【本日発売】196ブランド、650本掲載!高級時計ブランド、その最新作がいっきにわかる決定版

 弊社で年内最後の刊行物となる「2020-2021機械式腕時計年鑑」が本日から書店に並んだ。この年鑑、日本国内で正規展開している高級時計ブランドのイヤーブック。2020年の新作情報とともに各ブランドを歴史や特色を解説したカタログページをメインに、全212ページ、196ブランド、650本の時計を収録したものである。

 思えば新型コロナ禍によって2020年はかつて経験したこのとない年となった。なかでも1番は スイスで毎年開催される新作発表の見本市がすべて中止になったことである。そのため、新作の発表はブランドごとになったこともあって、情報が分散してしまったために、全体像が見えなかったことだ。しかしながら、刷り上がった本誌をあらためて見てみると、各ブランドから発表されている新作の多さに驚かされる。

 また、巻頭では2020年が東西ドイツ統一から30年の節目を迎えたことから、それを記念して「ドイツ時計、その進化と変革」と題した特別企画を掲載した。ドイツ時計産業における2大産地である“シュヴァルツヴァルト地方”と“グラスヒュッテ”に焦点を当て、その変革の歴史を振り返りながら、改めてその魅力に迫ってみた。

 またほかにも表紙を飾るロイヤル オーク ミニッツリピーター スーパーソヌリをはじめとしたオーデマ ピゲの複雑機構モデルの紹介記事や、2020年に発表されたパテック フィリップのコンプリケーションの紹介記事、全国の優良高級時計店を紹介した「Special Shop Selection」なども必見。カタログ的な内容だが、全体を俯瞰して見られるためパラパラ見ているだけでも楽しい。資料としてもまさに腕時計好きにオススメの1冊なのである。

判型:A4変形版、頁数:212ページ(フルカラー)、定価:2500円+税

全国の書店およびネット書店で好評発売中!

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【ロレックス】通信 No.054|いよいよ2020年新作モデルを発表か…

  2. 【2020新作実機レビュー】涼しげでクラシカル!季節の装いにシックに決…

  3. 【ロレックス】通信 No.063|あれから1カ月、高騰したサブマリーナ…

  4. 【第4回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|宇宙時代の到来で流行した異形…

  5. 【ロレックス】通信 No.052|モデルチェンジ候補・第5弾|不思議な…

  6. 【ロレックス】通信 No.059|実機を見た! 2020年新作“オイス…

  7. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.003|バーゼルワールド201…

  8. 【俳優・木下ほうか氏監修】往年の名機をモチーフにした日本製機械式時計が…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計