腕時計のサイズは小さいほうが良い!? 40ミリ以下の“小顔時計”を手に入れよう

 ここ数年の間に時計界でトレンドのひとつとなったケースのダウンサイジング(小型化)。今回は、ケースのサイズが40mm以下のモデルから、編集部が太鼓判を押すモデルを厳選して紹介。

日本人の手首にジャストフィットする40ミリ以下の小顔時計

 腕時計を選ぶ際に重視するポイントは人ぞれぞれだが、デザインの良し悪しは最も重要な選択基準のひとつ。なかでもケースのサイズ感は見た目の印象を左右するため、よくチェックしたいポイントだ。
 現在、メンズウオッチは42ミリ前後が定番となっているのだが、時代の傾向に合わせてサイズ感の定義も変化をしており、1950年代〜60年代はメンズウオッチであっても36ミリ前後のサイズが一般的だった。

 上の時計は1950年代後半のセイコーマーベル。ケースのサイズはかなり小さめの34ミリ。現代の感覚ではレディースでもおなしくないサイズだが、れっきとしたメンズウオッチだ。42ミリ前後のサイズが定番化したのは“デカ厚時計”が90年代にブームとなって以降のことで、ひと昔前の感覚からすると42ミリ前後の時計はかなりのビッグサイズといえるのだ。
 そんな時計のサイズに関して、近年新たな動きが見られるようになった。大型化の反動なのか、原点回帰ともいえるダウンサイジング(小型化)が世界的なトレンドとなっているのだ。
 この記事では、ケースのサイズが40ミリ以下のモデルのなかから、編集部が自信をもっておすすめできる4モデルを紹介していこう。

》編集部のおすすめモデル-其の1
HAMILTON(ハミルトン)
カーキ パイロット パイオニア メカ
ハミルトンが1970年代にイギリス軍に供給した名作の復刻モデル。オリジナルモデルはステンレススチールの塊をくり貫いて成形したトノー形のワンピースケースにテンションリング付きの防水型風防を組み合わせて防水性を高めていたが、当時の特徴的なトノーケースをサイズもマットな仕上げもほぼ同じ仕様で忠実に再現した。イギリス軍支給の軍用品に記されていたブロードアローマークは見られないが、経年の雰囲気を表現した文字盤も実に魅力的。最新鋭のムーヴメントを採用することで約80時間パワーリザーブを実現しているのも素晴らしい。

■Ref.H76419531。SS(36×3mm径)。10気圧防水。手巻き(Cal.H-50)。11万2200円

 実際に着けてみるととにかくサイズ感が抜群。ケース幅は33ミリとかなり小さい印象を受けるが、縦長のトノーケースなのでしっかりと存在感がある。重量は57g(編集部調べ)しかないので、着け心地は軽快だ。

【問い合わせ先】
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(☎03-6254-7371)
https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/h76419531-khaki-pilot.html

 

》編集部のおすすめモデル-其の2
MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)
アイコン オートマティック 39mm
2016年の発表以降、大好評を博し、いまやブランドを代表するコレクションとなったアイコンシリーズ。本作は18年に登場した自動巻きモデルから3ミリ小径化された39ミリ仕様だ。基本デザインはそのままに、小径化に伴って様々な要素が凝縮されたことで、よりエレガントな印象に仕上がっているほか、手首への納まりもいっそう良くなった。機能をシンプルにしたぶん、外装にコストをかけてクオリティを高めたお手本のようなモデルだ。

■Ref.AI6007-SS002-330-1。SS(39mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.ML115)。21万4500円

 39ミリのケースサイズに対して厚さは11ミリとそれほど厚くないのも嬉しいポイント。立体的な造形となったケース、繊細なクル・ド・パリ装飾が施された文字盤など、10万円台とは思えない外装クオリティも魅力的だ。

【問い合わせ先】
DKSHジャパン / モーリス・ラクロア(☎03-5441-4515)
https://www.mauricelacroix.com/jp_ja/aikon-automatic-39mm-ai6007-ss002-330-1

 

》編集部のおすすめモデル-其の3
RADO(ラドー)
ゴールデンホース 1957
1957年にラドー初となるモデル名をもつコレクションとして発表されたゴールデンホースの特徴を忠実に復刻した限定モデル。“オリジナルに忠実であること”を優先し、ブラック&レッドグラデーションカラーの文字盤には凸状のボンベ文字盤を採用。6時位置には、オリジナルモデルと同じフォントを使用した“Golden Horse”の文字とともに、向き合うタツノオトシゴのアップライトロゴをあしらった。80時間パワーリザーブの自動巻きムーヴメントを搭載しているのも魅力だ。

■Ref.R33930355。SS(36.5mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.ETA C07.611)。世界限定1957本。19万8000円

 36.5ミリの程よいサイズ感に加え、太く長いラグを備えたケースが抜群の安定感を実現している。この着け心地の良さは、ぜひとも実機を手首に装着し、体感してほしい。

【問い合わせ先】
ラドー/スウォッチ グループ ジャパン(☎03-6254-7330)
https://www.rado.com/int_ja/collections/golden-horse/golden-horse/R33930355

 

》編集部のおすすめモデル-其の4
PRIM(プリム)
オルリーク
あまり時計のイメージがないチェコ共和国だが、実はかつて同国出身の優れた時計師は多かった。そんなチェコで現存する唯一の時計メーカーがプリムだ。さらに言うとムーヴメントをはじめ、ケースや文字盤、針に至るまで完全自社一貫生産を行う世界的にも希少なマニュファクチュールでもある。このオルリークは、旧チェコスロバキア軍に採用された軍用時計の後継として、1965年に製造された同社初の防水腕時計の意匠を継承したモデル。スイスブランドとはまた違った雰囲気の、少しクセのあるデザインが時計好きの心をくすぐる。

■Ref.PR.ORA.38.BK ORLIK。SS(38mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.95)。40万4800円

 時針の形状やインデックスのフォントなど、ほかにはない独特のセンスが随所に光るオルリーク。38ミリの小振りなサイズ感もあり、まるでアンティークのような雰囲気を醸し出す。

【問い合わせ先】
ブレインズ(☎03-3510-7711)
http://prim-watch.jp/productinfo/prd06/

オススメ記事

  1. フォード GT-40に着想を得たチコリアの新作クロノ

  2. ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

  3. ミシュランも思わず三つ星認定!? 2020年の時計界はフレンチブランド…

  4. フランス、パリ発のアートな腕時計、“LAPS(ラプス)”がビームスで発…

  5. 最新3日巻きムーヴメント搭載で税抜き10万円台! 10周年を迎えて登場…

  6. ハイパーパフォーマンス時計ブランド“Gorilla (ゴリラ)”がFA…

  7. ORIS(オリス)から海洋環境改善に貢献する時計3本をセットにした、限…

  8. 世界でたった5本しかない、Romain Gauthier(ローマン・ゴ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計