10万円以下でこの存在感、月面探索に携行された“幻のクロノグラフ”【語れる名作教えます。|No.02】

  • 公開:

 デイリーユースできる価格帯から、語りどころのある“名作モデル”を紹介していく連載企画。第2回はアポロ15号の“月面探索”で使用された伝説的クロノグラフに注目。

》アポロ15号の船長が個人的に携行して月面探索で着用

 NASAと時計の関係といえば、オメガがよく知られるが、実はオメガ以上にNASAと密接な関係を築いていたのがブローバだ。

 ブローバは1960~70年代、NASAの求めに応じて宇宙開発に関わるようになり、69年のアポロ11号による人類初の月面着陸では、ブローバ アキュトロンの計時装置が搭載された観測機器が月面の“静かの海”に設置され、重要な月面データの送信を正確にコントロール。実に46回もの宇宙飛行にブローバのパネルクロックやタイマーが採用されている。

 NASAは全6回の友人月面着陸に成功しているが、71年8月2日に月面着陸に成功したアポロ15号で、月に降り立った7人目の人類となり、初めて月面で自動車を運転したデイヴィッド・スコットが月面探索時に腕に巻いていたのも、実はブローバ製クロノグラフだった。


 この歴史的偉業に際して、公式装備品以外で月に降り立ち、唯一個人所有されていたオリジナルのブローバ ムーンウオッチは、その希少価値の高さから2015年10月22日にアメリカで開催されたオークションで、162万5000ドル(約1億9700万円)もの価格で落札されている。

 このアポロ15号で携行されたクロノグラフ以外にも、ブローバは宇宙飛行士のための腕時計を数多く開発しており、クロノグラフ A、クロノグラフ B、クロノグラフ Cのコードネームで呼ばれる時計は、70年~71年のわずか2年間のみ、一般向けにも生産されたとされている。

 ブローバはマイルストーンとなったモデル、当時話題を呼んだデザインなどをモチーフに、現代にアップデートするアーカイブコレクションを製造しており、アポロ15号の月面で携行されていたクロノグラフを復刻した〝ルナ パイロット クロノグラフ〟のほか、〝クロノグラフC〟、〝クロノグラフA〟もリバイバルモデルを展開。

 復刻版ではムーヴメントに現行ブローバ自慢のハイパフォーマンスクォーツクロノグラフが採用されるなどブラッシュアップを実施しつつ、デザインやディテールはオリジナルを忠実に再現しているのが魅力的だ。


》月面に降り立ったオリジナルのクロノグラフ


 アポロ15号の船長が4度目の月面探索時に身に着けていたというブローバ製クロノグラフ。私物であったことから船長の手元に保管され、オークションで約1億9700万円で落札された。

BULOVA(ブローバ)
アーカイブシリーズ ルナ パイロット クロノグラフ

 アポロ15号とともに月に降り立った伝説的なブローバのクロノグラフを忠実に再現した復刻版ムーンウオッチ。当時のブローバロゴ、ケースから少し飛び出た風防、分厚いグローブでも操作しやすく工夫された大きく細長いプッシュボタンなど、オリジナルモデルに見られたディテールが見事に再現されている。オリジナルのディテールを忠実に再現する一方、ケースにがブラックPVD加工を施し、新デザインのレザーストラップを採用するなど、新しい魅力が加えられているのもポイントだ。

■Ref.98A186。SS(ブラックPVD加工/45㎜径)。5気圧防水。ハイパフォーマンスクォーツ。7万8100円


》宇宙飛行士のために開発された個性派クロノ


 これは1970年代当時の広告。アメリカ国旗と同じ配色から星条旗を意味する“スターズ&ストライプス”のニックネームをもっていたオリジナル。ムーヴメントこそ異なるが、比べれば再現度の高さがわかる。

BULOVA(ブローバ)
アーカイブシリーズ クロノグラフC

 1970年に発表されたクロノグラフCの復刻版。アメリカ国旗と同じ配色で、星条旗を意味する“スターズ&ストライプス”というニックネームをもつ。赤・白・青の大胆な配色が目を引く文字盤デザイン、コインエッジ付きベゼル、そして完璧なラウンドシェイプのケースなど、オリジナルのディテールを忠実に再現している。

■Ref.96K101。SS(交換用レザーストラップ付属/46㎜径)。5気圧防水。ハイパフォーマンスクォーツ。9万9000円


BULOVA(ブローバ)
アーカイブシリーズ クロノグラフAサーフボード

 1970年~71年の2年間のみ生産された“クロノグラフA”。 二つのインダイアルを囲む楕円形のデザインがサーフボードのように見えることから、“サーフボード”の通称でも知られている。

■Ref.98A252。SS(40.5 mm径)。20気圧防水。クォーツ。6万9300円


【問い合わせ先】
ブローバ相談室
TEL:0570-03-1390

【発売サイトブローバジャパン公式サイト
https://bulova.jp


文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【トゥールビヨンが20万円台で買える】フルスケルトン仕様のトゥールビヨ…

  2. ゼロからわかる、大人のデジタル時計選び【第4回-デザインと機能を両立し…

  3. G-SHOCK(ジーショック)が近年力を入れている“CMF”ってなんだ…

  4. 【日本初上陸の新作にも注目】主要4コレクションで探る、フランスの名門“…

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】機械式腕時計の駆動時間はどのくらい?

  6. 【10万円台でトゥールビヨン 】ドイツ発、 “ヴァルドホフ”のスケルト…

  7. 【アンダー3万円でこのクオリティ!】“フルボデザイン”が手がける最新ス…

  8. 【WLN女子部発】二つの傑作の魅力が詰まったHERMÈS(エルメス)の…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計