【アンティーク時計傑作選】選抜テストをクリアしたNASA認定モデルの第3世代スピードマスター

 オメガを代表するクロノグラフモデルであり、人類史上初めて月面着陸に成功したアポロ11号ミッションに携行されたことから“ムーンウオッチ”としても有名なスピードマスター。実際に携行されたのは、左右非対称のケースを採用した第4世代にあたるスピードマスターだったが、今回取り上げているのは、それ以前の1962年に登場した第3世代である。
 実はこの第3世代こそがNASAによる装備品テストに提出され認定を受けたモデルで、つまりいまでも語り継がれるスピードマスター伝説はここからスタートしたと言っても過言ではないのだ。

■Ref.ST105.003。SS(40㎜径)。手巻き(Cal.321)。1964年製。参考商品

 とりわけ、今回の個体はオリジナル性が極めて高い。何とベルト以外は生産時のオリジナルパーツを装備しているのである。例えば、タキメーターベゼル。リペアパーツに交換されてしまっている個体も多いなか、この個体の場合はオリジナルパーツのまま。両者の見た目はほぼ同じだが、タキメーター表示90とそのドットの位置関係を見ると、どちらなのかが判別できる。“ドット・オーバー90”とも呼ばれる、ドットが“90”の斜め上あたりにあるのがオリジナルだ。ちなみにこの仕様が現行モデルでも再現されているため、機会があればチェックしてみてほしい。さらに、リューズの場合はトップに刻印されたΩマークの形状からオリジナルか否かを見分けることが可能である。

ベゼルのタキメーター表示、数字90とそのドットの位置関係でオリジナルかリペアパーツかが判別できる。今回の個体はオリジナルパーツだ

リューズのΩマークに注目。オリジナルリューズは写真のように、Ωマークが楕円形になっている。一方、リペアパーツの場合は、正円に近い形状となる

 

 なおクラウドファンディングサイトのWATCH MAKERS(ウオッチメーカーズ)では、現在、こうした希少なアンティーク・クロノグラフモデルをはじめ、クロノグラフの歴史や機構解説などを収録したスペシャルBOOK『Antique collection クロノグラフ大全 LowBEAT編集部』の先行予約を受け付け中。興味のある人はぜひチェックしてもらいたい。

ウオッチメーカーズ:https://watchmakers.en-jine.com

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修

オススメ記事

  1. アンティーク時計、不滅の傑作選【ナビタイマー】

  2. 女性必見! 初めてのアンティーク時計 基本の“き”教えます。

  3. 【希代のウオッチデザイナー】魅惑のジェンタ作品を振り返る

  4. 【アンティーク購入指南3針編】オメガ、IWC、ロンジンなど - 第2回…

  5. Q45.アンティークウオッチの一般的な日差(精度)はどれくらいか?【ア…

  6. 【わずか17本】編集長・菊地が再生(後編)|古典的で趣ある月齢表示は、…

  7. チューダーはアンティークも面白い。【サブマリーナ②】

  8. 【ビギナー必見】アンティーク時計の選び方講座|第3回 なぜいまも使える…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計