【スマートフォンが時計を狂わせる!?】意外と知らない時計の基礎知識-第1回は耐磁性を解説。

 時計のスペックは色々あるけれど、その中身を正確に理解できていないことは多い。そこで、毎月1回、テーマを変えて時計の基礎知識をビギナー向けに解説する連載企画がスタート。第一回のテーマは“耐磁性能”をクローズアップしていこう!

スマホやタブレットが磁力を発して腕時計を狂わせていた!?

 ゼンマイを動力に、微細なパーツを組み合わせたムーヴメントによって針を動かして時間を表示する機械式時計。スポーツウオッチというジャンルが存在していることもあり、多少荒く扱っても問題ないようなイメージが一般的には浸透しているかもしれないが、機械式時計はまごうことなき精密機器であり、デリケートなプロダクトであることに間違いはない。

 そんな機械式時計には、ケース内部への浸水、落下での破損、表面の擦過傷など、さまざまなアクシデントが存在しているが、現代社会で特に気を付けなければいけないのが、磁力による精度の低下。金属製の微細なパーツで構成される機械式時計は、磁力を受けるとムーヴメントのパーツの位置や動きに影響が出て、精度が落ちてしまうのだ。

》日常生活で磁気の影響を受けるシチュエーションとは?

 バッグの留め具や家具に付いているマグネットなど、日常生活のなかで磁力が時計に影響を与える場面は驚くほど多いが、現代の生活で最も身近なのが、スマートフォンやタブレットなど電化製品を使う場面だろう。一説によれば、タブレット端末に密着させると3万2000アンペア毎メートル、スマートフォンのスピーカー部分でも1万6000アンペア毎メートルとされる。
 JIS規格(日本産業規格)では4800アンペア毎メートルで第一種耐磁時計、16000アンペア毎メートルで第2種耐磁時計と定めているが、タブレット端末に密着させてしまうと、たとえ耐磁時計でも磁力の影響を受けて精度が落ちてしまうことになる。ちなみに、一般的な非耐磁時計のJIS保証水準は1600アンペア毎メートル。
 磁力を気にせずガンガン時計を着けたいのであれば、一般的な耐磁性能で満足することなく、さらに高度なプロ仕様の耐磁性を備えたアイテムを選ぶことが重要なのだ。

 一般的に、耐磁時計JIS 1種(4800アンペア毎メートル)以上の時計は5センチ以上、非耐磁の時計は10センチ以上離しておけば、磁気の影響をほとんど受けないとされている。写真左のようにタブレット端末を持って使用している場合はかろうじてセーフだが、写真右のようにタブレット端末の横に密着した状態で置いてしまうと磁力で精度に狂いが生じる可能性があるので要注意だ。

 もうひとつ、日常生活でありがちなのがバッグの留め具で磁気帯びしてしまうパターン。留め具の近くに置いておくのはかなり危険なのでやめておこう。

 留め具の近くに時計を置く、というシチュエーションはなかなかないと思うが、バッグを肩がけする際にも、あまり留め具の近くに腕を固定しないように注意したい。

》耐磁時計の仕組みをチェックしよう

 耐磁時計で最も一般的なのが、搭載しているムーヴメントを軟鉄のインナーケースで包み込む手法。
 インナーケースで磁気をカットするイメージが強いが、実際は外部からの磁気をカットするのではなく、インナーケースを通して外に磁気を逃す仕組みとなっている。写真は、全コレクションが8万アンペア毎メートルの耐磁性を備える、ドイツの時計ブランド“ダマスコ”のインナーケース。

 

》編集部のおすすめの耐磁時計-01
SEIKO(セイコー)
セイコー プロスペックス ルクスライン
 高い審美性と実用性を併せ持つセイコー プロスペックスのハイエンドコレクション。このモデルは“月光揺らめく月夜の海”をコンセプトにしており、セラミックスと金属を混ぜ合わせたプラチナカラーのサーメット製のベゼルが“夜空に浮かぶ月の光が海面に反射して揺らめく様子”、チャコールグレーの文字盤に映えるゴールドカラーの秒針が“月明かり”を表現している。300m防水、JIS耐磁時計1種のスペックを備えており、実用性も高い。

■Ref. SBDB037。TI(44.8mm径)。300m飽和潜水用防水。4800アンペア毎メートル(耐磁性)。スプリングドライブ(Cal. 5R65)。数量限定200本。74万8000円

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室(☎0120-061-012)
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/sbdb037

 

》編集部のおすすめの耐磁時計-02
BALL WATCH(ボール ウォッチ)
エンジニア ハイドロカーボン オリジナル
 代表作であるエンジニア ハイドロカーボンの誕生15周年を記念したアニバーサリーモデル。ヒゲゼンマイの変形や絡みを防ぎ、衝撃の影響を最大66%も緩和するスプリングロック耐震システムにはじまり、衝撃の影響を無力化するスプリングシール耐震システム、ムーヴメントを保護するアモータイザー衝撃吸収リングなど、ボールの耐衝撃技術を結集しつつ、コレクション最小の40mm径を実現。7500Gsの耐衝撃性、300m防水、8万アンペア毎メートルの耐磁性と、驚異的なスペックを備えている。

■Ref.DM2118B-S1CJ-BK。SS(40mm径)。8万アンペア毎メートル(耐磁性)。300m防水。自動巻き(Cal.RR1102C-SL)。30万8000円

【問い合わせ先】
ボール ウォッチ・ジャパン(☎03-3221-7807)
https://www.ballwatch.co.jp/2019_winter_extreme_campaign/

 

》編集部のおすすめの耐磁時計-03
DAMASKO(ダマスコ)
TYPE DSスポーティ スリーハンド
 金属加工会社を母体に、先進技術を取り入れたウオッチメイキングを展開するドイツ屈指の技術系時計ブランド、ダマスコ。このモデルは、DIN規格に準拠し、それを超える自社規格の耐磁性、耐久性、防水性を備えつつ、ダマスコで最も薄い9.95mmのケース厚を実現している定番モデルのひとつ。耐磁インナーケースを格納し、8万アンペア毎メートルの耐磁性を備えているとは思えない薄型のフォルム、39mmの程よいサイズ感により、タフな実用時計でありつつ、ストレスなく着けられる快適な装着感を獲得している。

■Ref. DS30 L。SS(サブマリンスチール/39mm径)。200m防水。8万アンペア毎メートル(耐磁性)。自動巻き(Cal.ETA 2824-2)。19万2500円

【問い合わせ先】
ブレインズ(☎03-3510-7711)
http://damasko-watch.jp/productinfo/ds30/

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 芸術の秋、スウォッチとティッセン美術館がコラボしたアートウオッチはいか…

  2. 【これからの季節に相性抜群】スイスの時計ブランド“ウェンガー”からダイ…

  3. 【“私らしく”を叶える】働く女子に向けた新しい“カシオ シーン チタン…

  4. セイコーダイバーズを象徴する外胴プロテクターモデルの最新作

  5. 【スケルトン感アップ!】レイモンド・ウェイルからフランスの伝統色“アン…

  6. 【お得な特典を見逃すな!】“My 1st BALL Watch(ボール…

  7. 【知っておきたい腕時計の基本】いまやほぼすべてのムーヴメントに搭載され…

  8. 新生活に最適! レディースウオッチを手掛ける“エンジェルハート”から春…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計