日本未上陸ブランド傑作選/No.5 L.LEROY(ルロワ)


bnr_Special_20180516a


3世紀にまたがる
フランスの頂点

 世界最高レベルの時計作りを行っているブランドと言えばパテック フィリップ、A・ランゲ&ゾーネが筆頭。しかし、日本に上陸していない最高峰ブランドが存在する。それはサントス・デュモンやサンテグジュペリ、フランクリン・ルーズベルト、ノーベルなど世界の名立たる著名人たちが愛用していたというフランスのルロワだ。1785年に創業した老舗で、創業者のピエール・ル・ロワは時計史に名を残す偉大な人物。駆動効率の高いデテント脱進機を発明した張本人で、マリンクロノメーターの普及に大きく貢献した人物としても知られている。
 また、ルロワを語るうえで欠かせないのが975ものパーツで構成された超複雑懐中時計“ルロワ01”。1900年のパリ万国博覧会で発表されたこの時計は、当時で最も複雑な機構を持つタイムピースとして称賛を浴び、ブランドの地位を確立した名作とも言われている。
現在でも卓越したクラフツマンシップが受け継がれていて、最高水準のウオッチメイキングを実践しているルロワ。現行主要ラインは三つに分けられているが、どのコレクションも非の打ちどころのないクオリティとエレガンスを体現している。
ルロワの[語りドコロ]

 

bnr_Special_20180516b
<975個の部品によって構成された希代の逸品>

 

こちらが懐中時計“ルロワ01”。ポルトガル人医師の依頼によって製造されたもののようだ。26もの機能が搭載されていて。パテック フィリップの“ヘンリー・グレイブス”、“キャリバー89”と並び、世界3大超複雑時計とも呼ばれている。現在はルロワ家があるフランスのブサンソン、時計博物館にて展示されている。
bnr_Special_20180516c
LIMITED SERIES スケルトン トゥールビヨン レギュレーター

 

ルロワの技術を集結させた最上級ライン“LIMITED SERIES”。存在感を示す12時位置のトゥールビヨンや繊細な彫金が施された文字盤に注目。
■Ref.LL108 /1。PG(41mm径)。50m防水。自動巻き(Cal.L512)。価格不明
bnr_Special_20180516d
MARINE RANGE オートマチック デッキ クロノメーター

 

クラシカルかつエレガントなデザインを採用する“MARINE RANGE”。搭載するムーヴメントは公式パートナーであるブザンソン天文台によって公認されたクロノメーター、Cal.L511。
■Ref.LL200/1。WG(43mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.L511)。価格不明
【BRAND DATE】

 

L.LEROY/ルロワ
■創業地=フランス/パリ
■創業者=ピエール・ル・ロワなど
■主力ライン=LIMITED SERIES、OSMIOR RANGE、MARINE RANGE
■URL=http://www.montres-leroy.com

 

 

関連記事

  1. 70年代に大流行した腕時計、“ツノクロノ”が進化して現代に復活

  2. アンティーク時計フェア in 銀座

  3. 第2次大戦時に爆撃機のナビゲーターが着用。ドイツ空軍仕様の軍用時計を日…

  4. 注目のオークションが5月13日に開催!

  5. ビジネス使いでちょっと上をゆく、30万円台からの実用時計“トリカレムー…

  6. 連載記事-古典顔愛好会“エクステンションブレス編”

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  8. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.003|バーゼルワールド201…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計