日本未上陸ブランド傑作選/No.16 TATE WADE(テイト・ウェイド)

ヴィンテージカメラから着想を得る新鋭

2人の若手起業家によって立ち上げられた“テイト・ウェイド”は、スイス・ビエンヌを拠点に活動している小さなウオッチメーカーだ。創業したのは2015年なので歴史は浅いが、17年5月、昨今の新興メーカーの登竜門的な存在になっているクラウドファンディングサイト“キックスターター”でフラッグシップモデルをお披露目。そのプロジェクトは最終的に161名もの支援者が集まり、大成功を収めている。
今回紹介している時計も、そのキックスターターで支援を募ったモデルだ。時計の本場スイスに本拠を構えるだけあって、ムーヴメントはETA社の自動巻きムーヴメントCal.2824を搭載しており、そのデザインはなかなか個性的。文字盤を見ていただければある程度察しが付くように、ヴィンテージカメラをモチーフにしたデザインなのである。

 

Bokeh Collectionはカラー違いで、計3バリエーション展開。左が最もプレーンなスチールモデルで、中がケースにブラックPVD加工を施したもの。右は現在完売状態になっているガンメタルPVD加工を施したタイプだ

 

 

 

 

 

テイト・ウェイドの[語りドコロ]
ミニッツサークルは、カメラのレンズにデザインされている調節目盛りがモチーフになっている

 

 

 

Bokeh Collection
文字盤の雰囲気やインデックスの目盛りなど、随所にカメラのディテールを盛り込んでいるテイト・ウェイドのファーストコレクション。ミニマルに仕上がっており、なかなか使い勝手が良さそうだ。価格は9万円弱だが、ETAの自動巻きを搭載しているため、十分納得できる。■SS(42㎜径)。50m防水。自動巻き(Cal.ETA2824)。790ドル(日本円で約8万9000円)

裏ブタの一部は小窓化されており、そこからテンプやルビーなどを鑑賞できる。さらに裏ブタには4本のネジがセットされているので、ネジ留め式を採用しているのだろう

 

 

 

 

【公式ウェブサイト】
TATE WADE(テイト・ウェイド)
https://tatewade.com

関連記事

  1. モリッツ・グロスマン初のレクタンギュラーモデルが登場

  2. セイコー ガランテに、初のダイバーズウオッチが誕生!

  3. DKSHジャパンがベルギーの時計ブランド、レッセンスの取扱いを開始

  4. ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

  5. 日本初上陸のブランド“ブレダ”がシンプルで使いやすいコレクションを発売…

  6. 日本初公開の新作も上陸!伊勢丹、春の恒例イベント“フランスウィーク”に…

  7. フェラーリ 250GTOにインスパイアされた、アーティアのレーシングウ…

  8. 月夜の桜吹雪をテーマにした螺鈿文字盤の限定クレドール

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計