ドイツ時計の魅力を再考する<グラスヒュッテ・オリジナル>

セネタ・クロノグラフ・パノラマデイト

セネタ・クロノグラフ・パノラマデイト

プラチナとローズゴールドモデルで展開されてきたセネタ・クロノグラフ・パノラマデイトに、2017年に加わったスチールケース仕様。ケース素材だけでなく、既存モデルとは異なりネジ込みリューズを採用。さらにスーパールミノバを盛ったアルファ針とバーインデックスによってスポーティな雰囲気となった。
■Ref.W137-01-03-02-55。SS(42㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.37-01)。173万8800円

 

GLASHÜTTE ORIGINAL

グラスヒュッテ・オリジナル

 

スポーティに生まれ変わった自社製フライバッククロノ


2014年に発表されたグラスヒュッテ・オリジナルの専用設計による一体型フライバッククロノグラフ、Cal.37-01を搭載したセネタ・クロノグラフ・パノラマデイト。30分積算計と12時間積算計、スモールセコンド、その中にはパワーリザーブ・インジケーター、6時位置にはブランドのアイコンでもあるパノラマデイト、さらにはフライバック機構まで備えつつ、シンプルかつコンパクトな構造を実現したこのクロノグラフは大いに注目を集めた。

そんなCal.37-01のコンパクトな構造のポイントとなっているのが、クロノグラフのリセットバネのすぐ外側に設けられたフライバックレバー。たったひとつの部品で構成されたこのレバーは、4時位置のボタンを押すことでフライバックレバーがクロノグラフのリセットバネを解除するというシンプルな構造でクロノグラフの瞬時のリ・スタートを可能にした。厚みのある部品だが、確実な操作性とトルクロスがほとんどない効率的な設計と言えるだろう。

Cal.37-01

セネタ・クロノグラフ・パノラマデイトではシースルーバックを採用しており、そこからCal.37-01の造形や動きが見て取れる。自動巻きロ−ター外周部に21金を使用して慣性を高める仕様は、グラスヒュッテ・オリジナルのムーヴメント共通の仕様である

そして2017年には、セネタ・クロノグラフ・パノラマデイトにスチール仕様が登場。搭載するムーヴメントは既存モデルと同じだが、新たにネジ込み式リューズが採用されたことで防水性は従来の5気圧防水から10気圧防水へと向上した。さらに針とインデックスにはブルーのスーパールミノバがふんだんに盛られ視認性は極めて高く、マットブラックの文字盤と相まってスポーティなモデルに。信頼性と堅牢性がさらに向上した同作は、いかにも質実剛健な、グラスヒュッテ・オリジナルらしい仕上がりとなった。

セネタ・クロノグラフ・パノラマデイトのケースサイド
セネタ・クロノグラフ・パノラマデイトでは文字盤側に付加機能が集中しているため、クロノグラフボタンの位置はややケースバック側に設けられている
ストラップの拡大画像
フリースプラングテンプには4本のゴールド製ビスが設けられており、このビスとスワンネック緩急針による歩度調整を採用する。なお、写真右上ON/OFF表示はクロノグラフの作動状況を表示するものだ

 

問い合わせ:グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL.03-6254-7266
www.glashuette-original.com/ja

 

関連記事

  1. アンダーンのマイケル・ヤン氏が新作モデルとともに来日!

  2. 10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)の新作ウォッチが先行…

  3. 【オメガの2019年新作】アポロ11号の月面着陸から50周年! 人類の…

  4. 完成度がすごい、セイコーの「機動戦士ガンダム」放送開始40周年限定モデ…

  5. DKSHジャパンがスイスの高級時計ブランド、スピーク・マリンの取扱いを…

  6. 日本初、時計専門のクラウドファンディング始めます!

  7. フランスの古豪“YEMA(イエマ)”が、ヴィンテージダイバーズを復刻

  8. モンディーンが“誰かにシェアしたい、私の2秒”ムービーを募集中!

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計