【シャウボーグウオッチ2020年新作】意外に合うかも。ムーンフェイズ×グリーン文字盤

 ドイツの時計ブランド、シャウボーグウオッチから2020年の新作として発表されたのが、本物さながらの大径ムーン表示が特徴となった“ムーン”シリーズのニューモデルだ。

 43mmのケース径に対して13.4㎜径という大きなムーンフェイズ表示は、実際の月を転写して仕上げられており、そのリアルさが好評を博している同シリーズ。新作ではこのムーンをベースに、文字盤に天然のアヴェンチュリンストーンが採用されている。

 このアヴェンチュリン ストーンとは、古代ギリシャでは勇気と快楽を生み出すと伝えられていた“幸運”を意味するイタリア語の“a ventura”が語源の鉱石で、なかでも砂金のようにキラキラとした輝きが見られるタイプをアベンチュレッセンスと呼ぶ。余談だが、アヴェンチュリンは5月の誕生石のひとつにも数えられている。
 またカラーバリエーションもいくつかあるが、今回の新作では天然のグリーンアヴェンチュリンが採用された。

 ムーンフェイズモデルと言えば、かつて複雑機構のひとつに数えられていたため、ほとんどがドレスウオッチとして展開されており、文字盤カラーはブラックやホワイトが定番だ。
 それだけに本作のようなグリーンカラーはかなり異色なのだが、キラキラと輝く天然のアベンチュリンを採用することで、ムーンフェイズ機構のもつ神秘性がいっそう強調されている。そしてこれが意外とカッコいい。

 またムーンフェイズは122.5年に1日の誤差しか生じないという高精度を実現している点も見逃せない。

ムーン表示、インデックスなどにはルミノバが施されており、暗所でより神秘的な雰囲気を醸し出す

 近年、ムーンフェイズモデルをラインナップに加えているブランドは多いが、そのなかでもムーン アヴェンチュリンの存在感は群を抜くだろう。

ムーン アヴェンチュリン
■SS(43mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.SW-11)。予価82万5000円(6月発売予定)

 

 

【問い合わせ先】
ユーロパッション(TEL:03-5295-0411)
シャウボーグウオッチ公式サイト
http://www.europassion.co.jp/schaumburg/

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

  2. 本国ドイツで大人気。ユンハンス“マイスター”に日本限定仕様が登場

  3. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

  4. 【A.ランゲ&ゾーネ 2020年新作第2弾】ランゲ1・タイム…

  5. 高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

  6. ランゲ1の25thアニバーサリーコレクション第9作目は小振りなムーンフ…

  7. ドイツ時計【グラスヒュッテ・オリジナル】の人気レトロダイバーズに新バリ…

  8. ドイツ時計の伝統と革新を探る<3/4プレート>

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計