【知っておきたい腕時計の基本】チューダーの新作で再注目されるマスター クロノメーター認定って?

 時計の品質規格で最も有名なのはスイスのCOSCが認証するクロノメーターで、もともとは航海用に正確な時計が必要だというニーズから18世紀に生まれている。このほかにヴァシュロン・コンスタンタンやショパールなどが取得しているジュネーブ・シールも有名だが、2014年にはオメガがMETAS(メタス/スイス連邦計量・認定局)と新規格となるマスター クロノメーターを発足させて大きな話題となった。

マスター クロノメーター認定は、オメガとMETAS(スイス連邦計量・認定局)によって、時計の新しい認定制度として2014年に誕生した。この世界初の認定モデルとしてオメガから15年に発表されたのが、コンステレーション グローブマスターだ

 このマスター クロノメーターは、COSCクロノメーターのテストを通過した個体が対象となっており、そこからさらに厳しい基準が課されている。大きな違いはCOSCがムーヴメント単体の精度をテストするのに対して、マスター クロノメーターはアセンブルされ時計の状態になった製品をテストする点だ。さらに精度だけでなく、1万5000ガウスでの耐磁性能やパワーリザーブ残量が減ったときの精度もチェックするなど、テスト項目も増えている。

 一方でこの規格にはオメガが誇るマスター コーアクシャルムーヴメントをアピールする目論見があった。マスター コーアクシャルはヒゲゼンマイにシリコンを採用したことで耐磁性能に優れ、コーアクシャル脱振機はゼンマイのトルクが落ちても高い等時性をキープする。その秀逸さをアピールするために、公的機関を巻き込んで新規格を生み出した点にオメガの本気度がうかがえる。
 そのゆえ追随するブランドはしばらくなかったのだが、21年になってロレックス系列のチューダーが、新作のブラックベイ セラミックで認証を受けたことは大きな話題となった。こうなると他ブランドも無視できないわけで、業界のパワーバランスも含めて今後の展開が気になるところだ。

2021年に発表されたブラックベイ セラミック。Cal.MT5602-1Uを搭載し、これまでオメガの独占状態であったマスター クロノメーター認定を取得したモデルとして話題を集めている。53万9000円

 

文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【まるでアンティークのクロノグラフ】アメリカ・インディアナ州発、日本未…

  2. 【時計界の新たな指標となるか!?】世界の変化に連動する、“サステナブル…

  3. 腕時計も秋冬仕様に衣替え、“オータムカラー”を取りれた狙い目ウオッチ4…

  4. 【39mmの小振りなサイズ感も魅力】約30年前のGMTダイバーズを復刻…

  5. 女性編集者セレクト 木材をワンポイントに使った自然派時計4選

  6. 女性編集者セレクト 腕時計を“着回せ”!  専用工具なしでベルトの付け…

  7. 【勢力を拡大するフランス時計の新鋭】アンティーク時計を思わせる、日本未…

  8. 【出品される時計は世界で1本!】愛好家が注目するチャリティオークション…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計