペイン・バルセロナ発の“アトリエ…

  5. 完成度がすごい、セイコーの「機動戦士ガンダム」放送開始40周年限定モデ…

  6. 時計専門誌編集長がほしかった! 海外取材で使える薄型の腕時計用ポーチと…

  7. 大発明“ゼニスオシレーター”がついに量産化!ゼニス注目の2019年新作…

  8. 話題の新作スマートウォッチを実機で徹底レビュー! FOSSIL(フォッ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計