【2020年新作時計速報】ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)

 4月25日、オンラインで新作を発表するという新たなスタイルを採った“Watches & Wonders 2020”。ここではボーム&メルシエの新作を紹介しよう。

 

話題を集めた“ボーマティック”のバリエーションを拡充

 2018年。この年発表されたモデルでひと際話題を集めたのが、ボーム&メルシエとリシュモングループ傘下のムーヴメントメーカー、ヴァル・フルリエとで共同開発された、新たな基幹ムーヴメント“ボーマティック”を搭載したクリフトン ボーマティックだ。というのも、このボーマティックはあくまで量産ムーヴメントでありながらも、約1500ガウスの高耐磁性能に加え、約5日間のパワーリザーブ、さらにクロノメーター級の精度を誇るなど、実用時計としては申し分ないパフォーマンスを備えていたためだ。

 そんな優秀なムーヴメントを有するボーム&メルシエは、今年クリフトン ボーマティックにニューモデルを投入。バリエーションをいっそう拡充させた。
 

クリフトン ボーマティック デイデイト、ムーンフェイズ

 クラシカルで落ち着いた印象ながら、独特の美しさを放つクリフトン ボーマティックの新作は、新たにポインター式デイデイト表示とムーンフェイズ表示が追加されたスモールコンプリケーションだ。
 驚くべきは機能を増やしながらも、“ボーマティック”ムーヴメントの大きな特徴である 長時間駆動や高耐磁性といった、優れたパフォーマンスを実現している点である。

 またそのデザインにも注目したい。
 ポリッシュとサテン仕上げを施し、ラッカー仕上げのグレーのグラデーション文字盤を引き立てた18金ピンクゴールド製の42mm径ラウンドケース。
 そこに収まるのは、台形のリベット式インデックスとゴールドトーンのエレガントなアルファ針を組み合わせた文字盤で、その6時位置には星空を背景に美しいムーン表示が顔をのぞかせている。

 古典機構であるムーンフェイズを生かし適度なクラシカル感を演出しつつも、決して古さを感じさせない美しいデザインに仕上げている。

■Ref.M0A10547。K18PG(42mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.BM14 1975 AC2/120時間パワーリザーブ)。予価127万5000円+税(10月発売予定)

 

クリフトン ボーマティック ムーンフェイズ、デイト

 ムーンフェイズとポインターデイト表示を備えたバリエーション。
 陶磁器のように仕上げられた白文字盤と、交換可能なインターチェンジャブル機構を備えるブレスレットのコンビネーションで、ビジネスシーンにも映えるスタイリッシュな雰囲気を与えているのが特長だ。

 搭載するのはCal.BM14 1975 AC1で、これも前出のデイデイト、ムーンフェイズ同様に約5日間パワーリザーブ、1500ガウスの耐磁性能、そしてクロノメーター級の精度を誇る。
 優秀なスペックに対して、価格は44万円とかなりお値打ちだ。
■Ref.M0A10552。SS(42mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.BM14 1975 AC1/120時間パワーリザーブ)。予価44万円+税(10月発売予定)

 

ハンプトン メン ビッグデイト、デュアルタイム ラージ

 クリフトン ボーマティック以外にも新作は発表されている。
 ボーム&メルシエの中でも唯一のレクタンギュラーモデルとして展開される“ハンプトン”が、これまでのデザインを刷新したのだ。

 特長は1920年代の建築ムーブメントとして世界的に知られるアール・デコを表現したフォルムを新たに採用した点である。直角を避けながら、滑らかな曲線美が強調された新しいケースデザインは、当時のトレンドをイメージしたものだ。

 さらにユニークなのが、色彩表現である。
 外周部にテクスチャーのオパーリンを施したシルバートーンの文字盤に、現代的なスタイルの剣を模したブラックルテニウム針をセット。さらに古典的なレイルウエイトラックの内側にグレーを採用するという、個性あふれるカラーリングを採用し魅力的な表情に仕上げられている。

 なおメンズでは、ビッグデイトとデイナイト表示を備えたLサイズ(31×48mmサイズ)のRef.M0A10523と、同じくLサイズのスモールセコンド仕様Ref.M0A10528、そしてMサイズ(27.5×43mmサイズ)のセンターセコンド仕様Ref.M0A10522の3モデルが発表されている。


■Ref.M0A10523。SS(31×48mmサイズ)。5気圧防水。自動巻き(42時間パワーリザーブ)。予価43万5000円+税(5月発売予定)

文◎Watch LIFE NEWS編集部
 

【問い合わせ先】
ボーム&メルシエ(☎0120-98-8000)
https://www.baume-et-mercier.com/jp/ja/

オススメ記事

  1. コストパフォーマンス最強、1万円台のG-SHOCK(ジーショック)売れ…

  2. 【2020年新作時計速報】ピアジェ(PIAGET)

  3. FRANCK MULLER(フランク ミュラー)の主力ライン、“ロング…

  4. 【5万円以下でこの雰囲気は魅力】カナダ発、マニアな“角形メカクォーツク…

  5. 【店頭予約開始】フランス時計YEMA(イエマ)のGMTコレクションに、…

  6. 【日の丸デザインが魅力!】ハイテク素材を取り入れる革新ブランドの“ゴリ…

  7. 日本未上陸ブランド傑作選/No.18 Montres Karsten …

  8. 女性編集者がセレクト! 見るだけでも楽しめる“変形ケース”5選 

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計