【40代以上は必見!?】シチズンのアナデジテンプからブローバのサーフボードまで、カジュアル時計の復刻モデルが面白い。

 1970年代から90年代の後半に発売されていた往年の名作からインスパイアされた復刻モデルがカジュアルウオッチで勢力を拡大。編集部のオススメ4モデルを紹介していく。

復刻モデルブームがカジュアルウオッチ界にも拡大か!?

 近年、スタイルやシーンを選ばずに着けることができる使い勝手の良さから北欧を中心にしたミニマル系のデザインがメインストリームとなっていたカジュアルウオッチ。しかし、ここに来てミニマル系とは真逆ともいえる、個性的な復刻モデルが注目を集めている。

 ここで注目したいのが、モチーフとなっている時計の製造年代だ。復刻モデル自体は、以前から時計界で人気を集めていたのだが、従来に比べて、より製造年代が新しいモデルまで、ラインナップの振り幅が広くなっているのがここ最近の面白いところ。復刻モデルといえば、これまではアンティークに分類される1950年代〜60年代前後のモデルだったが、今季は70年代〜90年代後半に人気を博したモデルの復刻が増えているのだ。

 90年代と聞くとつい最近のように思えるが、実際は20年以上の時間を経過しているため、若者にとっては新鮮なデザイン、筆者のように40代以上の時計好きにとっては懐かしさを感じるデザインとなっており、大人のセカンドウオッチとして、人気を集めているというわけだ。

 今回は、そんな復刻デザインの腕時計から、おすすめの4モデルを厳選したので、ぜひ、購入の参考にしてみて欲しい。

 

》編集部のおすすめモデル-其の1
BULOVA(ブローバ)
アーカイブス シリーズ クロノグラフA“サーフボード”

 1970年~71年まで、わずか2年間のみ生産された幻のモデル“クロノグラフA”を忠実に再現したアーカイブコレクションの新作。オリジナルモデルは “サーフボード”の愛称で知られており、文字盤中央にレイアウトされたサーフボードを思わせる楕円形のデザインがアイコンとなっている。楕円デザインに加えてツートンのアルミベゼル、ファブリック調のラバーストラップなど、70年代ならではのデザインがレトロ感を醸し出している。

■Ref. 98A253。SS(40.5mm径)。20気圧防水。クォーツ。6万9300円

【問い合わせ先】
ブローバ相談室(TEL. 0570-03-1390)
公式サイト:https://bulova.jp/news/200611_2/

 

》編集部のおすすめモデル-其の2
CITIZEN(シチズン)
アナデジテンプ

 1980年代に大ヒットしたアナデジテンプを再現。これまでにもインディペンデントやセレクトショップのエクスクルーシブモデルとしてリバイバルモデルが何度かリリースされてきたのだが、この復刻モデルは余計なアレンジを加えることなく、1982年に発売されたオリジナルの雰囲気を再現しているのがポイント。横幅31mmの小ぶりなサイズ、80年代ならではの近未来的な多機能デザインがマニア心をくすぐってくれる。

■Ref. JG2103-72X。SS(31mmサイズ)。日常生活防水。クォーツ。2万8600円

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室(TEL.0120-78-4807)
公式サイト:https://citizen.jp/product/collection/lineup/detail/index.html?seihin_no=JG2103-72X

 

》編集部のおすすめモデル-其の3
SWATCH(スウォッチ)
ビッグボールド ジェリー

 大振りな47mm径のケースが存在感を主張するスケルトンモデル。実は、1985年発売されて一世を風靡した“ジェリーフィッシュ”をベースにしており、ブルー・レッド・イエローの針や透明なケースなど、アイコニックな意匠を継承している。

■Ref.SO27E100。プラスチック(47mm径)。3気圧防水。クォーツ。1万3200円

【問い合わせ先】
スウォッチコール(TEL.0570-004-007)
公式サイト:http://shop.swatch.com/ja_jp/

 

》編集部のおすすめモデル-其の4
FOSSIL(フォッシル)
ビッグティック日本限定復刻モデル

 1999年の発表以来、爆発的人気を博したビッグティックの復刻第2弾。アナログ時計に、スクロールするデジタルアニメーションの秒表示を融合したユニークなデザイン、ダブルストラップデザインがこだわりのポイントだ。

■FS5739。SS(40mm径)。5気圧防水。クォーツ。1万6500円

【問い合わせ先】
フォッシルジャパン(TEL. 03-5992-4611)
公式サイト:https://www.fossil.com

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【日本を代表するマニュファクチュール】グランドセイコーが2021年度グ…

  2. 【部品の製造国からコストまで公開!?】スイスの新世代ブランド、“COD…

  3. 【ファン必見!】“グレイトフルデッド”の世界観が盛り込まれたニクソンの…

  4. 【伝説のレーシングマシンRC 162がモチーフ】“EDIFICE(エデ…

  5. ゼロからわかる、大人のデジタル時計選び【第2回-時計好きも思わずうなる…

  6. 【実機で本音レビュー】予算10万円台、変形ケースが目を引くZODIAC…

  7. 【時計界のダークホース、東欧ウオッチが熱い!?】陸海空を網羅するスロバ…

  8. 注目作をユーザー視点で本音レビュー! 話題の新作インプレッション/ペキ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計