【画像】フライマスター タイプ20のディテールを見る

オリジナルのタイプ20では、9時位置にスモールセコンド、3時位置に30分積算計となるが、復刻版ではムーヴメントが変更されているため、配置が入れ替わっている

 

リューズトップにはブランドロゴが記されている

 

復刻版の製作には時計の専門家として知られるファブリス・ゲロウ氏も協力

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計