日本未上陸ブランド 話題のトピックス

【アメリカ西海岸で創設されたツールウオッチ】工業デザインを取り入れた時計ブランド、マイナス・エイト(Minus-8)に注目

 アメリカ西海岸のカリフォルニア州北部、サンフランシスコに拠点を置く、Minus-8(マイナス・エイト)は2013年にスタートした日本未上陸の独立系マイクロウオッチブランド。独特なブランド名はグリニッジ標準時からカリフォルニア州のタイムゾーンがマイナス8時間となっていることから付けられたそうである。


 マイナス・エイトは工業デザインと製品開発の分野で長年キャリアを積み、専門知識を兼ね備えたメンバーで構成されており、彼らの時計デザインのインスピレーションは工業デザイナーとして使用する機材や、彼らが住むアメリカ西海岸の風景から起草されている。

 新興の時計ブランドがどれも似たり寄ったりのデザインであることに嫌気がさした、こともマイナス・エイトを創設した理由のひとつとなっており、“次世代の時計を作る”ことにコンセプトにしているようだ。


 マイナス・エイトのデザインチームはアナログ時計の進化と、その先にあるものに相当な量の考察を巡らせており、ブランド設立当初から時計産業以外のデザイン・開発技術を取り入れている。

 マイナス・エイトの時計はすべて自社でデザインを起こし、高級素材を調達し、さらに時計製造の歴史に関わるクラフトマンシップの重要性を理解することで、オリジナルデザインの時計が生み出されている。

 スマートウォッチやガジェット類のように操作が煩雑なデバイスが増えていくなか、同社の日常的に使えるシンプルな機能を持ちながらもデザイン性の高い時計は逆に新鮮な印象を感じさせる。 今回はマイナス・エイトのコレクションから、2本の時計を紹介する。


【編集部の注目モデル】
Minus-8(マイナス・エイト)
ダイバー2.0


 最初に紹介するのは、究極の冒険をコンセプトに作られたという、チタンの外装を備えたモダンなダイバーズウオッチ、ダイバー2.0。 アメリカ西海岸の先進的なデザイン文化にインスパイアされたこのモデルは、逆回転防止ベゼル、ヘリウムガスエスケープバルブ、300m防水と、プロ仕様のスペックを備えたダイバーズウォッチ。視認性の高さ、過酷な環境に耐える強さ、極限への対応力を表現した時計だ。ダイバー2.0は、PVDカラー仕上げの軽量なチタンケースとブレスレットを採用しており、マットグレーの文字盤には特大マーカーとブロック状の針が配置されており、視認性を高めている。


 ケースサイズは44mmで、内部にはセイコーの自動巻きムーヴメント、Cal.NH35を搭載。スーパールミノバが塗布された針とマーカーによって暗所での環境でも高い視認性を発揮する。2色のカラーバリエーションで2022年10月時点での先行予約価格は473米ドル(約6万9000円)。


【編集部の注目モデル】
Minus-8(マイナス・エイト)
レイヤー2.0

 レイヤー2.0は現代の消費者のライフスタイルを考慮して設計されているマイナス・エイトのスタンダードモデル。精密な機械加工技術により製造され、316L ステンレススチールのリングが幾重にも重なり合い、モダンでありながらも革新的なケースデザインを生み出している。


 ケースサイズは42mmで内部にはセイコーの自動巻きムーヴメント、Cal.NH35を搭載。100mの防水機能を備え、スーパールミノバを針とマーカーに塗布しているため暗所でも高い視認性を発揮する。 また風防と裏ブタにはサファイアクリスタルを使用。3色のカラーバリエーションで、販売価格は398米ドル(約5万8000円)。


》Minus-8(マイナス・エイト)公式サイト
https://www.minus8watch.com/


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebran

-日本未上陸ブランド, 話題のトピックス
-, , , ,