“3万円以下”で買える、メンズウオッチ売れ筋BEST10-本当に売れた時計ランキング2020

 全国の有力時計ショップにアンケート取材を行って、2020年に売れたモデルを選出するタイムギアの人気特集。今回は、“予算3万円以下“の価格帯から、本当に売れたモデルのBEST10を紹介していこう。

》手頃な価格帯なのでデイリーユースに最適

 近年、じわりと主要モデルの価格帯が上がってきているカジュアルウオッチだが、カジュアルウオッチの最大の魅力といえるのは、やはり手頃な価格で手に入れることができるという点。少し頑張って5万円や10万円のモデルを1本手に入れるのも良いが、3万円以下の予算で、気に入ったモデルを複数手に入れて、気分に合わせて着け換えるというのもカジュアルウオッチの醍醐味のひとつといえるだろう。

 そんな“3万円以下”の腕時計だが、2020年の売れ筋モデルを俯瞰して実感できるのがG-SHOCK(Gショック)の強さだろう。八角形ベゼルと薄型ケースを採用したに新定番“GA-2000”や、DW-5000Cのコンセプトを継承する定番の“5600シリーズ”に加えて、マリンスポーツに対応した“ジーライド”、電波ソーラーを備えたアナログモデル“GAW-100”など、5モデルがランクイン。3万円以下の価格帯はG-SHOCK(Gショック)がダントツの人気を獲得しているのだ。

 また、スマートウオッチを代表するブランドのひとつであるフィットビットが10位にランクインしたのも2019年の傾向のひとつ。近年、時計ブランドであるシチズンやフォッシルなどからもスマートウオッチががリリースされており、時計好きなユーザーの間でもスマートウオッチのニーズがさらに高まっていることがうかがえる。まずは、価格以上の満足感を備え、。コストパフォーマンスに優れた10モデルを、一挙に紹介していこう。


》3万円以下の売れ筋-第1位
G-SHOCK(Gショック)
ベーシック

 初代モデル“DW-5000C”のコンセプトを受け継ぎ、さらなる薄型化を実現したデジアナモデル。タフネス構造はそのままに、無駄を省いたシンプルなデザインで現行G-SHOCKのなかで最薄となる厚さ11.8mmを実現した。特徴的な八角形のケースフォルムや薄さ、そして手頃な価格から国内外で人気となり、売り切れが続出。初代モデルのDNAを受け継ぎながらデザインやフォルム、サイズにこだわった、次世代スタンダードを担うモデルだ。

■Ref.GA-2100-1A1JF。樹脂×カーボン(45.4mm径)。20気圧防水。クォーツ。1万4850円

 モジュールを保護するカーボンコア構造を採用しながらも、スリムなケースフォルムで、ケースにカーボン繊維入りファインレジンを取り入れているため、軽い着け心地を実現している。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL:03-5334-4869
Gショック公式サイト
https://g-shock.jp


》3万円以下の売れ筋-第2位
G-SHOCK(Gショック)
ジーライド

 過酷な環境をともなうエクストリーム系スポーツでの着用に特化した“ジーライド”の、スマートフォン連携モデル。世界約3300カ所の潮汐情報や日の出や日の入り時間を表示。高解像度でよりワイドなフェイスを実現するメモリインピクセル液晶採用により視認性を高め、新たに満潮・干潮時間または潮位、日の出・日の入り時間の表示が可能となった。

■Ref.GBX-100-1JF。樹脂×SS(46×50.9mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。2万4200円

 水や汗を逃がすために、6時位置の根元部分にスリットが入ったソフトウレタンストラップを採用した。ストラップが腕の形状に沿って、手首に吸い付くようにフィットする。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL:03-5334-4869
Gショック公式サイト
https://g-shock.jp


》3万円以下の売れ筋-第3位
TIMEX(タイメックス)
タイメックス キュー

 1979年にリリースされた“タイメックス キュー”の完全復刻モデル。耐食性に優れたアルマイト加工を施した赤と青のツートンベゼルや、コインを用いて電池を交換できるハッチ・ケースバック構造、織り込んでコマ状に加工したブレスなど、往年の名作時計にインスパイアされた特徴的なディテールが備わっている。

■Ref.TW2T80700。SS(38mm径)。5気圧防水。クォーツ(Cal.SEIKO PC33)。2万4200円

 ケースサイズは程よい大きさで着けやすい38mm径を採用。動きが滑らかで、留め具の位置が簡単に調整できるスライドアジャスター仕様を採用したブレスは腕なじみが良く、着け心地は非常に良好。

【問い合わせ先】
ウエニ貿易
TEL:03-5815-3277
タイメックス公式サイト
https://www.timexwatch.jp


》3万円以下の売れ筋-第4位
BERING(ベーリング)
スカンジナビアン ソーラー

 2013年の発表以来のベストセラーシリーズ“スカンジナビアンソーラー”の新作。すり鉢状の特徴的な文字盤にバーインデックスや3針といった、余計な装飾を削ぎ落としたミニマルなデザインを採用。シンプルながら洗練された雰囲気を醸し出している。さらにソーラー充電式ムーヴメントを搭載した点も特徴。腕なじみの良い軽やかな着け心地も魅力だ。デザイン性、機能性ともに優れた人気モデルである。

■Ref.14639-166。SS(39mm径)。5気圧防水。クォーツ。2万9150円

【問い合わせ先】
アイ・ネクストジーイー
TEL:03-5496-4317
ベーリング公式サイト
https://bering.jp


》3万円以下の売れ筋-第5位
G-SHOCK(Gショック)
5600シリーズ

 初代G-SHOCKのDNAを受け継ぐ5600シリーズより反転ディスプレイを採用し、全面をワントーンでまとめたモデルがランクイン。シンプルな色使いが、時計のフォルムをいっそう際立たせている。

■Ref.DW-5600BB-1JF。樹脂ケース(48.9×42.8 mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。1万2100円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL:03-5334-4869
Gショック公式サイト
https://g-shock.jp


》3万円以下の売れ筋-第6位
PAUL HEWITT(ポール ヒューイット)
セラーライン

 人気シリーズ“セラーライン”のフルブラックモデル。黒を基調とした文字盤に、シルバーのインデックスがアクセントとなり、スタイリッシュな雰囲気を演出。付属のブレスレットと合わせて、2WAYで楽しめる1本だ。

■Ref.PH002032。SS(39mm径)。5気圧防水。クォーツ。2万8600円

【問い合わせ先】
オンザグローバル
TEL:03-6421-1651
ポール ヒューイット公式サイト
https://paul-hewitt.jp


》3万円以下の売れ筋-第7位
G-SHOCK(Gショック)
5600シリーズ

 1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承し、タフソーラー、世界6局の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6を搭載した人気のGW-M5610シリーズ。

■Ref.GW-M5610-1BJF。樹脂ケース(43.2×46.7 mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー)。2万2000円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL:03-5334-4869
Gショック公式サイト
https://g-shock.jp


》3万円以下の売れ筋-第8位
THE CLOCK HOUSE(ザ・クロックハウス)
MBC1003-BK6A

 時計専門店ザ・クロックハウスで1番人気を誇るモデル。ソーラー機能のほか、クロノグラフながら10気圧防水を実現するなど機能性も良好。バックルは着脱しやすいワンタッチ式を備えている。

■Ref.MBC1003-BK6 A。SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ(ソーラー)。1万98 00円

【問い合わせ先】
ザ・クロックハウスお客様相談室
TEL:0120-060-969
ザ・クロックハウス公式サイト
https://www.theclockhouse.jp


》3万円以下の売れ筋-第9位
G-SHOCK(Gショック)
ベーシック

 52.5mm径ものビッグケースに、電波ソーラーを搭載したGAW-100。無骨な大型のケースに、ブラックのアルミベゼルを組み合わせ、カジュアルと上質さを併せもつタフネスデザインに仕上げた。

■Ref.GAW-100B-1AJF。樹脂ケース&ストラップ。ケース径52.5mm。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー)。2万7500円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL:03-5334-4869
Gショック公式サイト
https://g-shock.jp


》3万円以下の売れ筋-第10位
Fitbit(フィットビット)
チャージ 4

 フィットネスに特化した時計を展開するフィットビットより、GPSや心拍数の測定機能を備えたチャージ4がランクイン。ランニングなどの際に欠かせない“ワークアウトの強度マップ”を新たに搭載している。

■Ref.FB417BKBK。SS(22.7×35.8mmサイズ)。50m防水。クォーツ。2万1980円

【問い合わせ先】
Fitbitカスタマーサポートセンター
TEL:0120-998-549
フィットビット公式サイト
https://www.fitbit.com/jp/home

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【手巻きと自動巻き、どちらを選ぶ!?】巻き上げ機構の違いで魅力も異なる…

  2. 【時計ツウになるほどハマってしまう】堅牢かつ眉目秀麗な“手巻き時計”3…

  3. ジン(SINN)の新作受注会&フェアが開催

  4. 【知っておきたい腕時計の基本】ムーンフェイズ機構のメカニズムとその精度…

  5. G-SHOCK(ジーショック)が近年力を入れている“CMF”ってなんだ…

  6. 【もしかしたらドイツ最強かも!?】 “ダマスコ”の時計は傷、衝撃、磁気…

  7. 【知っておきたい腕時計の基本】なぜ時計は磁気に弱い?

  8. モリッツ・グロスマンがレッド・ドット・デザイン賞を受賞

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計