意外と知らない時計知識

【Q126】“ブルースチール針”は一般的な針と何が違うのか?

A.塗装ではなく金属を焼いて生み出している

 時分針によく用いられる青色。高級時計とカジュアル時計で用いられるブルーの針は、製造方法が全く異なるのはご存じだろうか。

 カジュアル時計などに用いられるブルーの針は、主に塗装をして生み出したものだが、高級時計に使われる“ブルースチール針”は、手作業でステンレススチールを焼き入れして製造している。
 金属は、焼くことで表面が酸化して耐食性が増すのだが、この過程で黄色→紫色→青色→灰色の順に色が変化していく。
 ブルースチール針は青色の段階のもので、キレイなブルーを出すためには焼き上げのタイミングが難しいとされている。
 手間暇かけて、職人が手作業で針を焼いていくため、主に高級時計に採用されるのだ。

写真上がブルースチール針。ちなみに写真の下はモリッツ・グロスマン製のブラウンバイオレット、ブラウン針。一般的なブルースチールに比べて色合いを出すのが難しいと言われている

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■【Q107】高級時計でごくたまに見られる“マイクロローター”って何?メリットはあるの?
■【Q109】ドイツ高級ブランドの機械に施される“グラスヒュッテ様式”とは何か(前編)
■【Q110】ドイツ高級ブランドの機械に施される“グラスヒュッテ様式”とは何か(後編)
■【Q112】金無垢時計の裏ブタ、ケースなどに刻印されている数字・デザインにはどんな意味がある?
■【Q125】そもそも“スモールセコンド”って何? 普通の秒針と何が違うの?

-意外と知らない時計知識