【新作ウオッチレポート】グッチがバーゼルワールド2019にて、魅力的な新作ウォッチを大量投入

明確なデザインアプローチとポジショニングを誇り、信頼性の高いファッションウオッチブランドのひとつとして知られるグッチ タイムピーシズ。1970年代初頭からアイコニックな腕時計のデザインから開発、製造まで手がけている。スイスメイドの厳格な基準を満たしたグッチ ウォッチは、革新的でコンテンポラリーなデザインやその優れたクオリティ、クラフトマンシップにより高く評価され、グッチ直営店および厳選された専門店を通じて世界中で販売されている。

新たなウオッチライン GRIP(グリップ)

そんなグッチが発表した新作モデルのなかでも、特に注目したいのが、まったく新しいユニセックスのウォッチラインとなるGRIP(グリップ)である。

なんといってもまず目を引くのは、そのユニークなデザイン。丸みを帯びたスクエアケースには、3つの小窓が設けられ、数字を配した内部の3枚の白いディスクが回転。一番上の小窓で時間を、真ん中で分、そしていちばん下の丸い小窓でデイトを表示する、1970年代に多く見られた、回転ディスク式のデジタル表示となっている。

35㎜のコレクションは4モデルで構成されており、ひとつはイエローゴールドPVDケースにイエローゴールドPVDブレスレットを合わせ、その両方にグッチのシグネチャーであるインターロッキングGのロゴを刻印したモデル。イエローゴールドPVDモデルのほか、さまざまな装いに合わせやすいスリークでモダンな印象を醸す、通常のステンレススチールの色合いを生かしたモデルもある。

また洗練された、高級感あふれる彩りを加えるのは、カラードカーフレザーストラップを採用した2つのモデルだ。こちらのタイプもイエローゴールドPVDケースとステンレススチールケース仕様が用意されており、前者はボルドー、後者はグリーンのカラードカーフレザーストラップが組み合わされている。

GRIP(グリップ)は、ヴィンテージ感のあるデザインながらクリーンな雰囲気を持ち、目を惹くデザインの真価を知る男女に最適なモデルといえる、2019年のグッチの新作のなかでもイチオシのモデルだ。

ケース径35㎜。3気圧防水。クォーツ。ステンレススチールケース&ブレスレットモデルは20万5200円、ステンレススチールケース、カーフストラップモデルは18万9000円、イエローゴールドPVDステンレススチールケース&ブレスレットモデルは23万7600円、イエローゴールドPVDステンレススチールケース、カーフストラップモデルは20万5200円。2019年7月より発売開始予定

 

 

G-タイムレス オートマティック ラインに加わった大胆な新作

また、グッチ ウォッチのフラッグシップ、G-タイムレス オートマティック ライには、8つの斬新なスタイルのモデルが加わり、コレクションに新たな魅力をもたらした。

新作はすべて、グッチのアイコニックなビー(ハチ) モチーフを配したストーン文字盤を採用。調整可能なストラップのバックルには、アイコンであるインターロッキングGのモチーフがあしらわれ、シースルーのケースバックからは、搭載される自動巻きムーヴメントを見ることができる。

38㎜と42㎜、2サイズの展開があり、38㎜の新作には、18Kイエローゴールド ケースにブラックオニキスストーン文字盤とブラックアリゲーターストラップ、ブラウンタイガーアイストーン文字盤とブラウンリザードストラップ、グリーンマラカイトストーン文字盤とパターンがプリントされたプレシャススキンストラップのいずれかが組み合わされた3タイプがある。ストラップは付替え可能で、様々に組み合わせてカスタマイズすることが可能。

また、38㎜タイプには、18Kイエローゴールドとステンレススチールを組み合わせたシックな2モデルもラインナップ。ひとつはステンレススチールケースにステンレススチールとゴールドのバックル、ブルーラピスストーン文字盤とブルーのリザードストラップの組み合わせ。もうひとつは、ステンレススチールケースに、ブルーラピスストーン文字盤とステンレススチールとゴールドのブレスレットが組み合わされたタイプを用意。文字盤には、もちろんビー(ハチ) モチーフをあしらい、ひと目でグッチとわかるスタイルとなっている。

また、38㎜と42㎜の2サイズが用意されているのが、ステンレススチールケースとブレスレットにブラックオニキスストーン文字盤を組み合わせたスタイル。42㎜サイズでは、ステンレススチールケースにブラックオニキスストーン文字盤、ブラックカーフレザーストラップとステンレススチールバックルの組み合わせもある。

八つの新作はすべて反射防止コーティングを施したサファイアクリスタルを使用。スイスのクラフトマンシップが光るマスターピースとなっている。

ケース径38㎜と42㎜の2サイズ。5気圧防水。自動巻き。
オニキスストーン文字盤:ステンレススチールケース、ブラックレザーストラップモデル(42㎜)は28万6200円、ステンレススチールケース&ブレスモデル(38㎜)は25万3800円、(42㎜)は27万円、18Kイエローゴールドケース、ブラックアリゲーターストラップ(38㎜)は221万4000円(予価)
ブラウンタイガーアイストーン文字盤:18Kイエローゴールドケース、ブラウンリザードストラップ(38㎜)は221万4000円(予価)
グリーンマラカイトストーン文字盤:18Kイエローゴールドケース、テジュストラップ(38㎜)は221万4000円(予価)
ブルーラピスストーン文字盤:ステンレススチールケース&ステンレススチール&18Kイエローゴールドブレスモデル(38㎜)は91万8000円(予価)、ステンレススチールケース、リザードストラップ(38㎜)36万7200円(予価)
2019年6月より発売開始予定

 

G-タイムレス コンテンポラリーにも新作が登場

さらに、グッチの G-タイムレス コンテンポラリーラインには、新たに2つのクォーツモデルが加わった。新作はいずれも細部への徹底したこだわりがうかがえるつくりで、グッチが得意とする文字盤とストラップが一体となったデザインが特徴。グッチ ウォッチでは初めて採用された画期的な新技術としてメッシュにプリントを施した。

グッチ独特のスネークモチーフからインスピレーションを得た、38㎜エディションでは、ステンレススチールケースにスネークヘッドをプリントしたメッシュパターン文字盤、そしてスネークボディをプリントしたステンレススチールメッシュブレスレットを組み合わせる。そして42㎜のモデルでは、ステンレススチール ケースにグリーン・レッド・グリーンのストライプがメッシュパターン文字盤からステンレススチールメッシュブレスレットへとシームレスに続くデザインを採用する。どちらもスイスメイドで、反射防止コーティングのサファイアクリスタルを使用。5気圧の防水性能を備えている。

ケース径38㎜(右)と42㎜(左)の2サイズ。5気圧防水。クォーツ。ともに15万9840円。2019年7月り発売開始予定

 

 

【問い合わせ】

ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン / グッチ
https://www.gucci.com/jp/ja

関連記事

  1. ブルーアワーの名を冠した、洗練された印象のラコの新作

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.18 Montres Karsten …

  3. H°M’S″ウォッチストアが、3つの時計ブランドの国内展開を開始

  4. 本物の蝶の羽を文字盤にセットした腕時計に 新デザインのケースを採用した…

  5. ヴィンテージ時計からインスパイアされた、“ヘリテージクロノグラフ”に注…

  6. ヴェンペがヘルベルト・グレーネマイヤー氏とのコラボモデルを発表

  7. ケアーズがオリジナルバンブーブレスレットを発売

  8. 10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)の新作ウォッチが先行…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計