【2020年新作時計速報】パネライ(PANERAI)

ルミノール マリーナがさらに拡充された2020年新作!

 本日、2020年4月25日(土)の日本時間19時から特設サイト“watchandwonders.com”で一般公開される、パネライの2020年新作モデルの速報として一部のモデルについて紹介したいと思う。

 2019年モデルでは、パネライの本格的なダイバーズウオッチラインである“サブマーシブル”に的を絞ったラインナップだったのに対して、2020年モデルはルミノール マリーナを中心としたものとなっているのが特徴だ。

 ここではその中から、視認性にこだわったルミノール マリーナ DMLS – 44 MM(PAM01117)、モノクロデザインが魅力のルミノール マリーナ DMLS – 44 MM(PAM01662)、そして新素材を採用したルミノール マリーナ フィブラテック™ – 44MM(PAM01663)の3モデルを取り上げる。

ルミノール マリーナ DMLS – 44MM(PAM01117)

 すでにご存じの人も多いと思うが、ルミノール マリーナのルミノールは、70年前にパネライが開発したトリチウムベースの発光物質、ルミノールに由来している。そして今回発表された新作、ルミノール マリーナ – 44mm(PAM0117)は、まさにそれを象徴するモデルに仕上がっていると言えるだろう。

 夜光素材には、より強化された最新のスーパールミノバ™ X1を使用。しかも通常は、インデックスや針に使われるのが一般的なのだが、この新作の夜光は、文字盤のロゴ、リューズプロテクターのブリッジ、リューズトップ、レバー、そしてベルトのステッチに至るまで夜光が使われており、徹底して暗闇での視認性が強化されている点が大きな特徴なのである。

 また、直接金属レーザー焼結方式として知られる技術を用いたチタン製のケースは、驚くほど軽く、ベルトを含めて何と100グラムというのも見逃せない。搭載されているのは自社開発の自動巻きムーヴメント、P.9010。ツインスプリングバレルによって3日間のパワーリザーブを誇る。

■Ref. PAM01117。Ti(44mm径/厚さ15.65mm)。30気圧防水。自動巻き(Cal. P.9010/約3日間パワーリザーブ)。209万円+税(12月発売予定、ブティック限定270本)

ルミノール マリーナ DMLS – 44 MM(PAM01662)

 ルミノール マリーナDMLS ‐ 44mmの最大の特徴は、マットなアンスラサイトの文字盤に、同系色のグレーのスーパールミノバをあえて合わせ、トーンオントーンの配色をデザイン的に取り入れることで独特のモノクロデザインを表現している点に尽きる。シックなモノトーンながら独特の存在感が魅力だ。

 ケースは、直接金属レーザー焼結方式DirectMetal Laser Sintering(DMLS)テクノロジーを採用したチタン製。ベゼル、リューズ、そしてレバーには、パネライが独自に開発した高度な複合素材、カーボテック™が用いられている。

 ルミノール マリーナ ファミリー共通の自動巻きムーヴメントである、P.9010を搭載。ツインバレルによって3日間ものロングパワーリザーブを誇る。防水機能は30気圧で、パネライ スポーテック™のベルトは全体のトーンに合わせてブラックにアンスラサイトステッチが施された。

■Ref. PAM01662。Ti(44mm径/厚さ14.2mm)。30気圧防水。自動巻き(Cal. P.9010/約3日間パワーリザーブ)。164万円+税(11月発売予定)

ルミノール マリーナ フィブラテック™ – 44MM(PAM01663)

 鉱石である玄武岩の繊維(バサルトファイバー)を用いるという、驚くべき発想で誕生した新素材、パネライ フィブラテック™が、このルミノール マリーナ フィブラテック™ – 44mm に時計業界で初めて用いられた。

 パネライ フィブラテック™は、玄武岩を融解して生産される一方向の鉱物繊維を、時計のケースとして成形するために、ポリマーと正確な方向で重ね合わせて薄い層をつくり、制御された温度と圧力で統合する。そして驚くことに、スチールより70%、チタンより55%軽く、さらにカーボテック™よりも5%軽い、弾力性と高い耐食性を有するスグレモノだ。

 しかも、不均一なマットグレーの外観には、素材を切断する際にできる模様が現れるが、同じ柄を製作することは不可能なため一つひとつ違う。まさにオンリーワンという点も大きな魅力なのではないか。もちろん、ベゼル、リューズ、レバーはカーボテック™製である。

■Ref. PAM01663。フィブラテック™(44mm径/厚さ15.65mm)。30気圧防水。自動巻き(Cal. P.9010/約3日間パワーリザーブ)。176万円+税(2021年1月発売予定)

そのほかの新作はこちらでチェック
https://www.panerai.com/

文◎Watch LIFE NEWS編集部

オススメ記事

  1. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  2. 新作のアイコン ブロンズがオオミヤだけで限定リリース

  3. コルムが本領を発揮!? アヴァンギャルドすぎるダマスカスウオッチをリリ…

  4. オールブラックの腕時計を世界で初めて作ったのはポルシェ・デザイン!?

  5. 発売後即完売した、TiCTAC(チックタック)のセイコー別注モデルが再…

  6. 【10万円以下から価格別で厳選】編集部員がリアルに欲しいと思った腕時計…

  7. お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レ…

  8. JAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)、“グラン・セコンド カンティ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計