ランゲ1と双璧をなす人気ファミリー“サクソニア”

2019年、A.ランゲ&ゾーネはブランドを象徴するモデル“ランゲ1”が誕生した1994年から25年目という節目を迎えた。これを記念し、毎月、ランゲ1のアニバーサリーエディションが発表されるなど大きな注目を集めている。

この陰に隠れてあまり目立たないが、実は“サクソニア”もランゲ1と同じ94年発表。25年目を迎えたロングセラーなのである。そこで今回は、この“サクソニア”ファミリーにスポットを当て、魅力を再考していきたい。

 

“ムーヴメント”と出発点とする
サクソニアのコンセプト

“新たなる規範を確立するような時計”を目指して革新的な機構を搭載したランゲ1に対して、サクソニアでは、“常に機構を最優先すること”をコンセプトに掲げている。端的に言うと、サクソニアの場合、製作の出発点がムーヴメントだ。基本的な機能に絞り込んだモデルでも、複雑機構を搭載したモデルでも、技術的な最適解と優れた審美性を兼ね備えた機構を最も重視しているのである。そのため、“サクソニア”というモデル名も、昔からドイツ国内でも技術開発において先駆的な地方として知られているザクセン州に由来している。

サクソニア Ref.219.032。K18PG(35㎜径)。日常生活防水。手巻き(Cal.L941.1)。184万6800円

 

今日“サクソニア”の基本形となるのが3針手巻きモデル(2015年より新文字盤デザインを採用)である。古典的な意匠を多用するA.ランゲ&ゾーネのコレクションのなかで、比較的コンテポラリーなエッセンスを多く取り入れた印象的な文字盤デザインが特徴のひとつと言えるだろう。

搭載するのは1994年に開発が開始された(ランゲ製ムーヴメントではキャリバーナンバーに開発着手年があてられることが多い)ロングセラーのCal.L941.1である。

決して新しいムーヴメントではないが、常に機構を最優先するサクソニア用のムーヴメントとあって、いまもって現役足り得る非凡な基礎体力を有する。ランゲの最高品質基準に準拠し、手作業による組立ておよび装飾はもちろん5姿勢調整が施される。さらにストップセコンド機能による正確な時刻合わせが可能だ。

また直径25.6㎜、厚さ3.2㎜という小径キャリバーでもあり、サクソニア(サイズは35㎜径、7.3㎜厚)に優れた装着感をもたらしている。この絶妙なサイズ感から、今日のサクソニアは男女兼用のユニセックスモデルとして展開されている。

 

サクソニア Ref.219.043。K18PG(35㎜径)。マザーオブパール文字盤。日常生活防水。手巻き(Cal.L941.1)。203万400円

 

この手巻きモデルを含めて、今日サクソニアファミリーは11のモデルで形成されている。そのなかから厳選して3モデルを紹介したい。

サクソニア・フラッハ

2011年よりファミリーに加わったサクソニア・フラッハは、5.9㎜厚というランゲコレクションで最も薄いケースが与えられた2針の薄型モデルだ。Cal.L941.1よりも0.3㎜薄い2.9㎜厚を実現したCal.L093.1を搭載。自社製ヒゲゼンマイ、スワンネック形バネと側面にある調整用ビスにより微調整可能なビートエラー補正装置によって高精度を実現すると同時に、72時間のパワーリザーブを有する。また文字盤からミニッツスケールが排されるなど、デザインもミニマルになり、よりシンプルさをより主張するスタイルとなっている。またバリエーションとして星空を彷彿とさせるゴールドストーン(紫金石)文字盤仕様も展開される。
Ref.201.027。K18WG(37㎜径、5.9㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L093.1)。187万9200円

 

 

サクソニア・アウトサイズデイト

1994年のランゲ復興第1弾モデルとして発表された初代サクソニアを彷彿とさせるスタイルを持つサクソニア・アウトサイズデイト。サクソニア・オートマティックに採用される自動巻きCal.L086.1をベースに、アウトサイズデイト機構を組み込んだCal.L086.8を搭載する。通常、アウトサイズデイト機構の日付けディスクは、白地に黒色の数字をプリントするが、黒文字盤を持つ本作では文字盤との調和を考慮して反転カラーを採用。黒文字盤に黒地の日付けディスク表示を溶け込ませることで精悍な雰囲気が強調された。またスモールセコンド部分に、ムーンフェイズ表示を追加したサクソニア・ムーンフェイズもある。
Ref.381.031。K18PG(38.5㎜径、9.6㎜厚)。日常生活防水。自動巻き(Cal.L086.8)。300万2400円

 

 

ダトグラフ・アップ/ダウン

モデルとしての存在感が際立っているため意外と見逃されがちだが、ダトグラフもサクソニアファミリーの一員である。ダトグラフの明確な個性となっているのが、一般的なクロノグラフモデルよりも少し下の位置にインダイアルを備え、12時位置のアウトサイズデイト表示の配置と結ぶことで正三角形のレイアウトで構成された点である。2012年にプラチナケースで発表された本作は、従来機に比べ、パワーリザーブを72時間まで延長したことから、6時位置にインジケーターが追加された。バリエーションとして永久カレンダー、永久カレンダー+トゥールビヨンモデルが存在する。ちなみにダトグラフ同様、31日間という超ロングパワーリザーブを実現したランゲ31もサクソニアファミリーである。
Ref.405.031。K18PG(41㎜径、13.1㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L951.6)。840万2400円

手巻きのサクソニアやフラッハなどシンプルなモデルであれば200万円アンダーで購入できること。そして汎用性の高いベーシックなデザインであることなどから、相対的に“A.ランゲ&ゾーネのエントリーモデル”というポジションに捉えられがちなサクソニアだが、その実、ムーヴメントや外装の作り込みを見れば、エントリー機などでは決してないことは一目瞭然である。

機構を最優先すると同時に優れた審美性を追求したサクソニアは、懐中時計時代から続くA.ランゲ&ゾーネの時計作りに対する姿勢を、最も忠実に体現したコレクションと言えるのではなかろうか。
(文◎堀内大輔/写真◎笠井 修)

A.ランゲ&ゾーネ https://www.alange-soehne.com/ja/

関連記事

  1. 時間に縛られた現代に着けたい、ゆとりを感じられるワンハンドウオッチ

  2. GERMAN WATCH.jpサイトプレオープンのお知らせ

  3. スマートウォッチ最新研究-【Part-7:通知機能重視型モデル-アナロ…

  4. 日本未上陸ブランド傑作選/No.5 L.LEROY(ルロワ)

  5. 表紙のコラージュという演出にビックリ!

  6. 高級宝飾店「ヴェンペ」が第2次大戦時に製造していた軍用時計とは?

  7. 70年代に大流行した腕時計、“ツノクロノ”が進化して現代に復活

  8. ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計