【ロレックス(ROLEX)】通信 No.006|人気スポーツモデルの実勢価格に異変あり! なんと30万円以上の値下がりも!?

 今回本来は、前回(No.005)の後編として5桁レファレンスのGMTマスターIIについて、実際に購入する際のポイントと注意点を紹介しようと考えていた。しかし、いまネット上でも話題になっているのでご存じの方も多いと思うが、ここにきて現行のスポーツロレックスの新品実勢価格が下がり続けている。そこで急遽、このことについて簡単に書きたい。

 筆者が総編集長を務めるPOWER Watch(パワーウオッチ)5月号(No.105・2019年3月発売)でも「激変! ロレックス市場のいまを読む」と題して、かつてないほどの高値で推移するロレックスの新品実勢価格について特集を組み、人気スポーツモデルが正規店でまったくと言っていいほど買えず、そのため並行輸入店ではすべて定価を大幅に超えるプレミアム価格という異常なロレックス市場の実態調査を行ったばかりだった。

GMTマスターII、Ref.126710BLROの実勢価格の推移(2019年6月から8月末まで)

 それがそのわずか2カ月後の5月下旬から6月頭にかけて最高値を記録したものの一転、値下がりに転じたのだ。特に驚異的な価格にまで高騰してしまっていた、デイトナ(白文字盤)とGMTマスターII(青赤ベゼル)、そしてサブマリーナデイト(文字盤がグリーンの通称グリーンサブ)の3モデルの値下がりが特に顕著だった。

 ちなみにピーク時の実勢価格からどれだけ下がったのかというと、直近の8月30日時点と比べると、デイトナが32万円、GMTマスターIIが35万円、グリーンサブはデイトナと同じ32万円。これがわずか2〜3カ月の間に起こったのである。

 ではなぜここまで下がったのか、その理由は正直わからない。確かに5月以降円高に転じた為替相場や貿易摩擦の影響も多少は関係しているのだろう、しかしここまで大きいともはやそれだけではない。しかも、デイトジャストなどドレス系の実勢価格にはそれほど影響していない。だとすれば、やはり上がりすぎなのではないか。

デイトナの実勢価格の推移(2011年1月から2019年8月末まで)。2016年までは旧モデルのRef.11620のデータで、それ以降が現行のRef.116500LN。2018年1月下旬から急激に上昇して、わずか2週間で38万円も上昇した

 そもそも国内定価は、デイトナが127万4400円、GMTマスターIIが95万400円、グリーンサブが92万8800円と今回の最高値は倍どころの話ではない。さすがにこれだけの価格差が出てしまうと、購入する側もなかなかついていけない。しかし、それでも売れていた背景にはインバンド需要が関係していたようなのである。あくまでも筆者の推測にすぎないが、つまりこれらの需要自体が落ち着いたことが大なり小なり関係しているとみるのが自然なのかもしれない。

 もちろん今回の値下がりは、何も前述の3モデルに限ったことではない、3モデルに比べれば値下がり幅は少ないもののほかのスポーツモデルにも影響が出ている。

 そこで、参考までに8月30日時点の実勢価格と値下がりはじめた時点での最高値の実勢価格とを比較してその幅が大きい順に掲載した。これはWatch LIFE NEWSのコンテンツのひとつで、ロレックスの主要11モデルのその日の安値相場情報を毎週金曜日に更新して紹介する「ROLEX WEEKLY DATA」のデータである。

 これから10月には消費税増税も控えているため、ロレックスの現行モデルを買おうかと考えている人にとって、この9月は決断を迫られる悩ましい1カ月間となりそうだ。

文◎菊地吉正(編集部)

<主要人気9モデル下落額順位>

1位:値下がり幅35万円/GMTマスターII(青赤ベゼル) Ref.126710BLRO/230万円(6月21日)→195万円(8月30日)
2位:値下がり幅32万円/デイトナ Ref.116500LN/289万円(6月28日)→257万円(8月30日)
2位:値下がり幅32万円/サブマリーナデイト(グリーン) Ref.116610LV/201万円(5月31日)→169万円(8月30日)
4位:値下がり幅19万円/サブマリーナデイト Ref.116610LN/141万円(5月31日)→122万円(8月30日)
5位:値下がり幅18万円/ディープシー Ref.126660/157万円(5月31日)→139万円(8月30日)
6位:値下がり幅11万円/ヨットマスター40 Ref.116622/146万円(5月31日)→135万円(8月30日)
7位:値下がり幅8万円/エクスプローラーI Ref.214270/85万円(5月31日)→77万円(8月30日)
7位:値下がり幅8万円/エクスプローラーII Ref.216570/108万円(5月31日)→100万円(8月30日)
9位:値下がり幅5万円/ミルガウス Ref.116400GV/99万円(5月31日)→94万円(8月30日)

※出典:Watch LIFE NEWS「ROLEX WEEKLY DATA」より

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

関連記事

  1. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.03】 IWC

  2. 【最終回】好景気から一転、不透明な時代へ|平成21年〜平成31年(20…

  3. 第2次大戦時に爆撃機のナビゲーターが着用。ドイツ空軍仕様の軍用時計を日…

  4. 手首の細い人にも朗報。パネライのルミノール ドゥエ – 3…

  5. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  6. A.ランゲ&ゾーネの世界1本限定がフィリップスで競売に!

  7. 【第3回】個性派ブランドが牽引する|平成11年〜平成20年(1999-…

  8. あるようで無かった月齢表示

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計