日本未上陸ブランド傑作選/No.9 LE JOUR(ル・ジュール)


bnr_Special_20180706a


長い歴史をもつ
クロノグラフメーカー

 1960年代に誕生したフランスのル・ジュール。そのため、ごくわずかだが日本のアンティーク市場でも見かけることのあるブランドだ。創業当時はバルジューのムーヴメントを採用した高性能なクロノグラフを得意としていたが、いまでもそのDNAがしっかりと受け継がれている。
 掲載モデルは、アーカイブを現代的に再解釈したというフラッグシップモデル。オーバルケースや文字盤のレイアウトは懐かしい雰囲気を醸し出し、程よいスポーツテイストも魅力。搭載しているのはETAなので、安心して日常使いできそうだ。
bnr_Special_20180706c
LJ-MI-001

 

アーカイブからインスピレーションを受けたル・ジュールの現行モデル。多くのブランドで採用されているETAのCal.7750を搭載しているため、日本でも問題なく修理できそうだ。また、色違いのバリーションも豊富に展開されている。
■SS(42.5㎜径)。200m防水。自動巻き(Cal.ETA7750)。2,000USD(日本円でおよそ22万3000円)
bnr_Special_20180706d
同じスタイルで様々なバリエーションを展開

 

こちらはマットなブラックケースを採用するバリエーション
【BRAND DATE】

 

LE JOUR/ル・ジュール
■URL=https://www.lejourwatches.ch

 

 

オススメ記事

  1. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.2 Christopher Ward(…

  3. ランゲ1と双璧をなす人気ファミリー“サクソニア”

  4. 連載記事-古典顔愛好会“エクステンションブレス編”

  5. 【アメリカ・シカゴ発】注目の時計ブランド、ASTOR+BANKS(アス…

  6. ドイツ時計の魅力を再考する<A.ランゲ&ゾーネ>

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.06】リシャール・ミル…

  8. トリプルカレンダーに次ぐ人気で品薄状態が続く、ヴェンペの二つの38mm…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計