ドイツ時計に継承される軍用時計のDNA

ミュンスター エアブシュトゥック

Laco ラコ
ミュンスター エアブシュトゥック

1940年にドイツ軍の空軍服務規程で制定されたタイプAと呼ばれるナビゲーションウオッチを忠実に復刻したモデル。ドット付きの△マーク、目盛りの内側の12時間表示など意匠を踏襲したのはもちろん、ケース、文字盤に経年変化を思わせる加工を施しているのが特徴。アンティークウオッチと見間違う味わいを実現している。
■Ref.861931。SS(ダメージ加工、42mm径)。自動巻き(Cal.Laco24、ETA2824.2ベース)。30万7800円/問い合わせ:リンクアップ

 

軍用時計を基にした
無骨で味わい深いデザイン

 


欧州の景気後退の影響もあり、近年は堅実な作り、デザインの時計が好まれる傾向が顕著となっている。その傾向を象徴するのが過去のアーカイブスに範を得た復刻モデルのトレンドだろう。ここ数年は毎年のようにスイスの有名ブランドがヒストリカルモデルの復刻を手掛けており、その流れがドイツの時計ブランドにも影響を与えているのだ。

ただし、各社ごとにアイコンとなる歴史的モデルを復刻する傾向が強いスイス勢に対して、ドイツの時計ブランドは少々異なるアプローチを見せているのが面白い。端的にいうと、復刻時計の多くが第2次世界大戦期の軍用時計をモチーフにしているのだ。なぜ復刻モデルの多くが軍用時計なのか。その理由はドイツの時計の歴史にある。
ドイツ時計はその歴史のなかで軍用時計を中心に時計製造の技術、デザインを進化させてきた。特に、ナチス政権下の第2次大戦には主戦力であった空軍の作戦遂行のためにドイツ国防省が空軍服務規程を発行し、規定に沿ったナビゲーションウオッチの開発と製造を推進。大戦で壊滅的な打撃を受けたドイツ時計が1950年代に復活する土台となったのも、東西冷戦下での軍用時計製造であった。近代のドイツ時計の歴史は、軍用時計開発の歴史と常に連動しているのだ。(ドイツ軍用時計についての詳細は“HISTORY”参照)

その無骨で堅牢な作り、見やすいデザインは、まさにドイツ時計を象徴する質実剛健さを体現している。ドイツ時計の歴史に想いをはせつつ、ヴィンテージデザインの時計を愛用してみるのも面白い。(文◎船平卓馬)

ミュンスター エアブシュトゥックの裏ブタ
ラコのミュンスター エアブシュトゥックではケース裏ブタにも作り込みを徹底し、航法計器機器精密記号に基づくスペックが刻まれている。褪色したケースの質感も軍用時計らしい独特の味わいを生み出している
ミュンスター エアブシュトゥックのケーサイド
同じくミュンスター エアブシュトゥックのケースサイド。モチーフとなった軍用ナビゲーションウオッチのディテールを忠実に再現するため、ケース側面に航法計器機器精密記号である“FL23883”の文字を刻印。ダメージ加工によって凹みまでも再現された

 

ドイツ軍用時計のDNAを受け継ぐ現行モデル

 

マイスター パイロット

ユンハンス
マイスター パイロット

1950年代に製作された軍用時計を復刻。■Ref.027 3591 00。SS(43.3mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.J880.4)。31万3200円/問い合わせ:ユーロパッション

パイオニア タキテレ

ハンハルト
パイオニア タキテレ

1939年発表の傑作“タキテレ”の復刻版。■Ref.712.210-001。SS(40㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.HAN3703)。34万5600円/問い合わせ:リンクアップ

 

オススメ記事

  1. 【“UKウオッチ”が勢力を拡大中!?】イギリス発の本格時計ブランド、I…

  2. ドイツ製高級腕時計“モリッツ・グロスマン”が日本市場に思いを込めて投入…

  3. 【どれを選ぶ?】ゾンネの“⽇本製機械式ムーヴ搭載で2万円台”シリーズに…

  4. 【ニバダ・グレンヒェンが待望の日本発売を開始】希少なバルジュー23搭載…

  5. 【注目モデルを実機レビュー】5万円以下で質感も良好、リップの“GMTダ…

  6. なんと30万円台! スーツスタイルにも決まる、ドイツ製多機能モデル2機…

  7. 9社の時計メーカーが林立する“ドイツ高級時計の聖地”グラスヒュッテって…

  8. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/FRANCK DUBARRY(フラ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計