【10万円以下から編集部が厳選】コンプレッサーケース採用のダイバーズウオッチを再現した狙い目4モデル

 スポーツウオッチを代表する人気ジャンルとして定着しているダイバーズウオッチ。1953年に登場したロレックスのサブマリーナーがその原点のひとつとされており、同時期には、オメガとブランパンからも、それぞれシーマスター300とフィフティファゾムスという回転ベゼルを持つ同様のダイバーズウオッチが発表された。

 現在でも、この逆回転防止ベゼルを備えたデザインがダイバーズウオッチの定番スタイルとなっているが、この構造はコストと手間がかかるため、製造できるのは前述した一部のメーカーに限られていたとされる。

 ダイバーズウオッチは大衆に浸透する際に、逆回転防止ベゼルを備えたスタイルとは別に多くのブランドに採用されたが、より製造しやすいコンプレッサーケースの存在だった。このコンプレッサーケースとはケースメーカーのEPSA社が、ダイバーズウオッチ用のケースとして開発したもので、これをスイスの各時計メーカーに供給した。それによって多くのメーカーでもダイバーズウオッチの製造が可能になったというわけだ。

 今回は、この往年のダイバーズウオッチに採用された“コンプレッサーケース”を手頃な価格で再現したモデルに注目。本格ダイバーズウオッチ仕様のモデルから、手頃なスポーツモデル仕様のモデルまで様々だが、10万円を切る価格帯から、おすすめの3モデルを紹介していく。

【EPSA社が開発したコンプレッサーケースとは?】

 ケースメーカーのEPSA社が開発。ケースにかかる水圧を利用して、水深が増すごとに密閉度を高めるという、ダイバーズウオッチ用のケースとして1955年に特許を取得する。このコンプレッサーケースは経過時間を確認するための回転式スケールをベゼルではなく風防ガラスの内側に設け、2時位置のボタンで操作するという仕様だった。コンプレッサーケースはジャガー・ルクルトやロンジンなど名だたるスイスの高級メーカーも採用していたことが知られている(写真はコンプレッサーケースを使って1960年代に販売されていた当時のダイバーズウオッチ。右から、ハミルトン、ウイットナー、エニカ)。


【編集部のおすすめモデル-01】

BALTIC WATCHES(バルチック)
コンプレッサー ダイバー ウォッチ ブルーダイアル オートマチック デュアルクラウン


 アンティークコレクターを父に持ち、自身も熱心な時計コレクターであるエティエンヌ・マレク氏が2017年にフランスで創設したバルチック。象徴的な機能である双方向回転式インナーベゼルの立体的な造形、往年の潜水時計を彷彿とさせる大振りなリューズ、ツールウオッチらしい質感を醸すステップベゼルを備えたソリッドなケース、フレームのない夜光インデックスと、こだわりを感じさせるディテールがマニア心をくすぐる。

■Ref. bl-aquablucp。SS(39mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal. MIYOTA9039)。9万4600円

【問い合わせ先】
エイチエムエス ウォッチストア表参道
TEL.03-6438-9321
https://www.hms-watchstore.com/fs/select/baltic/bl-aquablucp


【編集部のおすすめモデル-02】

OUTLINE(アウトライン)
アウトライン コンプレダイバー1960・ブラック


 機械式腕時計の黄金期だった、1940〜60年代の雰囲気を備えたモデルを手の届く価格で展開する時計ブランド“アウトライン”。このモデルは “コンプレッサーダイバー”をモチーフにした同社の代表モデルのひとつだ。10気圧防水のため現在の潜水時計規格を満たしているものではないが、経過時間を表示する回転式スケールを風防ガラスの内側に設けて2時位置のボタンで操作するスタイルなど、細かなディテールを、当時の雰囲気を大切にしながら5万円を切る手頃な価格で再現している。

■Ref.YK18001-1(ブラック)。SS(40mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.MIYOTA9015)。4万9500円

【問い合わせ先】
シーズ・ファクトリー
TEL:03-5562-0841
https://outlinewatches.tokyo/collection/diver1960


【編集部のおすすめモデル-03】

LIP(リップ)
ノーティック・スキー オートマティック ダークブルー ブラック レザー


 1967 年の春にリップの100周年を記念して開発され、翌年に開催されたグルノーブル オリンピックに合わせて発売されたモデルの復刻版。フランスの機械式時計で初めての200m防水を実現したモデルとして知られており、インナーベゼルとケースサイドに二つのリューズを備えた独特のレトロなデザインに加えて、二層構造のインデックスなどフランスらしいひねりの利いた意匠も魅力。当時の雰囲気がしっかりと再現されているのも人気のポイントだ。

■Ref. lip671506。SS(38mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal. Miyota 821A)。6万9300円(付け換え用レザーベルト付属)

【問い合わせ先】
エイチエムエス ウォッチストア表参道
TEL.03-6438-9321
https://www.hms-watchstore.com/fs/select/lip671506

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. まさにデジタル時計の黄金期、70年代のテイストを感じさせる“デジタルウ…

  2. 【時計というよりもはやアート!?】シンガポール発の個性派ブランド“ヒュ…

  3. 【3万円台で何が売れてる!?】時計ショップへの取材で見えてきた、売れ筋…

  4. 時計誌総編集長がChrono24(クロノ24)で時計を購入。はたして安…

  5. 【古代アイルランドの古墳がモチーフ!?】Sidereus(シデレウス)…

  6. 【1950年代から60年代の時計を復刻】新体制で復活を遂げたスイスの古…

  7. 【人気ブランドウオッチ対決】パルミジャーニ・フルリエのエントリーモデル…

  8. 【コスパ最強のドイツ時計!?】カール・フォン・ツォイテンの定番機が、モ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計