【ロレックス】通信 No.011|え、ロレックスが20万円台から狙える!? ドレス系アンティークのススメ《第1回》

 現行のスポーツ系モデルは、そのほとんどが国内定価を超えるプレミアム価格化となったいま、一般的なサラリーマンにとってロレックスは、もはやかなり遠い存在となってしまった感は否めない。

 かといってUSED 狙いにシフトしても、これまた新品価格に引っ張られて、そのUSEDでさえも高騰。手を出しにくい状況は変わらない。

 さらにその影響は現行モデルだけに留まらず、生産終了した旧モデルの価格さえも押し上げた。ユーザーにとってはもはや八方ふさがり状態。そのため「ちょっと手が出ないので諦めた」と言う声をよく耳にする。

 そんなロレックスだが、少し頑張れば手に入れられる価格帯のものがあるのをご存じだろうか。それはデイトジャストやオイスターデイトなどのベーシックなドレス系モデルだ。もちろん現行ではなく旧型。しかも型番が数字4桁の1960〜70年代(一部80年代)まで製造された言わばアンティークなのである。 

 このアンティークのドレス系だが、確かに以前よりも実勢価格はだいぶ上がってはいるが、実はモデルによっては30万円ぐらいの予算でも十分狙えるものもまだあるのだ。

 そこで、今回から3回にわたって以下のドレス系アンティークに注目してみたいと思う。
第1回「手巻きのオイスター」
第2回「オイスター・パーペチュアル」
第3回「デイトジャスト」

アンティーク初心者にもオススメな
20万円台から狙える手巻きのオイスター

 まず初歩的なことで恐縮だが、この時代の自動巻きと手巻きモデルの見分け方に触れておきたい。と言っても難しいことは何らない。文字盤の12時位置に表示されているモデル名を見れば簡単にわかる。自動巻きの場合はOYSTER(オイスター)の次に必ずPERPETUAL(パーペチュアル)と記載されている。オイスターとは防水ケースを意味し、パーペチュアルとは自動巻き機構のことを指す。つまり手巻きモデルにはこのPERPETUALという文字がなくOYSTERだけなのである。

日付け表示が付いた手巻きのオイスター・デイト。右はケース径30mmのRef.6466。左はケース径34mmのRef.6694。「ゼロからわかるロレックス・アンティーク編」より

 さて手巻きのオイスターの魅力は大きく二つある。ひとつは自動巻きに比べて薄くて軽いため着けやすいということ。サイズは30mmのボーイズと34mmのメンズの2種類があり、どちらも小振りのためスーツスタイルにバッチリ決まる。

 写真のように、革ベルトタイプだと、スポーティなブレスタイプとは趣がだいぶ異なり、ぐっと大人っぽく落ち着いた印象に変わる。加えて生産期間も50年代から80年代までとかなりのロングセラーだったこともあり、製造数も多く比較的流通量も多い。そのため年代によってはアンティーク色の強いものから、現代に近いベーシックなものまで、デザインや雰囲気もだいぶ変わり選択肢の幅の広さも魅力のひとつだ

手巻きの1200系はシンプルな設計で
壊れにくく、メンテナンス費用も安い

 そして二つめは、搭載されている手巻きムーヴメントが優秀だということ。これに搭載の1200系は、そもそもロレックスの自動巻きのベースムーヴメントとして開発されたものの最終形と言われている。そのため完成度は極めて高い。製造期間は1950〜1980年代後半までと40年近くも生産されている。このことからも、いかに完成度が高かったかがおわかりいただけるだろう。しかも、構造がシンプルなために壊れにくく、メンテナンス費用も抑えられるため、アンティークとはいえ、初心者にも比較的にリスクは少ない。

初出は1950年。センターセコンド仕様のCal.1210(デイトなし)とCal.1215(デイトあり)。そしてスモールセコンド仕様のCal.1200がある。耐久性も高く、いまも現役で使える傑作機だ。「ゼロからわかるロレックス・アンティーク編」より

 この1200系だが、1950年に最初に作られたのはCal.1210(デイト表示付きは1215)。その後1967年頃に改良が加えられてCal.1220(デイト表示付きは1225)に変更された。最大の違いは毎時1万8000振動から毎時2万1600振動に振動数が高められた点だ。もちろん、振動数が高い方が精度は安定する。そのため購入の際はこの点もチェックするといいだろう。

 このように使い勝手、性能と申し分のない手巻きオイスターだが、やはり最大の魅力は何と言っても、いまなお20万円台から流通しているということに尽きる。あまりにも高騰しすぎたロレックス市場において、ある意味では貴重な存在とさえ言えるのかもしれない。

 なお、手巻きのオイスターはロングセラーだったため、様々なバリーションが存在し、レファレンスの数もかなり多い。現在発売中のロレックス専門雑誌「ゼロからわかるロレックス・アンティーク編」にはその詳細を掲載している。気になる人は、ぜひそちらもチェックしてみてほしい。

文◎菊地吉正(編集部)

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

関連記事

  1. アウトライン(OUTLINE)裏話【第5回】ベルトも重要なファクター

  2. 国内最大規模のアンティーク時計・展示販売イベントが8月3日・4日に開催…

  3. 【回想】世界遺産、ベルンの時計塔と桜

  4. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.004|わずか1、2カ月で約5…

  5. 日本公演も大成功!ギター1本で9万人を魅了したエド・シーランの愛用時計…

  6. 【第2回】機械式時計が復権を果たす|平成元年〜平成10年(1989-1…

  7. 「新エアキング」3つの気になること。。

  8. 何でこんなに高騰!

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計