【海外市場から日本へ勢力を拡大!?】セイコー製メカクォーツを搭載したクロノグラフに注目

 近年、海外ブランドを中心に数を増やしている “メカクォーツクロノ”。今回は、メカクォーツクロノについて解説しつつ、いま市場ではどんなアイテムが買えるかもリサーチしてこう!

ツウなブランドがこぞって採用、セイコーのメカクォーツクロノ

 今回、記事のテーマに選んだ“メカクォーツクロノ”とは、簡単に言うと、機械式(メカ)とクォーツの特徴を兼ね備えたクロノグラフである。

 厳密には、動力にアナログクォーツの機構を用いる一方、クロノグラフ機構(特にリセット機構)にアナログな機械的モジュールを採用しているムーヴメントを指しており、クォーツでありながらクロノグラフ秒針が機械式のように小刻みに運針し、瞬時のゼロリセット機構を備えているのが特徴だ。

 その最盛期は、1990年代とされており、当時はジャガー・ルクルトなどの名門が“メカクォーツクロノ”のムーヴメントを製造。高級ブランドでも使用されていたのだが、2000年代に入ると製造数が減少し、その多くがひっそりと市場から姿を消している。

 そんな状況に変化が生じたのがここ数年のこと。セイコーマニュファクチャリング社のメカクォーツクロノ、VKシリーズを搭載したモデルが海外ブランドからリリースされ、時計好きを中心にメカクォーツクロノ”とそのマニアックな機能が再び注目を集めているのだ。

 今回は、そんな“メカクォーツクロノ”のなかから、大人が着けても様になる三つのモデル厳選してみた。それぞれ個性とクオリティの高さが光る魅力的な
モデルばかり。テイストもまったく異なるため、全部揃えて着け替えを楽しむというのも悪くない。

》クロノの帰零機構こそがメカクォーツの真骨頂

 2時位置にあるのがクロノグラフのスタート・ストップボタン。一般的なクォーツクロノグラフとは異なり“カチッ”とした機械式のようなクリック感があるのが大きな特徴。4時位置にあるのがクロノグラフのリセットボタン。これを押すとクロノグラフの各針が瞬時にゼロリセットされる。これも一般的なクォーツクロノグラフにはなかった特徴である。

》シースルーバックだとよくわかる機械的なクロノグラフ機構

 アンダーンではシースルーバックを選択できるのでメカクォーツクロノの動きを確認するのにうってつけ。といっても、プレートで覆われているのでシースルーバックといえどもわかりにくいが、赤丸で囲んだ部分がパーツの規制がクロノグラフのスタートとともに外れ(右)、リセットにより再びプレート下で動いているパーツを規制している(左)。
 写真では見えないが、クロノグラフ秒針、時、分積算針の同時帰零(ゼロリセット)を瞬時に行うとともに、耐久性やメンテナンス性をも高めるため、機械式クロノグラフと同じくセイコー独自の“三叉ハンマー”も採用されている。

 

》編集部のおすすめモデル-其の1
UNDONE(アンダーン)
アーバン ヴィンテージ キリー

 セイコーマニュファクチャリング社製のCal.VK61Aを搭載している“アンダーン”のアーバン ヴィンテージ キリー。センターにクロノグラフ秒針、12時位置に60分積算計、6時位置にスモールセコンドを備えた縦二つ目のタイプである。センターのクロノグラフ針が機械式のように滑らかに動く様は必見。

■ SS(40mm径)。3気圧防水。クォーツ(Cal.VK61A)。3万5400円

【問い合わせ先】
アンダーン ジャパン(support@undone.co.jp)
https://undone.co.jp

 

》編集部のおすすめモデル-其の2
YEMA(イエマ)
ラリーグラフ クォーツ

 1966年に登場(直接的なデザインの祖は74年モデル)したレーシングクロノグラフ“ラリーグラフ”をベースに製作された、イエマ初のクォーツクロノグラフ。オリジナルモデルにも見られた特徴的な台形インダイアルは、ヴィンテージカーのダッシュボードからインスパイアされたデザイン。搭載するムーヴメントはもちろん、メカクォーツクロノだ。

■Ref.YMHF1572-UU。SS(39mm径)。10気圧防水。クォーツ(Cal.VK64)。4万4000円

【問い合わせ先】
イエマジャパン(TEL.03-5875-8810)
https://jp.yema.com

 

》編集部のおすすめモデル-其の3
CORNICHE(コーニッシュ)
ヘリテージ クロノグラフ ローズゴールド

 1950年代頃のクロノグラフにインスパイアされた1本。美しい艶をもつセラミックダイアルやアップライト インデックス、ファセット付きのドーフィン針が当時の個体を彷彿とさせる。また、ヘアラインとポリッシュで磨き分けられたケースや手作業で磨かれたインデックスが高級感を漂わせる。機械式の要素をもつメカクォーツクロノを採用することで中身にもこだわりを見せた。

■Ref.CW-HC-RG。ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径39.5mm。5気圧防水。クォーツ(Cal.VK64)。5万6100円

【問い合わせ先】
H°M’S” WatchStore 表参道(TEL.03-6438-9321)
http://timegear-onlineshop.com/?mode=cate&cbid=2590120&csid=0

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 今年も登場。マックス・ビル バイ ユンハンスの限定エディション

  2. 約30日間充電不要のスマートウオッチ“GLAGOM ONE(グラーゴム…

  3. ショパールのレディースライン“ハッピースポーツ”にオーバルケースが新登…

  4. 初号機5000系の系譜を継ぐフルメタルG-SHOCKが登場

  5. 【WLN女子部発】スポーティデザインが加わったCENTURY(センチュ…

  6. 創業100周年を迎えたミドーがレディースウオッチのデザイン投稿キャンペ…

  7. 【丸くないだけで印象は一変】ラウンド“じゃない”腕時計を集めました!

  8. ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計