【ドイツ時計ブランド・チュチマ グラスヒュッテ】創業以来揺るがないこだわりのモノ作り精神

 2008年に創業地へ帰還を果たし、同地の名を冠して新章をスタートさせたチュチマ グラスヒュッテ。新たな生産体制のもと展開されるコレクションには、創業以来揺るがないモノ作り精神が受け継がれている。
 

最高品質を目指したこだわりの時計作り

 創業の地であるグラスヒュッテへの帰還を機に自社製ムーヴメントの製造に着手し、従来の実用時計コレクションに加えて、ハイエンドラインの展開も開始したチュチマ グラスヒュッテ。このハイエンドラインでは、過去にミニッツリピーターやクロノグラフなど複雑機構モデルも製作されており、同社の技術力の高さを世界の愛好家たちに強く印象付けた。そんな同ラインを今日代表するモデルが、2013年にゴールド仕様が、そして19年にスチール仕様が発表されたパトリアだ。

パトリア
2013年に完成した初の完全自社製ムーヴメントCal.チュチマ 617の搭載機。“故郷”を意味するラテン語の“パトリア”と名付けられた、同社のハイエンドラインを代表する1本だ。
■Ref.6600-02。K18RGケース、アリゲーターストラップ。ケース径43mm。5気圧防水。手巻き(Cal.チュチマ 617)。197万3400円円

 ドイツにはいまなお秀逸な手巻き時計は多いが、このパトリア、とりわけスチール仕様は完成度とプライスともに非常に魅力的な1本に仕上っている。
 例えば搭載するチュチマ 617。本機は巻き上げヒゲやフリースプラングを備えた高級仕様であることに加え、意外と知られていないが、ムーヴメントは2度組みだ。当然ながら、これには手間が掛かるため実践するメーカーは世界でも数少ない。同社のようにミドルレンジを主力とするブランドではなおさらである。一方で、エングレーブや青焼きなどの華やかな装飾は多くないため見た目の派手さこそないが、むしろそこが実用を追求するチュチマらしい。

自社製ムーヴメント1号機となるCal.チュチマ 617。チュチマでは自社製ムーヴメントを2度組みによって仕上げている。グラスヒュッテストライプを施した4分の3プレートに加え、ビス留め式シャトンといった、グラスヒュッテの伝統的様式に則るディテールが与えられた。約65時間のパワーリザーブを実現する

 

 外装についてもムーヴメント同様に凝っている。前面と側面で仕上げを使い分けて立体的に仕立てた針のほか、文字盤にはブルーのコールドエナメルを採用しており、高級感がある。これほどの仕上がりで70万円台という価格は破格だろう。

パトリア・アドミラルブルー
ゴールド仕様と遜色のない仕上げと性能を備えながらも、70万円台まで価格を抑えたパトリアの戦略機。コールドエナメルを何層にも重ねて光沢感を出したブルー文字盤や、仕上げを使い分け立体感を生み出した針など、ディテールは非常に手が込んでいる。
■Ref.6610-01。SSケース、アリゲーターストラップ。ケース径43mm。5気圧防水。手巻き(Cal.チュチマ 617)。76万7800円

 

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修(時計)

 

【問い合わせ先】
モントレックス TEL:03-3668-8550
https://www.tutima-japan.com

オススメ記事

  1. 【世界3大デザイン賞を総なめ!?】ドイツから日本上陸を果たした、注目ブ…

  2. 【WLN女子部発】実機レビュー! 美しい文字盤とムーヴメントを併せもつ…

  3. バーゼルワールド2018<シャウボーグ②>

  4. A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

  5. ハンハルトのパイオニアシリーズ最新作

  6. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.006| 電波時計…

  7. 【世界トップレベル】と称賛される、ドイツ・グラスヒュッテ・オリジナルの…

  8. ランゲ・ファーストコレクションに思いを馳せて

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計