【A.ランゲ&ゾーネ新作速報】特別な日である12月7日を祝して新作3モデルを発表

 ドイツの高級時計ブランド、A.ランゲ&ゾーネにとって“12月7日”は特別な日だ。
 いまから175年前の1845年、創業者フェルディナント・アドルフ・ランゲがザクセン高級時計産業の礎となる時計工房を設立した日であると同時に、後にひ孫であるウォルター・ランゲが今日のA.ランゲ&ゾーネを再設立した日(1990年)でもあるからだ。
 この特別な日を祝して、A.ランゲ&ゾーネから新作3本が発表された。

12月7日に発表されたばかりの新作3モデル

 

NEW MODEL
サクソニア・アウトサイズデイト

 A.ランゲ&ゾーネを象徴するモデルである“ランゲ1”は、「新たなる規範を確立するような時計」というコンセプトを掲げて1994年に生み出された。
 これに対して同じ年に生まれた“サクソニア”は、「常に機構を最優先すること」をコンセプトに掲げている。わかりやすく言うと、サクソニアの場合、ムーヴメントを出発点としてひとつの時計が作られているのである。“サクソニア”というモデル名も、昔からドイツ国内でも技術開発において先駆的な地方で、工業化を牽引してきたザクセン州に由来している。

 今回、発表された新作は2018年に発表されたサクソニア・アウトサイズデイトに、シルバー文字盤を新たに与えたバリエーションだ。
 今日、同社を象徴するアウトサイズデイト(ビッグデイト)の対角にスモールセコンドが配置された、均整の取れた優美なデザインがより洗練された雰囲気をまとった。

■Ref.381.032。K18PG(38.5mm径/9.6mm厚)。日常生活防水。自動巻き(Cal.L086.8)。税抜予価298万円(2020年12月発売予定)

■Ref.381.026。K18WG(38.5mm径/9.6mm厚)。日常生活防水。自動巻き(Cal.L086.8)。税抜予価298万円

 

NEW MODEL
サクソニア・フラッハ

 もうひとつの新作が薄型の2針モデルとして展開されるサクソニア・フラッハの限定版である。
 文字盤に微細なコッパーカラーの粒が散りばめられ、サクソニアファミリーのなかで最も神秘的な雰囲気をもつモデルのカラー展開として、ブラック文字盤が与えられたのである。

 この魅惑的な文字盤で用いられているゴールドストーン(紫金石)の製法は、17世紀にベネチアで発見された。
 ブラック文字盤のなかでキラキラと輝くコッパーカラーの粒子は、ガラスを加熱する間に銅が極小の結晶を形成したもので、その溶融ガラスを細心の注意を払いながら、シルバー無垢のダイアルに何層にも重ねていく。
 艶やかなブラックのレザーベルトを組み合わせて、時計全体を美しい光沢で包み込んだ。高級感ある雰囲気と神秘性が魅力となった1本だ。なお本作は世界のA.ランゲ&ゾーネ ブティックで50本のみ展開される。

■Ref.211.087。K18WG(40mm径/6.2mm厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L093.1)。ブティック限定50本。税抜予価278万円(2021年1月発売予定)

 

【問い合わせ先】
A.ランゲ&ゾーネ
TEL:03-4461-8080
公式サイト
https://www.alange-soehne.com/ja

 

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

  2. 【本日発売】人気のZEPPELIN(ツェッペリン)100周年記念シリー…

  3. 【セイコーミュージアム 銀座で展示も】国立科学博物館“未来技術遺産”に…

  4. 【手作業の仕上げで350時間以上】スイス発の高級時計ブランド、”ローマ…

  5. 【セイコー プロスペックス新作情報】『男はつらいよ』コラボレーションモ…

  6. 【国産機械式腕時計に新たな選択肢】シチズンが11年ぶりに機械式ムーヴメ…

  7. リネアルクスシリーズから、待望のメンズラインが登場!

  8. セイコーの“ISSEY MIYAKE WATCH”から、機械式時計の新…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計