【ロレックス】通信 No.010|気になる増税後、スポロレは下げ止まりか?! 10月4日の定点観測にみる実勢価格相場!

 6月下旬から値下がりが続いていたスポーツモデルの実勢価格だが、編集部が毎週金曜日に主要な並行輸入店のロレックスの相場をチェックして、その推移をグラフ化しているROLEX WEEKLY DATAによると、10月4日付けの状況は以下のとおり、金額的には下げ止まりか、とも思うような値動きだが、消費税が10%になったことを考えると、いまの実勢価格が100万円前後と分母が大きいだけに微妙。来週の値動きが一番気になるところか?

■ 週間ロレックス相場(10月04日更新)

◎GMTマスターII/Ref.126710BLRO
192万(↓) 先週より1万円ダウン
◎デイトナ/Ref.116500LN
250万円(↑) 先週より1万円アップ
◎サブマリーナデイト/Ref.116610LN
122万円(↑) 先週より2万円アップ
◎サブマリーナデイト グリーン/Ref.116610LV
164万円↑) 先週より1万円アップ
◎ミルガウス/Ref.116400GV
94万円(↑) 先週より1万円アップ
◎ヨットマスターロレジウム/Ref.116622
137万円(↑) 先週より2万円アップ
◎ディープシー/Ref.126660
136万円(→) 先週と変わらず
◎エアキング/Ref.116900
71万円(↑) 先週より1万円アップ
◎デイトジャスト/Ref.116233
97万円(→) 先週と変わらず
◎エクスプローラーII/Ref.216570
101万円(↑) 先週より4万円アップ
◎エクスプローラーI/Ref.214270
82万円(↑) 先週より2万円アップ

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

関連記事

  1. 日本製自動巻きで何と3万円台。1940年代の軍用時計を再現した新作第2…

  2. 勝手に実機でインプレッション【第2回】ジン・910.SRS

  3. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  4. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  5. ポール・ピコが再上陸!

  6. スマートウオッチ市場と「wena wrist」第2世代

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.08】パネライ

  8. いよいよデリバリーが開始される“ハマティック”。その独創性に富む自動巻…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計