【アンティーク時計の基礎入門】ビギナー必見、LowBEAT最新号が10月20日(水)に発売

 アンティークウオッチ専門誌『LowBEAT(ロービート)』最新号No.20が10月20日(水)に発売開始。ここではその見どころをを紹介します。

 

特集1.はじめてのアンティーク時計 基礎入門

 2012年に創刊した小誌も、おかげさまで、今回20号目を迎えることができました。そこで、節目の号ということもあり、今回は原点に戻って“アンティークウオッチの魅力”について深掘りし、さらにまだアンティークを手にしたことのない初心者に向けた“基礎入門”として、選び方のポイントなどを解説する「はじめてのアンティーク時計 基礎入門」をお届けします。

 特集ではアンティークで人気のロレックス、オメガ、IWC、ロンジン、パテック フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、グランドセイコーの7ブランドをピックアップし、それぞれの選び方のポイントをビギナーにもわかりやすく解説。

 

特集2.国産スポーツモデルの源流 アルピニストの魅力

 またもうひとつ見逃せないのは、今年復刻モデルが発表されたことで再注目されているセイコーのアルピニストにフォーカスした特集。同社のスポーツウオッチの源流とされる1959年発表の初代、ローレル アルピニストをはじめとする歴代モデルを紹介しています。

 このほかにも、「1950年代に花開いたアラームウオッチを再考する」や「名門サプライヤーを探る 第1回ブレスレットメーカー編」といったツウ好みな小特集をはじめ、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」やケアーズの川瀬氏による「メンテナンス道」などの人気連載コラムも掲載。今回も充実した内容でお届けしています。

 

【問い合わせ先】
シーズ・ファクトリー
TEL:03-5562-0841

 

【LowBEAT(ロービート)最新号の購入はコチラ】

2021年10月20日(水)発売 定価:1925円

 

CONTENTS
●はじめてのアンティーク時計 基礎入門
●1950年代に花開いたアラームウオッチを再考する
●名機礼讃 PATEK PHILIPPE/ROLEX/OMEGA/GALLET
●アンティーク 解体新書 File No.10 国産スポーツモデルの源流「アルピニストの魅力」
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●名門サプライヤーを探る 第1回「ブレスレットメーカー」編
●アンティークショップこだわりの逸品50選
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●銀座の名店シェルマンが推薦する シンプル系アンティークウオッチの名作4選
●本家ロレックスより手に入れやすい相場も魅力
 独自のコレクションを築いたチュードル サブマリーナー
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座 【File.03】ニットスタイル
●JAPAN WATCH 再考  国産腕時計の知られざる真実をひも解く
 第10回「引き続きキングセイコーについて考える」
●GSだけじゃない。スイス時計を凌駕した国産クロノメーター
●白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.17
 白苺のムーヴメント偏愛「旧ソビエト連邦時代のモルニヤ製懐中時計について」
●歴史に消えた「キワモノ」時計 第4回【ジャンピングアワー④】
●ウオッチトレンドを考える。第10回
 世界各地の時刻がひと目でわかるワールドタイムは機能も意匠も充実度高し。
●Dr.川瀬のメンテナンス道 其の十七「ハーフローター」
●海外ショップ情報 独自の審美眼で集められた、注目の新鋭ショップ
 “アボカドヴィンテージウォッチズ”

オススメ記事

  1. 【第6回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|かなり個性的だったクロノグラ…

  2. 【プロが教える!】ビギナーが選ぶべきアンティーククロノBEST10(前…

  3. 【店舗スタッフとユーザーがオンラインでつながる】“カシオ”のウェブサイ…

  4. 【ロレックスの賢い買い方指南も!】パワーウオッチ最新号(No.119)…

  5. はじめてのアンティーク時計【プロがすすめする3針モデルBEST10/6…

  6. 【第12回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|ロレックスといえど無視でき…

  7. 【明日12月6日終了】80年代の手巻きデッドストックを再生させたアウト…

  8. 【なんと9万円】80年代デッドストックのスイス製手巻き時計を40年代風…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計