【月刊G-SHOCK(ジーショック)】no.005|「プロユースの本格派」ハイテクを惜しみなく投入したMASTER OF G 人気BEST 5

 カシオ計算機協力のもと、毎月、トレンドや季節、予算などといったテーマ別に“G-SHOCK(ジーショック)”の人気モデルBEST5を紹介する【月刊G-SHOCK】。
 5回目となる今回は、プロユースとして優れたスペックを誇る”MASTER OF G(マスター・オブ・ジー)”シリーズの人気BEST5を発表する。

各シチュエーションに合った機能性を特化
“MASTER OF G”の人気ベスト5を発表!

 どんなシチュエーションでも正確に時を刻むというG-SHOCKのスペックを最初に評価したのは、特殊部隊や消防隊の隊員といった過酷な現場で働くスペシャリストたちだったというのはよく知られている。
 そうしたG-SHOCKの機能性や堅牢設計をさらにワンランク進化させて、プロの使用を前提としたシリーズが“MASTER OF G”だ。

 従来シリーズにあったファッション性やカジュアルさを極限まで削ぎ落とし、そのルックスは無骨でソリッド。時計というよりは計器といった無骨さだが、そこがいかにも実用重視のプロ仕様という趣で、プロ用ツールならではの機能美に通じてくる。

 そんなMASTER OF Gシリーズの歴史は意外に古く、そのルーツは1990年代までに遡る。
 陸・海・空を制するというコンセプトをもとに、砂埃や泥に強い“MUDMASTER(マッドマスター)”、気圧計と温度計を備えた登山用ウオッチ“RISEMAN(ライズマン)”、ダイバーズ仕様の“FROGMAN(フロッグマン)”、四つのセンサーを備えた“GULFMASTER(ガルフマスター)”、耐衝撃性に優れたパイロット仕様の“GRAVITYMASTER(グラビティマスター)”など、現行ラインナップでは多くのバリエーションが派生しており、いずれもG-SHOCKが長年培ってきたハイテクが惜しみなく投入されているのである。

 また機能面の充実に加え、外装も耐久性が一段高いメタル素材など高品位な素材が使われることが多い。
 そのため価格もベーシックなG-SHOCKと比べると高めに設定されているが、腕に着けたときの質感が良いだけに、それだけの価値は十分に実感できるはずだ。

 今回はプロユースとして支持されるMASTER OF Gの人気モデルをピックアップして紹介しよう。

 

》人気BEST 1
FROGMAN GWF-A1000-1A2JF
 “FROGMAN”初のアナログ針表示モデル。外装は高級感あるカーボン繊維入りの強化樹脂を採用し、ISO規格200m潜水用防水機能を実現するためにケースと裏ブタを一体化させたモノコックケースになっている。
 インダイアルにはタイドグラフも装備。専用アプリ“G-SHOCK Connected”を介してスマートフォンを連携することで、アプリ内に内蔵されている世界約3000カ所の潮汐データを簡単に設定することができる。そのうえ、時計側で計測したダイビングログをアプリ上で確認できるなど、ダイバーズウオッチとして究極の進化を遂げたモデルだ。
■カーボン×ステンレススチールケース(56.7×53.3mmサイズ)。ISO200m潜水用防水。クォーツ(タフソーラー)。9万9000円

 

 

》人気BEST 2
FROGMAN GWF-1000-1JF
 “FROGMAN”としてはおなじみのアシンメトリーデザインを踏襲しつつ、新開発の受信アンテナやメタルケースを採用。これによってISO規格200m潜水用防水機能と世界6局の標準電波受信を両立させて、実用性を飛躍的に高めている。
 ダイビングログデータメモリーのほか、タイドグラフやムーンデータ表示も可能で、水中でも操作しやすいように大振りのボタンデザインを採用。フロントビスの削り出しステンレスや、ダイアル縁取りの削り出しアルミニウムなど、全体の質感も上々だ。
■ステンレススチール×樹脂ケース(58.3×52.8mmサイズ)。ISO200m潜水用防水。クォーツ(タフソーラー)。7万4800円

 

 

》人気BEST 3
MUDMASTER GWG-1000-1A3JF
 “MUDMASTER”は瓦礫や土砂が山積・散乱するようなシチュエーションで使われることを想定したモデルだ。
 重機などの使用にも耐える耐振動構造のほか、ボタンやシャフトなどに多数のガスケットを内装することで、泥や埃の侵入を防ぐ新マッドレジスト構造も採用されている。
 標準電波受信はもちろん、気圧・高度・方位・温度計測機能も備え、タフな現場でも強力な味方になってくれるはずだ。極太のベゼルや力強い書体のインデックスなど、ルックスも完成度が高い。
■樹脂×ステンレススチールケース(59.5×56.1mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(タフソーラー)。8万8000円

 

》人気BEST 4
GRAVITYMASTER GWR-B1000-1A1JF
 強烈なGや衝撃にも耐えるパイロットウオッチ“GRAVITYMASTER”。
 外部衝撃からモジュールを保護するカーボンコアガード構造と、ケースと裏ブタを一体化させたモノコック構造を採用しつつ、72gという軽量化に成功している。
 正確な時を刻むBluetooth搭載電波ソーラーに加え、飛行時の計算に役立つフライバック機能付きストップウオッチを備え、パイロットウオッチとして役立つ工夫が随所に施されている。ケースから大きく張り出したプッシュボタンも迫力があり、操作性も高い。

■カーボンケース(50.1×46.4mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(タフソーラー)。9万9000円

 

》人気BEST 5
RANGEMAN GPR-B1000-1JR
 ジャングルや砂漠といった究極の環境下で使用されることを想定されたモデルで、耐衝撃、防塵・防泥、耐低温、防水仕様の強化ボディに、G-SHOCKで初めてGPSナビゲーション機能を搭載した。
 また方位計も装備しており、目的地までのガイド機能をサポート。充電はワイヤレスとソーラーの2種類に対応しており、GPS機能が使えないバッテリーレベルになっても、高照度の光によるソーラー充電で一定時間再駆動させることができる。アプリとの連携機能も備えており、様々な使い方が考えられるモデルだ。
■樹脂×ステンレススチールケース(60.3×57.7mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(タフソーラー)。11万円

 

構成◎堀内大輔(編集部)/文◎巽 英俊/情報協力◎カシオ計算機

 

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室 TEL:03-5334-4869
https://g-shock.jp

オススメ記事

  1. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/ZODIAC(ゾディアック)

  2. グラスヒュッテ・オリジナルの新しい期間限定モデルがローンチ

  3. 1940年代に12の時計メーカーが製造した、往年の英陸軍向け軍用時計を…

  4. 【月刊G-SHOCK】no.004|「これは便利!」スマートフォンリン…

  5. ランゲ1と双璧をなす人気ファミリー“サクソニア”

  6. バーゼルワールドで見つけた、黒い森の気鋭ドイツ時計

  7. 昔ながらの製造方法で生み出す高品質ミラネーゼブレス

  8. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.009|予算別で5…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計